子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
体の声を聞く ローフード
2015年 10月 26日 |
以前から気になっていたローフード
ネット検索で、同市でレッスンをされている方をみつけたので申し込んでみました

数あるレッスンの中から、「はじめてのローフード基礎レッスン」をチョイス
5時間みっちりマンツーマンということもあり
ローフードの基本知識だけでなく、ふだん疑問に思っていた食や体のことを
しっかりと教えていただきました

レッスンの合間に、スムージー、サラダ、ローナッツチーズ、ローケーキをいただきました
a0137922_17105949.jpg

a0137922_17112138.jpg

a0137922_17114786.jpg

とにかく、美味しい!
ローケーキ(写真がありませんが)も、絶品です!
見た目も美しくて、こんなに五感が満足するお食事は久しぶり

先生は、とてもお話がしやすく知的でナチュラルな方です
かなり勉強をされていらっしゃるので、この方に会わないと得られない情報も盛りだくさん

今の食事を見直したい方、ちょっとローフードが気になる方
ぜひ、一度体験してみてください

⇒ 「ローフードスクール・ビオ」


最近、自分が育ってきた環境に想いを馳せていました
私は兵庫県で生まれ育ちましたが、最寄りの小学校まで徒歩30分というド田舎

父は会社勤めの傍ら、田畑の作業を行う兼業農家だったので
米は100%、野菜は90%自給自足
スイカやいちご、うりや柿などもあり、母は、梅干し、らっきょう、ぬか漬けなどを
いつも作っていました

お正月のお餅は毎年臼と杵でつき
柏餅やヨモギ餅など季節の和菓子もお手製

それが、当たり前の環境だったのです

母は専業主婦でしたが、日中はずっと畑仕事をしていたので
食事どき以外、家にはおらず
父も仕事の休みのときは、ずっと田畑に出かけていて
とにかく忙しくしていました

私が部屋でじっとしているのが苦手なのは
この両親の働く姿を、見てきたからなのかもしれません

若い頃は、田舎暮らしが嫌でとにかく都会の生活に憧れていましたが
最近、自分の口に入るものを自分の手で作れるということが
どれほど凄いことなのか身に染みて感じています

今、「口に入れば何でもよい」という食事スタイルから
「これで、いいのかな?」
と、意識の変化が起こってきているようです

ただ情報過多の時代ですから、外からの情報を受けるだけでなく
自分自身の体の声に耳を澄ませていくことも
大事なんじゃないかなって思いました


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


<< 英語絵本100冊を無料で貸し出... PageTop 英語絵本100冊を無料で貸し出... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集