子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧
|
2012年 03月 28日 |
a0137922_11294441.jpg
アトリエでのたくさんの積木の回
高~く積み上げたこの作品は、モン・サン=ミシェルをイメージしたもので
制作前に、資料を見て作りたい形を膨らませていました
a0137922_11302564.jpg

最後に海に見立てた木製ビーズを敷き詰め完成!

a0137922_1130732.jpg
このビーズが子供たちに大うけで、ずっとさわって遊んでいました

古から高い塔は”天に近い”ということから「信仰用」で「祈り」の対象となっていたようですが
昨今は、権威を象徴するものに変わってきておりその在り方はまるで「バベルの塔」を彷彿させるようで
「高かったらどうやねん!」とつっこみをいれたくなる私です

それに関連して昔から、私が疑問に思っていたことに
「人はどうして、今よりもっと!を求めるのか」
というのがあります

求めるものには限りが無いと同時に「今はまだ不十分である」という認識を伴うことから
何か満たされない虚無感を抱くと思うのです
もし、「今のままで100%完璧だ」と思えたなら、どれだけ満たされた心地になることでしょう

けれど、もし「今に満足」してしまったら、今以上の発展や可能性は閉ざされるわけで
そうすると「満たされない気持ち」のほうが健全なのかと思ったり


で、ですね

先日、実家へと高速道路を1時間走っていた時にふわ~!っと降りてきたイメージがあって
それが消えないうちに、言葉に表しておこうとこの記事を書いているわけですが(長い前ふりだ~)

話を整理すると
「今より、もっと」という気持ちは人の遺伝子に組み込まれた呪文のように
たえず私たちに、つきまとっているのですが

そこに「愛」があるか、無いかでまるっきり正反対のものになるのではないかと・・・

「愛のある成長」は発展し、豊かさをもたらします

けれど

「愛のない成長」は衰退し、崩壊していきます

親子関係、社会生活、政治、経済、技術・・・

全てのものに当てはまるように思いますがどうでしょう?
行為は同じでも、それに携わる人の想いひとつで結果は大きく変わってくるのです

人はそれぞれ、色んなテーマを持っていて、様々な活動をしていますが
求めるものをひとつの言葉に集約すると

「幸せになりたい」

ただ、それだけなんですよね



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 23日 |
今日で2年生も終わりです
学校から制作物を色々持ち帰ってきたので、見せてもらうと
素敵な冊子がありました

それは、自分が赤ちゃんの頃からのことをリポートしまとめたもので
9種類のテーマから構成されています

小さかった頃の様子、今の自分、そして最後に
「20さいのわたしへ」というタイトルで未来の自分への手紙がありました

    
     この小学校はどうなっていますか
     ぼくは、いい大学生になっていますか
     ぼく、本当はとっくのとうにやっていることだけど
     きみのために一生懸命、勉強して
     いっぱい、いっぱい怒られて
     新しい自分になりたいです

     20才のきみは今、自分をふりかえってみてください
     今、8才のぼくが見えます


--------------------------------------------------------------


親バカですが、なんだか感動

今の自分は過去に自分が何を想い、何を選んだかで変わってくる
子どもは、ちゃんとわかってるんですね・・・




058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 21日 |
ただいま組み立て中
a0137922_1335617.jpg

科学実験ってやってみたいけど準備が面倒じゃないですか?
私はこれまで、何冊も簡単そうな科学実験の本を買いましたが実践するに至らず・・・
で、たまたま学研のページで科学実験の通信講座があることを知りチェック

「親子で楽しむ科学実験講座」
学研が発行しているだけあって講師は学研の「科学」シリーズ編集長であり、
「大人の科学」シリーズの開発を担当であり、
日本テレ「世界一受けたい授業」や、TBS「飛び出せ!科学くん」などにも出演の湯本博文先生です

講座内容は、月に1回、実験に必要なキットと資料と実験を解説したビデオや確認クイズなど
詳細⇒http://n-academy.jp/gakken/science/feature/#head


ひとまず、月払いのコースで申し込んでみました
2月に届いたキットがこちら
嬉しいことに、乾電池までついている♪

a0137922_9325313.jpg
HPに説明はありませんでしたがガイドブックの内容がかなり良く
実験キットを使った、様々なバリエーションがわかりやすい写真付きで紹介されています

a0137922_9333746.jpg
例えば、この振動をおこす装置を使って地震による土壌変化なども実験することができます

a0137922_934288.jpg
1つの事から色んな事柄に派生させていける自由度があるのがとってもグ~

オンラインで視聴できる動画は実験キットの解説以外に
もう1本、エデュケーショナルなものが毎回あり
季節に応じた内容になっていて、なかなか良い感じです
内容 ⇒http://n-academy.jp/gakken/science/curriculum/monthly_course.html#head

