子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
2013年のスタート
2013年 01月 09日 |
みなさま、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお付き合いください040.gif

年末年始は、私の実家である兵庫県に行っていました
例年なら母親がおせちを作るのですが、父の体調不良でバタバタしていたので
料理人である友人にお願いして、おせちを作ってもらいました
一見スタンダードな食材に見えつつも、手の込んだ下ごしらえのお料理で
とても美味しくいただきました(ありがとうございま~す♪)

「お正月の準備ができへん」と母は言っていたものの
玄関まわりは、いつもどおり新年の装いがあるあたりさすが!
a0137922_8154323.jpg
a0137922_816271.jpg
こういった何気ないことの有り難味に、大人になって気がつくようになってきました
私の親は、口出ししない放任主義でしたが
そのぶん自分たちのスタイルというのをしっかり持っていて
背中でもって人生を語ってくれているように感じます

言葉というのはコミュニケーションのほんの一部であり
伝える、伝わるのは言葉以外のものからなんですよね
その言葉を発したときのエネルギーが影響してしまうので
マミ~がいつも言っている
「親の言葉と気持ちが一致していること」
は非常に大切

かつて私は、ダンス系の漫画が好きで^^
「SWAN(有吉 京子)」を読んでいるとき(大昔の漫画だけど今も続きが出てるよね~)
モダンバレエの話のあたりで、こんなことが書かれていました
「たとえ踊りの振りが決まっていたとしても、そこに自分の気持ちがないと一歩たりとも動けない」、と

バレエに限らず音楽にしても、同じものを演ずるにもかかわらず
観客の受ける印象は、表現者ごとに異なります
私たちは日々の生活の中で、こういったことを無意識におこなっているんですよね
そして自分を取り巻く世界が、自分の発するものの投影となるなら
結局、すべては自分なんだなぁと
新年のはじめに原点に戻りました


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
<< 小学校低学年までに必要なことって PageTop 体を使うと頭も動く >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集