子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
|
2011年 05月 31日 |
先日、人間性に欠けたエリート
という少々きつめのタイトル記事を書きましたが
ちょうどその後、じつに人間性あふれる方の特集がTVで放映されていました
筑波大学の渡邉信教授をご存じでしょうか
この方の研究はもう随分前から話題だったようですが
私は「夢の扉」という番組で初めて知りました

番組の最後のほうしか見れなかったのですが、その後ネットで詳細を確認し
あまりのものすごい研究内容に驚き、思わず主人に

「ねえ! これってノーベル賞級の発見じゃない!
 なのに、なんで、こんなに地味な扱いな訳!?」


と八つ当たりをしてしまいました(笑)

渡邉信教授は藻の研究における第一人者であり40年もの間さまざまな藻の研究をされたそうです
そして近年、藻類に「石油」を作らせるという研究にとりくみ
ついに従来より10倍以上も油の生産能力が高いタイプの藻を発見し
実用化に向け、実験を続けられています

藻から石油?

素人の私からすると、まさに想像の域を超えた発想です
科学というのは本当に不思議ですね

簡単にその研究内容を解説します

油を生成する藻を研究している筑波大学の渡邉信教授らの研究によると、
沖縄で採取した「オーランチオキトリウム」という藻類が、
これまで発見されているものより10倍以上高い効率で油の生産能力を持つことを確認
渡邉教授らは特許申請しており、2010年12月に開催された国際会議でも報告済み

研究チームの試算では、「国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、
日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている
渡邉教授によると「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給できるようになるだろう」とのこと


1リットル50円以下!? 素晴らしい!

バイオエタノールといえばサトウキビやトウモロコシが実用化されていますが
これらはガソリンに混ぜて使うなど手を加える必要があります
藻からとれる油は精製すればガソリンに混ぜずにそのまま使用することができます

また、この藻類は水中の有機物を吸収して増殖するため、
生活排水などを浄化しながら油を生産するプラントをつくる一石二鳥の構想もある

培養の過程で通常の植物より多くの二酸化炭素(CO2)を吸収して光合成することから、CO2の大幅な削減に貢献する。
渡邉教授は、国内で消費される燃料をすべて藻類由来のバイオ燃料に置き換えれば、
日本全体のCO2排出量を1990年比で最大55%削減できると試算する



ガソリンというと、今後、自動車における需要は減っていく流れになっていますが
”藻の燃料の開発”はジェット燃料、あるいは長距離のトラック輸送、
船舶の燃料などの輸送燃料の代替というところに1番期待をされています

更に、こんな案も出ています

新党日本代表の田中康夫衆議院議員は記者会見の場で
バイオマスについて、こういった意見を出されています

オーランチオキトリウムという藻が大量な石油(正確には炭化水素)を作り出すことを説明。
更に、この藻は葉緑素を持たないので太陽光の必要がなく
この藻を生産する池の上はソーラーパネルで覆ってしまってもいいと言うこと。
ということはバイオマスと太陽光発電の複合プラントがかなり大規模に構成できると言うことです。



下で、石油をつくり、上で電気をつくる施設ということですね
これぞ、まさに一石二鳥
(※ この案はあくまでも”例えば・・・”ということですので)


渡邉教授には世界中の研究者や企業から問い合わせが相次ぎ
研究資金提供の申し出、中には、会社を興す誘いも届いています
けれど、渡邉教授は海外からの誘いをすべて断り
「日本発」の研究、開発、実用化にこだわり、日本の企業に共同開発を呼びかけています
そして震災で被害にあった地域の復興に貢献できるよう実用化にむけ行動されていくとのこと


アメリカは日本よりも”藻の燃料の開発”に早くから注目しており
日本の10倍もの国家予算を費やしています
また投資家の注目度も高く200億円もの研究資金があつまっています

