子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
すこやかおもちゃ広場 木のパワーで癒される♪
2012年 12月 14日 |
12月10日にオープンした「すこやかおもちゃ広場」に行ってきました
この広場はNPO法人である沖縄グッド・トイ委員会さんの活動により運営されていて
さまざまな木のおもちゃで自由に遊ぶことの出来るスペースです

a0137922_8541048.jpg

私の大好きなネフスピールも何気に置いてありますね
おもちゃのグレードもさることながら、展示のセンスも素晴らしい~☆

a0137922_8543378.jpg

こちらの小さなすべり台は手作りだそうで
横に置いてある車(これも手作り)を走らせて遊ぶことができます
一緒に参加していた友人のお子さんが、かなり気に入って遊んでいました

a0137922_8545215.jpg

ソファ席のほうでは飲食OKなので、ついつい長居しちゃいそう^^

場所は浦添市の伊祖公園のすぐ近く(車は公園の駐車場へ)
利用料はお子さん一人につき150円となっています

詳しくは、HPでどうぞ
http://okgoodtoy.ti-da.net/

昨日の活動報告のどこかに私がいます
さて、どこでしょう?
http://okgoodtoy.ti-da.net/c144618.html



木のおもちゃはプラスチック製と比べてお値段が高くなりがちですが
それで遊んでいるうちに、何か作り手の心が伝わってくるような感じがします
また、木のおもちゃを見ると、やさしい気持ちになって
とても穏やかに、子供と遊びの世界を楽しめてしまうのが不思議です

我が家も、幼少期に一番よく遊んだのは木の積み木とブリオのレールセット
今でも、たまに引っ張り出して遊んでいますが
非常に耐久性が良いので、孫にも使えそうな感じ(笑)

プラスチックのおもちゃは、音が出たり、電池で動いたりと
すぐに遊べて、子ども一人でも楽しめますが
遊びが広がりにくいので、すぐに飽きてしまい、また別のものを購入というパターンになりがちです


以前「遊びは学び」というブログを書いていましたが、まさにそのとおりで
子どもは遊ぶことが毎日の一大イベントですよね
日々の小さな積み重ねが、未来をつくるとしたら
幼少期のおもちゃは、そのときの暇つぶしのようなものではなく
遊ぶことによって、イメージ力が広がる創造性の高いものを与えてあげたいものです


大阪でのアトリエ活動を懐かしく思い出します
(過去記事)
http://joining.exblog.jp/tags/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88/



↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
<< 命の軽さと重さ PageTop 冬はほっこりと読書三昧 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集