子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
2012年 02月 27日 |


図書館で予約していた「算数の探検③ 少数と分数」の順番がまわってきました
人気があるようで、①、②巻はまだ見れていません
このシリーズは1973年に刊行された『算数の探険』全10巻(ほるぷ出版)の復刊版で
昨年、発売開始となったもの

算数のニガテな子にも絵本感覚で読むことができ
算数の基本や、重要ポイントについて徹底的にわかることをめざし詳しく説明している

ということだったので、かなり期待していたんですが・・・
残念ながらちょっと、私の好みとはハズレていました

③巻だけをみての判断なので他のシリーズはまた違うかもしれませんが
目で見る数学」のようなものを期待していただけに、ちょっと違うなぁという感じ
(詳細:算数の探検リーフレット

中身はこんな感じで、やわらかいタッチのイラストが多用されています
a0137922_9271547.jpg

算数についての説明が会話形式になっているので
保護者の方が読み聞かせのように使ったり
掲示されているのと同じように、体験を加えながら進めていくと
着実に理解できるような堅実な点は良いと思います

ですので自宅学習にとても向いている本だと思いますが
本当に算数のわからない子に対応するには”読めばわかる”というわかりやすさは無いので
働きかける大人の努力が必要かと思いました
それと、もう少し価格が下がってくれるといいのですが・・・


分数を習うのはたしか5年生からだったと思いますが
その前にこういったもので遊んでおくと面白いのではないかと思い買ってみました

Learning Resources Rainbow Fraction Tiles with Tray
B001604R1G

アメリカAmazonで入手
こういった教具は日本で買うとやたら高いのですが
アメリカだと視覚的にデザインされたものが安価なので嬉しい045.gif

うちで良く使っているやり方は
全てのタイルをバラバラにしてはずし、そのあとプレートにピッタリはまるようにもどしていったり
a0137922_9275444.jpg
1になるにはどんなタイルの組み合わせがあるか
何パターンつくれるか
など、パズルのようにしています
a0137922_9281189.jpg
数字だけで1/2とか1/4などを考えるとややこしいのですが
実際にそのものを使って動かしていくと
1/4が2つで1/2と同じ
といったことが一発でわかります

マグネットシートで手作りしてもいいかも
こんな構成↓
a0137922_9282650.jpg



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 02月 21日 |

発砲スチロールの球をくりぬいて彩色(息子作)
この後、ボール遊びに使われボロボロになっていた(笑)



うちでは、ほとんど民放を見ることが無いのですがたまに何かに誘われるようにTVをつけるときがあり
そういう時は大概、見てよかったなぁ、という番組との出会いがあります

先日も思いっきりバラエティの番組をつけたものの
普段はお笑いタレントのイモトアヤコさんが標高 6,962 mのアコンカグア登頂に挑むという特番で
息子と2人で見ているうちに妙にフツフツのエネルギーが湧いてきて
視聴後は何かにチャレンジしたくなるほどでした

アコンカグアの登頂は成功率20%という非常に難しいもので
ふもとから最終アタックポイントまで到着するのに徒歩で2週間もかかります
雪と風で気温は-20~-30℃
気を抜くと一瞬で凍傷にかかるという状況
標高が高いので高山病のリスクも高く
更に、いくら登山者の体調が良くても山の気候変化が激しいので
登山者の力量プラス運も必須

画面を通してもわかるくらい、あまりにも過酷な状況の中
途中なんどもリタイヤしてもおかしくない瞬間があり
けれどそれを精神力で乗り越えていくイモトさんの姿に
「イモト、すご!ありえない!」
とつぶやく息子

TV番組であるとか、登頂達成だとか、そんなことは関係なく
自分との闘いに挑んでいる闘志がメラメラと伝わってきて
「頑張る」とはこういうことなんだと教えてもらったような気がします

しかし

エネルギーってうつるんですね

同じ部屋にいる人がイライラしていると、こっちもイライラしてきたり
眠い人がいると、自分も眠くなったりと
自分が属している環境の状態は直接メンタルに影響してきます

けれどそれとは逆に、
ある人が今住んでいる環境がイヤになって
色々調べて新しいところに引っ越し
「あぁ、これで快適に暮らせる」と安心したものの
しばらく住んでいるうちに、以前住んでいた環境とほとんど同じだということに気が付いた