もし

この人がエゴたっぷりの人だったなら、どうなっていたでしょう

とっとと、海外のオファーを受けているかもしれないですね
そのほうが研究資金も施設も充実し、待遇は日本とは雲泥の差なのですから


”社会に貢献すること” を優先し、たゆまぬ努力を惜しまない渡邉教授の活動を
今後も注目していきたいと思います


「日本が世界平和の中心となることを夢見ています、日本を愛しているんでね・・・(By 渡邉教授)」



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 30日 |
本題に入る前に先日参加したアトリエの集団積木の写真をば
a0137922_10214536.jpg
1つの作品は約6名の子供たちで制作しています
a0137922_10221673.jpg
広いホールに5つの積木作品が出来ました
どの作品も溢れんばかりのすごいエネルギーを放っています
a0137922_10383582.jpg
子供たちが制作をしている間
別室で和久先生の講義を聴かせていただきました
内容を集約すると
「子供には、美と調和を感じるDNAが組み込まれている
けれど大人が過干渉になることで、徐々にその能力が失われていく」

子育ての原点に立ち返るようなとても参考になる内容だったので
詳しくはまた後日まとめようと思っていますが
私は子供が生まれてから、”調和”とか”つながり”が非常に重要なキーワードと感じています

競争は孤独を生みます
そして孤独とは、世界が閉じた状態であり
たとえ物質的に存在していたとしても、無いものと同様
そんな人たちが増えていったとしたら、生活バランスが狂い
地球そのものもなくなるかもしれないと
かなり飛躍しすぎかもしれませんが、そんなことをイメージしてしまいました

実際、震災以後さまざまな人の意見を見聞きしてきましたが
流暢に体裁よく解説をしている人の、その中身といいますか
倫理観であるとか人間性が垣間見えることが多く
今までこんな人たちにまかせていたのか、と自分の無知を反省したものです

随分前に読んだマミ~の一番初期のブログ記事に
「ダースベーダーを育てない」というのがあるのですが
まさにそのとおりだと、あらためて実感しました

ダースベーダーを育てない:
一生懸命子供を教育しても、自分だけが競争に勝てばいいという心を
子供に知らず知らずに身につけさせてたとしたら・・ 
そのような子供が一人いるだけならまだしも、もし頭が良くてパワーがあって
でも人のことなどお構いなしの、自分勝手な人間を多くの人が育てていたとしたら
そんな世の中って怖いと思いませんか?
(ランディー由紀子さんのブログより)

つづきは >> http://lunday.typepad.jp/blog/2007/07/post_249d.html



話は少し戻りますが
”つながり”という事象は私にとって非常に興味深く
人生のテーマでもあります

”つながる”ことで、バラバラのものが1つにまとまっていきます
けれど、それは個になるのではなく、さまざまな要素とつながることで
より大きく、広がっていくことでもあるのです
統一されど、多様でもある
う~ん、やはり興味深い
まさに、この積木作品のようですね


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 25日 |
2011年 5月22日(日)小金井市商工会館 (東京都)にて行われました講演会の動画を紹介します

現在、多くの反原発の方が色々なことを語られていますが
講師である野呂さんの特筆すべき点は
チェルノブイリによる子供たちの身体への影響を、栄養と心のケアを行うことにより
科学者が無理だといった体内の放射能量を軽減するという実績を出されている事です
そういった活動を20年も行ってらっしゃり
その経験を元に放射線に対する対策を解説されています

--------------------------------------------------------------

講師:野呂美加さん
平成4年、チェルノブイリ被ばく児童の救援活動をおこなう「チェルノブイリへのかけはし」の発起人として29才より活動。
18年間に日本に招待した子供たちはのべ639名、汚染地域訪問は20回以上。
次世代に残される放射能問題を少しでも減らすことができるための活動をライフワークとしている。
平成17年外務省外郭団体国際交流基金より「地球市民賞」授与。

時間の無い方は6分ほどから再生してください↓




講演会の内容は13本の動画に分かれています
少しづつでもかまいませんのでぜひ視聴していただきたい!
 ↓ ↓ ↓
YouTube 【子供と健康力】放射能から子供達をまもろう!


