子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
おるた お泊り会
2013年 11月 08日 |
先週末、おるたのお泊り会に行っていました
3連休ということもあって参加人数はいつもより少なかったのですが
それぞれのペースで楽しめたようです

子どもだけの参加だったので
後からどんな様子だったのかスタッフさんに教えていただいたのですが
遊びの中に、さまざまな体験を盛り込んだ内容で
さすが、こういった外部でのお泊り会ならでは!と思いました

まずは、自分たちで行動ということで
たとえば、夕ご飯はメニューを考えるところから始まります
テーマは「粉物」と決まっていてその中で、それぞれ食べたい物を考え、話し合い
インターネットで、必要な材料と作り方をチェック

その後スーパーに行き、決められた予算内で材料を購入していきます
晩御飯は餃子とうどんと決まりましたが
餃子の皮も、うどんの麺もすべて手作り
自分が作ったものは味付けなどアレンジしてもいいけれど
責任を持って、自分で食べる、というルール

餃子の余った分を持ってかえって食べてみたのですが
ビックリするほど、美味しかったです!!
皮も具の味付けも絶品で、今度から息子に作ってとお願いしちゃいました
 ↓
a0137922_826131.jpg

朝ごはんも、みんなで手作り
卵の泡立ち方の違いを体感して欲しいということで
黄身と白身をわけ、それぞれ泡立てて、ふんわりパンケーキを作ったそうです
朝から、子どもたちにそれをさせるのは、さぞかしエネルギーを費やされたことと思います
スタッフさんの熱意に感謝です

食事の支度に時間がかかったので、
予定していた他のことがあまり出来ませんでしたと、伺っていましたが
息子の話を聞いていると、普段聞けないようなことを、何気に教えてくれていたり
一人っ子の息子にとっては大家族の雰囲気が味わえてよかったんじゃないかなと思います

集団の中に入ると、楽しいことばかりではなく
不便だったり、ぶつかることだってあります
でも、さまざまな個性を持った人たちと触れ合うことで
学べることは計り知れないと思うのですよね
核家族化がすすむ日本において、特に大切な繋がりを感じられる体験を
子ども時代に多く取り入れられたら良いなって思います

おるたの秋プログラムはこんな日程になっていますが
⇒ http://alschule.ti-da.net/e5432734.html
他のイベントなどとバッティングする日が多かったので
この予定日以外にも建設部の活動をされるようです
1日だけでも参加できるので、興味のある方は問い合わせてみてくださいね



最近、またまた「読み聞かせって大切!」感が高まっています
次回に紹介しますね~

↓ ポチっと
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


<< 英語絵本の読み聞かせ PageTop 教員のための理科総合サイト >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集