という話もあります
これはつまり、いくら外側を変えても自分自身が変わらなければ
真の意味での変化はないんだよという例えなんですが

もっと具体的かつよくある話に
子ども用の教材を購入したけれど反応が悪く上手く使いこなせない
ということで、他にもっといいものはないかと探し回るのだが
買っても買っても今ひとつなんですよね・・・・
これも前述のお引越しの話と同じ

変化したいと頭で思っていても、物事を動かそうとするには自分の心が動いていなければダメで
そのきっかけとなるエネルギー源は人なんだなと思いました



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 02月 13日 |
ビーズとタイルを貼りつけた作品。少しの青がいいバランス(息子作)


先日のオフ会に神戸から駆けつけてくれたMayuみんと
学校教育についてしばし熱く語り合いました
彼女は先週「発達障害・学習障害のある子供への英語指導を考える」という勉強会に参加していたので
その内容を少し教えてもらいました
会の詳細は彼女のブログにて紹介されています
⇒ 発達障害・学習障害のある子どもへの英語指導を考える

彼女と喋っているうちに「そうそう!そうなのよね」
と今の学校教育に関する問題点と、家庭での役割りの重要性を再認識しました

私は子供の教育に関しては、シンプルに「点数で評価できない事のほうが重要」と考えています
点数のつく項目は、たとえ今、出来なかったとしても
やる気さえ出せば、何歳からでも学び直すことが出来ますが
そうではない要素、たとえば社会性や探究心、創造性などは
成長の段階における環境が大きく影響するものであり
家庭での関わり合い方が非常に重要となってきます

こういった事にアンテナを伸ばしているとまるで引き寄せたかのように
どんぴしゃの言葉をアトリエ講師の方からいただきました

最近の和久先生(童具館館長:和久洋三氏)のお話の中で
「とにかく、今の学校教育は間違っている」ということを強調されていました。
「”させられている” 教育・指導では、子どもの能力は絶対に伸びない」
そして
「やりたくないことをやらされて育っている子は、次第に自分の頭で考えて行動することが出来なくなります。
 そのことのほうが、子どもの将来にとっては大問題であると思います。」
と。

これと同じことを、テキサスで馬のセミナーを開催しているランディー由紀子さんからも
ブログやセミナーを通して何度も繰り返し教えていただいています
マミ~が馬との関わり合いの中で伝えてくれることは
そのまま子育てや人間関係にピタリと当てはまります
「馬の尊厳」に書かれている言葉は、ちょうど上記の講師の方の言葉とシンクロ

「ともすると、人間だって自分で考えることを奪われてしまったら
 そして、それに慣れすぎてしまったら、考えて生きることができなくなってしまうと思う。
 でも、自ら考える力を伸ばしてもらえたら、心の中に風通しのよい自由が生れる。」
 ブログはこちら ⇒ http://eigobon.weblogs.jp/yukikolunday/


私たち親はついつい子どもかわいさに、そして少しでも人生を円滑に進めるように
あれこれ準備をしたがります
けれど私が最近強く思うことは、それでは子どもの「生きる力」が弱くなってしまうのではないかと
外世間で「させられる」体験が多い子どもが家庭においても「させられる」ことばかりだとしたら
彼らはどこで自らの思考を活かすことが出来るのでしょうか

親は子どもに多くのものを望みますが、子どもが親に望むことはただひとつ
 ・・
だけなんだと、そしてこのことをわかっているつもりでも
事あるごとに、あぁ、今までは頭でわかっていただけで全く腑に落ちていなかった
と何度も気づく私でした


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 02月 11日 |
恒例の「本の読み聞かせサークル(?)オフ会」報告です

読み聞かせといっても、ママの体験や心の在り方が非常に大切だと思うので
子育て全般、色々な話をシェアしています
昨日は8人のママと未就園児5人が集まりました

OPENから1時間は絵本の紹介や貸し借り、情報交換をしながらお喋り
小さい子たちも有意義な時間を過ごせるように毎回おもちゃを準備していて
今回はこれを押し入れから引っ張り出して持っていきました

じゃ~ん、ほるぷのプレイブッキーです

(↑写真は息子の小さいとき)
2種類持っていったのでかなり自由度の高い遊びが出来ました

子供たちが遊んでいる間に、アイヨガのインストラクターをしているアヤーナさんによるストレッチをスタート
足から順番にほぐしていき、肩甲骨、目とだんだん上に移動
おおよその予想どおり、めちゃ体が硬くなっている042.gif
それでも、ひととおり終わったあとは
「世界が明るい! 視野が広がっている!」