8-13は食事による防御が説明されていて非常に参考になりました


こういった情報を見ることで、ただ不安ばかりが大きくなってしまう方がいらっしゃいましたら
その不安をそのまま抱え込むのではなく、できれば誰かとお話したり
それが無理であれば、文章として書きだしてみたりなどの
外に出していく、ということをお勧めします

子供のことを思えば、何をどうしていいのか、何を信頼していいのか
ストレスが増してしまうことも多いとは思いますが
”出来ないこと”ではなく”出来ること”に目を向けてみませんか

日々の食事を、動画の中で野呂さんが説明されているような(8-13
お漬物、お味噌汁などの発酵食品を多くするよう工夫したり
油もの、加工食品を減らすということはすぐにもでき、なおかつ
非常に大切なポイントだと思います

実は、私の父親と姉は癌になりました
いまにして思えば、この2人の食の嗜好は非常に良く似ていました
味付けは濃いめ、甘いもの、加工食品、油ものが非常に大好きでした
かたや私と母親は、お漬物やお味噌汁などのサッパリとしたものを好んで食していました

病気は生活環境による影響が大きいので食事だけで決められるものではありませんが
口から入ったものだけで体は作られていきますから
今、何を食べるかがその後の健康を左右すると心する必要があります

逆に言えば、自分自身で健康を保つことも可能だということです
単に”汚染が怖い”というところで留まるのではなく
それじゃあ、どうしたらいいのか
というところに向かっていけたらと思います


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 23日 |
(USTREAM)動画放映「参議院行政監視 委員会」
行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査
(原発事故と行政監視システムの在り方に関する件)

■参院行政監視委の参考人:
 京都大学原子炉実験所助教  小出 裕章氏
 芝浦工業大学非常勤講師  後藤 政志氏
 神戸大学名誉教授  石橋 克彦氏
 ソフトバンク株式会社代表取締役社長  孫 正義氏

行政監視委員会理事会 午後零時五十分 第四十三理事会室


今のところTV放送の予定はないようですので
USTREAMの放送内容を紹介させていただきます

参議院USTREAM中継 脱原発への道 1/2


※再生しづらいときはこちらからどうぞ
http://www.ustream.tv/recorded/14906087


参議院USTREAM中継 脱原発への道 2/2


※再生しづらいときはこちらからどうぞ
http://www.ustream.tv/recorded/14907869

こういった公の場でそれぞれのご意見をきかせていただき
非常に貴重な映像ではないかと思います

フジテレビのアンケート調査によると
政府の福島原発問題への対応、情報公開に対し
約80%もの人が不信感を持っていると答えています
これは、生活の基盤そのものに対し不安であるという訴えでもある

私は大阪にいながらも、朝起きるとまずはニュースをチェックし
原発の状況、放射能分布などを確認します
状況によっては更に西に避難する覚悟で日々の生活をおこなっています

自分たちの世代は大丈夫かもしれない
けれど子供たちの未来に、次世代に
先行きの見えない、なにか重苦しく不安なものを感じてしまいます

原発のニュースを遮断すれば、心おだやかな日々となるのかもしれませんが
やはり、問題から目を背けたくない
自分で判断できるよう、きちんと知っておきたい

と、ちょっと考えを整理しつつの今の心情でした027.gif

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 20日 |
先日なぜか息子の友達と将来の夢の話になり、彼は

「大工になりたい」

と非常に地に足のついた夢を語ってくれました

「サンタクロースになりたい」という息子の夢とは違い(笑)
また、医者やら弁護士やらと背伸びをしたような夢でもなく
彼の本気度を感じ、嬉しくなるのと同時に
いつの間にか、この子達は小さな子供ではなく少年になっていて、
やがて青年になるんだなぁと実感させられました

私の父が大工であったこと
実家にはたくさんの建築雑誌があってそれがとても面白かったこと
そして建築家の安藤忠雄さんの本を見せながら
世界中からオファーがくる建築家がいることやらを話していると
彼の瞳がキラキラ輝き出しました

