子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
子どもの想像力を引っ張り出す体験プログラム
2012年 10月 21日 |
昨日、息子と「おるた子ども建設部」に参加しました
これは「おきなわオルタナティブスクール」の特別プログラムで
3回連続(月に1回の活動)で行い、道具を使って物づくりを行います
講師のTitus Spree氏は在日16年のドイツの方
琉球大学教育学部美術教育准教授もされている建築の専門家です

家から近い場所だったので気軽に行ってみると
そこはとっても緑あふれる環境で、スタッフさんもとても親しみやすくて居心地の良い空間でした
この日は各自木材を使って自分の好きなものをつくるという活動をしました
制作物は、12月の展示会で発表します
それぞれ個性あふれる作品が出来ていましたよ^^

ティトゥス氏によると、とにかく子供たちは作品作りに熱中し
お昼ごはんも早々に切り上げて、続きを作りたい!って感じだったそうです
来月の2回目は、大きな制作にかかる予定のようです

息子はプログラムが終わってから参加した子供たちと意気投合し2時間も遊んでいました
外を走り回って、虫や魚で大さわぎをしていましたが
この↓ゲージもとても人気があり

a0137922_16125264.jpg
息子がティトゥス氏の息子さんとチェスをはじめると
他の男の子たちも寄ってきて、みんなで真剣にチェス盤をかこんでいました

a0137922_1613784.jpg

ほんの少しの空間分けで、自分たちのスペースになるんですね

次回のプログラムも楽しみです^^


↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
<< 絵本で宇宙体験 PageTop 自然散策でセルフヒーリング >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集