子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
体を使うと頭も動く
2012年 12月 27日 |
先週はおるたの秋プログラムの発表会がありました
秋プログラムは3つあり、そのうち息子が参加したのが
子ども建設部です

3回の活動で、各自作りたいものを自由に制作
a0137922_13202473.jpg

この日は、自分のつくったものを説明しました
a0137922_13213385.jpg

!○○な世界をつくる!の展示↓
a0137922_13222312.jpg

「srop drop」さんの素敵なライヴもありました
オリジナルの絵本と歌がとってもハートフルなユニットです
a0137922_13284147.jpg

このあと、みんなで食べて、飲んで、遊んでの大騒ぎ♪
手作りピザを作っていたのですが、焦げたり、生焼けだったりと
そんな失敗もまた面白くって(笑)
楽しい一日でした、ありがとうございました053.gif


私は子どもが小さいときから、こういった場に積極的に参加するようにしているのですが
やはり集団から得る刺激って、家庭で教え込むのとは全く違う
広がりがあるんですよね

集団といっても学校の授業の場合だと、先生:生徒になってしまって
横のつながりが希薄な感じがありますが
学校外の活動の場合、なぜか自然に子どもの意識からそういった枠がはずれ
自由な活動によって、より感覚的になっていくように思います

今、いろんな習い事があり、親としてどんな環境を子どもに用意すればいいのか
試行錯誤されている方が多くいらっしゃると思います
私も、かつて多くの情報をかき集めていたタイプなので
とってもよくわかるんですよね

けれど、重要なのは
今、子どもの意識がどこに向かっているのか、を確認し
そして、自分の直感を信じること

子どもはそのままでパーフェクトなんです
ただ表現方法が未熟なせいで、上手く私たちに伝わらないだけ
体を動かして、五感を磨いて、本を読んで、
表現方法を獲得していくうちに、自らすすむべき道を見出していくのではないかと思います


今月からはじまりましたチルドレン大学のキャンペーンもついに明日が締切日!



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
<< 2013年のスタート PageTop 命の軽さと重さ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集