子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
子供同士の関わり方
2011年 09月 01日 |
a0137922_13315246.jpg

夏休み前にホワイトボードを買いました
算数の文章問題を息子に説明していたときに
『ホワイトボードがあると便利かも』
と思い、勉強机のすぐ隣に設置
横幅は90㎝のにしましたが120㎝でも良かったかも

予想外に利用度が高くうちに遊びに来た子がかならず何か書きたがります
今日来た子は、何を書いているか当てっこをしたり迷路をつくったりしていました045.gif

我が家には、5~6人の子が出入りしていますが
個性が様々で本当に面白い
遊びの嗜好もバラバラで、ボードゲームなどの勝負ごとが好きな子もいれば
キャッチボールとかの運動系が好きな子や
又、息子の鉱石のコレクションにうっとりするマニアな子

それぞれのエネルギーの強さによって
息子の対応の仕方も変わるので
大人の介在しない真の姿を垣間見るいい機会になっています
こうやって、影響しあって色んな味が出てくるのかなぁ


そういえば先日ふと
「私が一番楽しいなって事はなんだろう」と考えてみました

で、

すぐにコレだ!とわかりました。それは・・・


大勢で宴会をすること

いやぁ、美味しい食事とお酒、最高!!です
思い返せば私が幼稚園くらいのときは母の実家の傍に住んでいたため
まだ結婚していない叔父さんや叔母さんが大勢いて、
おまけに近所に親戚が集まっていたので
毎日、とても賑やかで常に誰かが見てくれているといった環境でした

お正月やお盆ともなると、人もご馳走も盛りだくさんで
本当に楽しかった~☆
私の宴会好きは、おそらくそんな幼児期の記憶が影響しているのかなって感じます

幼児期、人見知り傾向の強かった息子も
いつの間にか、「一人ぼっちは大嫌い」っていうくらい
人と関わるのが大好きな子になり、これって乳児期の頃から
我が家で主人や私の友人がしょっちゅう出入りしていたからかなと
宴会となると20人近く集まるので、色んな人に順繰りに抱っこされてたっけ

こうやって色んな事を思いめぐらすと
いつも誰かの存在が自分を形成する要因になってるんだなって実感します


今日も記事を書いているうちに、話がどんどん脱線してしまいました042.gif



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
<< 美しい言葉と丁寧な生活 PageTop 創造力はいつでも、どこでも >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集