あぁ、息子ともこんな話が出来たなら・・・
なんで、サンタクロースなのよ

誰に聞いたのか忘れましたが男の子は、
幼稚園まではお母さん
小学生はお父さん
そして中学生からは父親以外の信頼できる男性の話し相手がいると良いそうです

子供の夢は勝手に成長していくものではなく
まわりの人たちに見守られながら強く大きくなっていくのかもしれませんね

-------------------------------------------------------------------------

この間のアトリエは「春巻き」作り!!
それも、皮から手作りしたんですって
いつもながら先生お見事です038.gif
美味しかったわ~(←食べただけの人)

a0137922_14124548.jpg
ついでにその前のお料理写真も出てきたので掲載
これは「お煎餅」です

a0137922_1413831.jpg
粉を練って形を作るというところからの手作り
味を決める素材がいろいろ用意されていて
それを子供が生地に練りこんだり、トッピングしたりとアレンジして作っています
トッピングには、ゴマ、しょうゆ、ザラメ、カレー粉、桜えびの粉末、青のり、塩・・・

普段、出来上がった状態でしか目にしないものを一から手作りすると
作ってくれている人の工夫や努力がわかり食に対する意識が変わるようです

椎茸が大キライな息子も
この日は、ペロリと春巻きを完食

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 18日 |
夢をふくらませる方法、それは本を読むことだ

2008年ノーベル物理学賞を受賞された益川博士の言葉です

夢というと、何かメルヘンチックなものを感じてしまうので
ここでの夢とは、”子供の人生” と言い換えたほうがピタっとするでしょうか

夢を描くには、イメージ力が大切な要素
そしてそのイメージを具体的にするための情報
更に自分なりにアレンジできる思考力など
いろんな要素がからまりあって、子供の人生を色鮮やかで深みのあるものにしていくと思います

なにかのきっかけで、その物事を発展させていけるか
興味を持って探究することができるかは
全て理論的に納得するからではなく
頭の中で、あれこれ想像(シミュレーション)が出来るからこそ

そういった力を子供から引き出すには
本を読むことが大事!と先人たちはこぞって読書の素晴らしさを述べられています

そんな中、とある本で衝撃的な一文を発見しました

「国語力を上げるには読書をさせてはいけない」

それは宮本毅さんという中学受験の個人塾を経営している方の言葉でした

最初、なにぃ!?と思った私でしたが内容を読んで納得
あぁ、だから私はあんなに読書家だったにもかかわらず
国語はイマイチだったのか、と腑に落ちたのでした

どういうことかといいますと
読書には多読精読という読み方があります
ここ最近は”精読”を意識的におこなってらっしゃる方も増えてきていますが
やはり一般的に多読傾向が強いのではないでしょうか
宮本毅さんの読書とは、この多読を指しての意見でした

私は幼稚園の頃から本を読むのが大好きで
小学校での図書館利用はつねに1位
高校まで図書館で本を借りまくってひたすら読んでいました
長くて終わりのないシリーズ物が大好きでしたので
文章を味わうことなく、ガンガン読み進めるといった読書法、
まさに多読だったんですね

そういった読み方を続けていたせいか
作品の意向を読み取るとか
言葉の響きや流れを楽しむとか
登場人物に感情移入するとかといったこともなく
かなり浅い、まるでTV画面をボ~とみているような読書だったように思います

こういった状態ではいくら本を読んでも国語力、読解力の向上につながらないことは明らかなのですが
現在とにかく”本を読むこと”だけにフォーカスした指導傾向がみられる中
文章の意味を理解しづらい子が増えてきている、
国語力=日本語力の低下が際立ってきているようです

更に、家庭内での対話が昔に比べ減ってきているという状況もあり
語彙数が少なかったり、自分の意見をきちんと表明できない子が増えてきています
語彙数が少ないせいで、本を読んでいても内容の理解度が低くなり
読み飛ばすといった読書傾向が出てきています

小学校に上がり、成績という形で国語力の低さを実感された保護者の方は
これはなんとかしないとということで

・塾に通わせる
・通信教育を始める

といった対策をしがちなのですが、国語力を上げるのに一番効果的な方法は

「親子の対話を増やすこと」

であると大阪府教育委員会国語指導担当の方から教えていただきました
英語本で提供させていただいているオンライン教材の
チルドレン大学ママ英語専門学校でも
まさにこの親子の対話にフォーカスした内容となっていますが
全ての基盤はここに集約されているんだなと実感しています