感動です!
これは今後も続けよう
特に肩甲骨をギュイ!!と寄せる動きがまあ、ビシバシ体に響いて
「明日は筋肉痛がひどくなるだろうな」
と思ってたのですが実際のところ翌日はいつもより背中が軽い、肩も柔らかい!
すっごくオススメです

アヤーナさんは吹田市でアイヨガの教室を開催されています
 ⇒ http://ameblo.jp/aya-eyeyoga/theme-10047831774.html


体がほぐれた後は、ワンダーママさんによる英語のアクティビティ
オフ会に来ていた子供たちと一緒に、いろいろな遊び方を披露していただきました
お歌と自己紹介のあと、このドールハウスを使ってパペットショー
a0137922_9305080.jpg

0歳の子も前のめりで興味深々
終盤では、子供たちがズンズン接近していきこんな状態に(笑)
a0137922_9325077.jpg
子供たちも見ていたママたちも、大いに楽しませていただきました

この日のレポートはワンダーママさんのブログで詳しく紹介されています
 ⇒ http://wondermama97.blog.fc2.com/blog-entry-802.html


毎回、感じるのが
「時間が足りない!」
私も含め、みなさん上の子のお迎えとかがあるので時間に限りがあるんですね
もっと、色々聞いてみたいことがあるのに~
というモヤっとした気持ちで終わってしまいます
でも、このモヤっとおかげで継続できているのかもしれません
また次回、楽しみにしています029.gif

-------------------------------------------------------------------------------
追記:

私が子供たちと遊んでいたアイテム

① A Cheese and Tomato Spider Novelty Picture Book
Nick Sharratt
0590191594


② ボードゲーム 「shopping list (ボーネルンド)」


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 02月 10日 |
昨日の記事から、私の落書きを見たい!とのリクエストをいただき
面白いので、少しスキャンしてみました
なんせ単なる落書きですので、ヘタな手書き文字もご勘弁を


はじめて、寝返りが出来たときの記録
うつぶせが大キライで、ひっくり返ったあとは大騒ぎ(笑)




おフロが大好きです
a0137922_220312.jpg



まだハイハイが出来ないころ、足の反動を利用して部屋中を転がり回る息子
このオシリのラインがなかなか良く描けてるわ




 お気に入り♪
a0137922_21442073.jpg



今日はこれから読み聞かせの会のオフ会にいってきま~す029.gif



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 02月 09日 |
1歳のときの息子、今より目がきりっとしているのは何故だろう・・・
a0137922_15274323.jpg
しばらく前に出た宿題で、子どもが小さかった頃の様子をレポートにする、というのがありました
これって、他の小学校でもやっている課題でしょうか?

生まれたとき、0歳~1歳、1歳~2歳、3歳~
と4枚にプリントが分かれていて、文章の形式は自由なのですが
例えば、「こんなことを聞いてみよう」という内容は

・おなかの中にいたときのようす
・あなたが生まれるときのようす
・歩きだしたとき
・はじめて覚えた言葉
・嬉しかったこと、困ったこと、驚いたこと
・心に残った出来ごと

こんな流れで、生まれる前から今に至るまでをフィードバックするようなものでした
私は、どうだったか思い出そうと0歳のときだけ書いていたノートを引っ張り出して読み始めたのですが
これが、まあ、最高に面白い!
文章を書くのは面倒だったので、ちょっとした落書きみたいに
ズリ這いの様子や、寝返りの様子や、ムチムチした手首とかを
イラストにしていたのが、ヘタクソながら写真よりもなんともリアルで大笑い003.gif

息子が怪訝そうにしていたのでアルバムを探し
「これが、こうでね」
と説明を入れながら、レポートを書けるようにお話していきました
(プリントにまとめるのは子供なんです)

まだ、8歳なんですがこんなに赤ちゃんの頃が遠い記憶になっていたことにビックリ
1歳の頃に気に入って遊んでいたおもちゃ付きのベビーフェンスの写真をみて
「あ~!これ好きだったんだよね。」
と覚えていたのにも驚き
2歳前には、片づけてしまっていたのですが1歳の記憶って残っているんですね

親の視点で子どもの成長を話す機会ってあまりないので
こうやって、育ってきた日々を子供と振り返るのってとてもいいなぁと思いました

まるで、いもとようこさんの絵本「しゅくだい」みたいに
この宿題のおかげで、なんだか心がポカポカ

しゅくだい (えほんのマーチ)
宗正 美子 いもと ようこ
4265034853



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 02月 02日 |
本日の大阪は最高気温3℃、最低気温-6℃の予想です
きゃ~、北海道なみ
私は上から下までユニクロのあったか衣類づくしになっています(一度着ると手放せない気持ちよさ)

