子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
少年の夢
2011年 05月 20日 |
先日なぜか息子の友達と将来の夢の話になり、彼は

「大工になりたい」

と非常に地に足のついた夢を語ってくれました

「サンタクロースになりたい」という息子の夢とは違い(笑)
また、医者やら弁護士やらと背伸びをしたような夢でもなく
彼の本気度を感じ、嬉しくなるのと同時に
いつの間にか、この子達は小さな子供ではなく少年になっていて、
やがて青年になるんだなぁと実感させられました

私の父が大工であったこと
実家にはたくさんの建築雑誌があってそれがとても面白かったこと
そして建築家の安藤忠雄さんの本を見せながら
世界中からオファーがくる建築家がいることやらを話していると
彼の瞳がキラキラ輝き出しました

あぁ、息子ともこんな話が出来たなら・・・
なんで、サンタクロースなのよ

誰に聞いたのか忘れましたが男の子は、
幼稚園まではお母さん
小学生はお父さん
そして中学生からは父親以外の信頼できる男性の話し相手がいると良いそうです

子供の夢は勝手に成長していくものではなく
まわりの人たちに見守られながら強く大きくなっていくのかもしれませんね

-------------------------------------------------------------------------

この間のアトリエは「春巻き」作り!!
それも、皮から手作りしたんですって
いつもながら先生お見事です038.gif
美味しかったわ~(←食べただけの人)

a0137922_14124548.jpg
ついでにその前のお料理写真も出てきたので掲載
これは「お煎餅」です

a0137922_1413831.jpg
粉を練って形を作るというところからの手作り
味を決める素材がいろいろ用意されていて
それを子供が生地に練りこんだり、トッピングしたりとアレンジして作っています
トッピングには、ゴマ、しょうゆ、ザラメ、カレー粉、桜えびの粉末、青のり、塩・・・

普段、出来上がった状態でしか目にしないものを一から手作りすると
作ってくれている人の工夫や努力がわかり食に対する意識が変わるようです

椎茸が大キライな息子も
この日は、ペロリと春巻きを完食

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
<< 参議院USTREAM中継 脱原... PageTop 国語力を上げるには読書をさせて... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集