以前にインテルが公表した、
子どもたちがこれから身に付けていくべき「必要なスキルは何か」という対談の中で

>批判的思考や問題解決能力、コミュニケーション力といった“スキル"が兼ね備わっていかなければならない

といった項目がありましたが
震災後のメディアや政府からの情報を見るにつけ
今後、絶対に向上していかねばならないスキルであることは
多くの方が実感されたのではないでしょうか
それには、相手の述べていることを的確に把握し
分析、思考、編集、表現していく力が必要なのですが
言語能力が低ければこういった事がスムーズには行われないのです

学校や塾における「1人の先生 対 複数の生徒」
といった授業では双方向の対話が生まれず
情報を受け取るだけの受動的な環境に子供たちは長くおかれることとなります

ですので、まずは家庭!
ここでしっかりと育んでいく必要があると感じました

---------------------------------------------------------------------------

数日ねばって、やっとザリガニが釣れました038.gif

a0137922_11275666.jpg

この子たちは小学校に持っていきました
次は、家用を釣るそうです



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 10日 |
来週は家庭訪問があるということで
いつもより丁寧に掃除をはじめたらなんだか面白くなってしまって
今まで放置していた領域にまで手を出し大掃除になってしまいました

どんどん部屋がきれいになっていくと
散らかし魔のダンナさんと息子も、なぜか片づけるようになり
時間があれば、片づけをやっているというすごい状況の我が家です

部屋はそれなりの広さがあるとは思うのですが
収納庫がほとんどなく、物もどっちゃりあって
今まで、収納しきれなくてその辺に山積みにしていたものが多々あるのです
山積みにしてしまうと、そこが掃除できず、動きも妨げられ
なんとなく狭苦しく、雑然となってたんですね

で、これは広いところに引っ越さない限り解決できないだろうと思っていたのですが
久しぶりにチェックしてみると不用なものがたくさん!

それをゴミとリサイクルショップ用にわけ処分してみたら
ものすご~くスッキリしたのです
こんなに不用なものがあったとは驚きです

私流に解釈すると、不用なものが出るというのは
新陳代謝が生活の中で起こっているということかなと

以前は必要と思っていた物がもう不要になるということは
子供が成長して服のサイズが合わなくなるのと同じように
自分が今取り組んでいることや価値観がどんどん入れ替わっているのかなと感じました

けれど、いつも身近にあるものほどそれが当たり前になってしまっていて
もう必要ないということに気が付かないんですね
ある日あるとき、何かがきっかけとなり目線が変わって、捉え方も変わるという感じでしょうか
とにかく今まで目隠しでもしてたのか?と思うほど
見えていなかった事が見える瞬間があるのです

ちょっと意味あいは違いますが
今、話題の節電対策も然り
生活を違う目線で見直してみると、こんなに無駄が多かったのかと
初めて気づくこと多々あります

更にこれは子育てにもありがちなことだなと思いました
自分自身の今の状況にもなかなか気づけないのに

子供の「今」を本当に見ているかな
古い価値観のままじゃないかな
新しいものを取り入れることばかりになっていないかな

気づきと変化が成長を促すのだと掃除をしながら、思ったのでした

--------------------------------------------------------------------

a0137922_1105248.jpg
相変わらずザリガニ釣りにハマっています
もうちょっと!というところで逃げられてしまうので
逆にそれが面白い!

どこにザリガニが潜んでいそうか、覗き込んだりしていると
川の状態や他の生き物も観察できて、
あっという間に時間が過ぎていきます
こんなに何でもないようなことが、何でこんなに面白いんでしょうね


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 03日 |
めずらしく親子3人で外遊びをしてきました
大阪では有名どころのワールド牧場へ!
ここは、山の上にある広~い牧場で
自然と動物と触れ合うことを目的に作られている施設です
まずはポニー♪

a0137922_962957.jpg

動物たちにエサやりもできます
羊、ヤギ、ラマ、ブタ、馬、鳥・・・
とにかくいろんな種類の動物がいます

a0137922_96496.jpg
馬の乗馬体験は子供たちに大人気で待ち時間が長かった

a0137922_97656.jpg
ワールド牧場では犬の散歩にかなり長い列ができていましたが
子供におすすめなのは犬よりポニーの散歩
最初は順調についてきていたポニーちゃん

a0137922_972490.jpg
しかし、この後、草から離れなくなり
息子がひっぱってもビクともしない
意外に力持ちです

a0137922_975621.jpg
ダンナさんが更に力技でひっぱろうとしたので、慌てて止める私
テンションをかけすぎると、そのあとポニーちゃんがゴネそうな気がしたから
(この日、他のお客さんに引っ張りまわされ不機嫌そうだったんですわ)