そんな寒さの中、小学校の学習発表会にいってきました
いただいた資料がとてもよくまとまっていて
家庭教育においても、みなさんの参考になるのではないかと思うので紹介しますね

2011年度から学習内容が大きく変化したことで
先生方も指導内容を色々と模索されているようです

特徴的なのは、今までは
「教師から子どもへ一方通行で知識を教え込む」
といった形式でしたが、これを
「子どもたちが自分の考えを出し合い、話し合い、みんなで解決する」
といった授業づくりを目指すものとなっています

また、言葉の力を育てるのは国語科だけに限ったことではなく
他の教科の学習においても意識して活動をいれていくということです

なぜ「言葉の力」を伸ばすことに重点が置かれているのかというと
自分の考えや気持ちを的確な言葉で伝える力をつけることにより
社会における「生きる力」を高めるといったことが期待されるからです
つまりは、学力を高めるだけではなく
人生全般にわたって影響を及ぼす基盤を形成することにもつながるのです

たしかに昨年からの授業を参観していると
ずいぶん私が学生だった頃とは違った取組みをされていましたし
非常に良い授業だと感じました

そういったことを目標にした各学年ごとの取り組みをまとめました
先生方の要望にもあったのですが、子どもの言葉の力に関しては
学校の授業だけで成立するものではなく
家庭においても連携して共に進めなければ効果は期待できなくなります
とはいえ学校がどういった目標で進めているのかわかりづらい状況もあるかと思いますので
参考にしていただければと思います
(学習目標は地域差がありますので通学されているところで確認されるのがベストです)


1年生:
「話す」「聞く」の基本的な態度を身につけさせる。
子ども同士のやりとりで会話の基礎を学習する。
発表の基礎を学習する。


2年生:
「話す」「聞く」について1年生の内容を発展させ、相手に伝わるように工夫して発表したり、
友達の話を聞くだけではなく、自分はどう思ったかなどを確認し能動的な聞き方を指導。
話し合い活動を取り入れる。

「読む」
声に出して読むことで表現する楽しさを体感させ、発表のスキルにつなげる。

「書く」
文の組み立てに気を付けて自分の気持ちを表現する活動を目指す。


3年生:
「話す・聞く」
日々の出来事をわかりやすく、自分の気持ちも交えて伝える「1分間スピーチ」をおこなう。

「読む」
百人一首の音読&暗唱。
古典をとおして普段つかわない言葉の言い回しを楽しむ。

「書く」
日記や作文などで、書き出しの工夫、音や様子を表す言葉・比喩を使う学習をおこなう。
美しい言葉、豊かな表現が自分のものとして使えるよう学習していく。


4年生:
「話す」
自分の考えをまとめたものをもとに話し合い、筋道を立ててわかりやすく感想を伝える活動に取り組む。

「書く」
日記・作文の課題を増やす。
段落や主語・述語の関係など文章の形式を正しつつ、会話や気持ちを入れて書くことを意識する。

国語科以外の場においても意見を出し合う機会を増やすことで、子ども同士あいてを認め合えるような学級を目指す。


5年生:
「話す」
音読練習をとおし、発表の際に相手に伝わる話し方を指導する。

「書く」
考えをまとめる活動として「新聞づくり」をおこなう。
語彙力の個人差が大きくなるため、イメージが膨らむ言葉あつめをしたり、詩を活用することでいつもと違う表現方法を指導する。

6年生:
「豊かな言葉と心を育てる」ことを目指し、自分の思いを言葉で語り、相手に伝える力をつけたい。

「読む」
読み物教材から、さまざまな表現や言葉に注目させ、使われ方などを吸収していく。

「書く」
授業後に感想を書く活動を取り入れることで短時間で自分の考えを書き表すことができるようになった。
一方、書くことはできても、その意見に根拠がなかったり具体的な理由が明確に述べられてなかったりなど、
内容として不十分さも多くみられることから、自分の考えを持ち、なぜそう考えるのか、根拠をもって的確に相手に伝えられる力を指導したいと考える。


予定表をみると二年生は3月に馬頭琴の鑑賞会があります
これは教科書の「スーホーの白い馬」とリンクさせるといった狙いでしょうね
単に教室でテクニック的に指導するだけなくこういった体験学習も多く盛り込まれています


今日はまるで教育委員会のような記事でしたが
おかげで随分整理できました035.gif


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集