子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
子連れで海外に長期滞在するには
2011年 09月 19日 |
3日前、急にあることが気になり調べ出したところ
なかなか思うような手応えが得られず、延々とネットサーフィンをしてしまいました
もう肩はカチコチ、目はガンガンです



これだけエネルギーを使って調べた情報を使わないのも虚しい気がして記事にまとめてみました

---------------------------------------------------------

■ 子供と一緒に海外に「長期」滞在したい場合

この場合、大きな壁が2つあります

① ビザ
② お金

1年以上、継続して海外に滞在したい場合、一般的な主婦なら留学ビザくらいしかありません
けれど留学となると、自分の勉強だけでも大変なのに
はたして子育てと両立できるのか?
又、学費や滞在費などで年間数百万円となるとかなり非現実的であり
国によっては親が留学ビザでは子どものビザがおりない所もありますし
たとえビザが取れても、留学生の場合授業料が発生し
子どもの学費が別途必要になるケースもあります

その点を詳しく調べていくと、「保護者ビザ(Student Guardian Visa)」にいきあたりました
オーストラリア、ニュージランドでは6歳以上の海外留学生に対し学生ビザが発行されます
ただし学生が保護者の同伴を必要とする場合
学生の保護者に対し学生「保護者ビザ」が認可されるのです

このビザの有効期限は基本的には留学生の学生ビザの有効期限と同じです
もちろん、学生ビザ、保護者ビザともに必要条件があります

「オーストラリア大使館HP」
http://www.australia.or.jp/visa/immigration/student.php

保護者ビザの場合、自分は時間に余裕がありますので
親子共にストレスがかなり軽減されると思います
ただし、子供の学費は公立校でも授業料がかかり学校や期間によって異なりますが
年間$7,000~$15,000(60万円~130万円)が目安になります(換算レート 豪$1 = 85円)
学費のほかに、入学申込金、滞在費、教科書・教材費、制服代、課外活動費、留学生健康保険や
その他の保険料を考慮に入れる必要があります
(※留学斡旋業者さんからの情報)

私が個人的に気になるのは、オーストラリア、ニュージランドともに
オゾンホールの影響で皮膚がんの発症率が非常に高い!ということ
そして過去におこった核実験などなど


じゃあ、他の国で「保護者ビザ」のような制度はないかと検索したところ
ありました!
「マレーシア」です

正式には保護者ビザではなく「ソーシャルビジットパスの延長」という形式
学校によっては幼稚園でも学生ビザがおりたり
認可の仕方に色々クセがあるみたいですが、その分手続き代行サービスも多く
少しチェックしてみましたら、やはり震災以降、学生ビザ&保護者ビザの依頼が増えているようです

マレーシアでの長期滞在で良い点といえば
・滞在費用が抑えられる(物価は日本の約3分1。特に住宅費や食費)
・「マレーシアマイセカンドホームプログラム」の影響か日本人が増えている
・日本人学校が多い

などなど、他にも多言語が学べるとか、自然が多くネイチャーパラダイスだとか
個人の好みによって色々だとは思いますが
私的に注目したのは、子どもの教育費が諸外国と比べると若干安いということと
種類も多いというところ

例えばインターナショナルスクールだと年間学費50万~150万円と随分値段差がありますが(参考
首都であるクアラルンプール以外にするとかなり安い学費で
また受け入れに積極的な学校があるようです
日本人学校は全体的に学費が安く年間2~30万円くらいといったところでしょうか

今回、いろいろ調べてみて
日本の「治安の良さ、教育施設の充実ぶり」を痛感しました

ザックリ情報をまとめただけですので
また、ちょこちょこ追加していきたいなと思っています


(追記)
マレーシアのペナン島での月の生活費(日本人):
一人の場合5万円~。夫婦の場合8万円~。
(家賃、電話代、携帯電話代、光熱費、食費、交通費、多少のレジャー代金を含む。)
生活費は安く済ませようと思えばいくらでも安く済み、リッチに過ごしたければそれなりにかかります
ちなみにマレーシア人の平均月収は3万円位

(追記2 10/9)
マレーシアペナン島での現地情報ブログ
「学生ビザと保護者ビザについて」
http://mymm2h.seesaa.net/article/221957304.html

---------------------------------------------------------
■ おまけ

ビザなしで、好きなだけ滞在OK
就労ビザがなくても仕事や商売もできます
家だって買えちゃう所があるってご存知でしょうか?

じゃ~ん「スヴァールバル諸島」!!
ノルウェー政府の管理地なのですが過去に色々ややこしいことがあり(ググってね)
スヴァールバル条約締結国の国民であれば自由な経済活動を認められているんです
人が定住する地としては最北なんですって


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
<< わけ合えば PageTop 大阪オフ会で母の心もパワーUP >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集