ここでテキサスでの馬セミナーを思い出し
「正面に引っ張るんじゃなくて、横に動かしてごらん」
と行きたい方向にギュイギュイするだけでなくポニーの足を動かすように指示
すると、それまでビタっとふんばって動かなかったポニーがスルンと動き始めた

「おっ!043.gif

けれどしばらく歩くとまたもや草むらにダッシュし動かなくなる
「あのね、草を食べ始めてから動かすのは大変だから
 食べる前にとめたほうがいいね」
「それとポニーの動きについていくんじゃなくって
 自分が行く方向を決めてみようよ。
 どういうコースでいく?」

息子にこのあとの動きを決めてもらいお散歩再スタート
いやぁ、すごいです
あれだけ、勝手きままに動いていたポニーが
そのあとちゃんとついてくる

リードせずにその場しのぎでグイグイ引っ張るだけだったら
「楽しかった♪」ではなく
「あぁ、疲れた」だったでしょうね

ほんのささいな事なんですが、これは動物だけではなく
子育てや人とのコミュニケーションにも応用していけます

私と息子は2009年、2010年の夏
ランディー由紀子さん主催のテキサスでの馬セミナーに参加してきました
そこでは乗馬だけを習うのではなく
馬との関わり合いの中で、マインドを学んでいくといった内容になっています

馬の反応から自分が普段どんなエネルギーをまわりに出しているのかわかり
それをどうコントロールしていくかということを体験の中で学ぶことができるという
言葉での説明だけでは理解しがたいことを実感していくことができるのです
(※2011年度の募集はすでに締め切られています)

前述のポニーと息子の動きを子育てに当てはめてみると

子供(ポニー)が好き勝手なことをしても、許してしまう母親(息子)
でも子供が自分の思うような行動をしてくれなくなると
力で無理やり、動かそうとする母親
すると更に、言う事をきかなくなる子供(ポニー)
母親はため息とともに「もう、ダメな子ね!」

どうでしょう?あるいは、

最初からギュイギュイ自分好みに子供を引っ張る母親

または、子供が何をしようが、すべておまかせで何もしない母親

客観的にみるならば、今の子供の状態は
過去に親がどんな関わり合い方をしたか
また、親がどんなマインドでどんなビジョンを描いているか
ということが大きく影響しているのがわかると思います

私も日々、反省しきりですが子供も2年生となり
自分だけでなく息子自身にもこういったマインドの違いによる結果について体験することで
友達との関わり合い方、先生とのコミュニケーションが
ずいぶんスムーズになるんじゃないかなぁと思います


他の家族がポニーのお散歩をしているのをみていると
とんでもないことをやらかす人が!

引っ張っても、引っ張ってもビクとも動かないポニーにイライラしたのか
母親がポニーの真後ろにまわり、両手でポニーのおしりをグイ!っと押したのです
(危ない!!)
と思った瞬間、ポニーは見事なバックキック!!
足の短いポニーだったから当たりませんでしたが
あれが乗馬用だったら大ケガですよ~034.gif

マミ~もこんなふうにいつも見てるのかな
毎年ちゃんと記録しようと思いつつ
あまりにも情報が多すぎてまとめきれず中途半端に終わっているテキサスレポートですが
ご参考までに↓

(2009年テキサスツアーブログ記事)
http://chirudai.exblog.jp/11756385/


英語本で作成している専用サイト↓

(テキサスツアー紹介サイト)
http://www.being-spirited.com/texastour.html

みなさん、素敵なゴールデンウィークを029.gif


PR. これもおすすめ!ヤングアメリカンズ
   神戸は6月です
   http://www.jibunmirai.com/ya/index.html

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集