1800円というのは微妙な値段ですが、自分で準備をする必要が全くなく
使いやすく、わかりやすい内容と教育的な点もきちんと盛り込んでいる点がいいなと思いました

ちょうど春休みに入るので、アレコレ遊んでみようと思います


058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学

↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 17日 |
16日は卒業式のため小学校が休校&ダンナさんが1日空いていたので(これってめったにない)
3月14日にオープンしたばかりの京都水族館に行ってみました

初日の様子をネットで検索すると入場するのに長蛇の列となっていたので
メチャ混んでいたら他の場所に行こうと、入れない覚悟でいってみたら
休日の海遊館くらいのにぎわいで、すんなり入場できました(11時半くらい)

a0137922_1054998.jpg
この水族館は魚の種類が少なく、規模も小さいのですが、見せ方が非常に上手い!
私は、このアシカ、アザラシ、オットセイのいるゾーンが一番面白かったです
色々な角度から観察でき、とても近距離で見やすいのです

a0137922_10543591.jpg


ここはペンギンゾーン
カメラマンのおじさんが銀色の紙を振るとペンギンが寄ってきていたので
ダンナさんが「キーでも出来るかな?」と車のキーをガラスごしに振ると
ダ~!っとペンギンがくっついてきた!
かわいい~♪

a0137922_105453100.jpg


そして、この水族館のイチオシポイントは照明の使い方の上手さと水槽の質
特に大水槽の光りの入れ方は芸術的で、凄くキレイ!
水槽が他の水族館とはちょっと違っていて、まるでそこに何もないかのように
クリアに魚の様子が見えるのです

どう表現したらいいのか・・・・
例えば、普通、大水槽は水圧の耐久性上、分厚くてレンズのような感じになり
本来の魚の大きさや姿とはちょっとちがって見えるのですが
なぜか、京都水族館の水槽はその歪みがなくものすごくクリア!

どこにも説明は載っていませんでしたが、かなりこだわって設計したのではないかと思われます
大水槽前の混み具合はこのくらい↓

a0137922_1055938.jpg


最後に、イルカゾーン
ショーの開始時間より早めに行って、お昼を食べながらイルカを眺めていました
(ショーの時間ではなくてもイルカは泳いでいます)

最前列に座っていたので、泳いでいる姿もバッチリ

a0137922_1055235.jpg


全体的に小じんまりとした水族館ですが、なかなか良い内容ではないかと思います
ただ、これから行かれる方は必ず

前売り券を買っておくこと!


をオススメします
というのも、一番最初の写真のような状態はこのときだけだったみたいで
2時すぎに出たときには、すんごい列になっていました
チケットを買うのにかなり時間がかかるようですが、チケットを持っているとすぐ入場できますし
全国のローソンで購入できますので

それと、水族館の中の売店は混みます
飲食の持ち込みOKなので、買っていかれたほうがいいですよ~

ということで水族館レポートでした


058.gif チルドレン大学はただいま春の応援キャンペーン中!



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 14日 |
積木って積むだけじゃないんだよね
a0137922_92810100.jpg

世の中、いろいろな常識があります
でも、その常識はホント?
自分で勝手に 『こうなんだ!』 って決めてないかなぁ

私は30歳くらいまで計量スプーンの
小さじを中さじ
小さじ1/2を小さじ
だと勘違いしていてレシピどおりに作っても味が薄くなるので「変だなぁ」と思いつつも
その間違いに全く気が付きませんでした(笑)

計量スプーンって、大きさの違うスプーンが3本セットになっているじゃないですか

a0137922_945253.jpg
なので、大さじ、中さじ、小さじ、だと思ってたんですね(ぶふふ)
この勘違いに気が付いた時には
もう、自分の中の常識がガラガラと音をたてて崩れ落ちるかのような衝撃を受けました
あぁ、ホントにあのときはビックリした042.gif


人というのか結構自分勝手な思い込みの世界で生きています
私はそれを子どもが生まれたときに認識しました
うちの子をみて
「まあ、大きい!」という人がいれば
「あら、小さい」という人もいたり
「おとなしい子ね」という人がいれば
「元気な子ね」という人もいる

同じ子どもに対し、正反対の評価を人は出すのだと
そして、ま~ったく人の評価に意味はないということを、このとき悟ったのでした

これって、いわゆる評価ではなく感想じゃないですか
でも気を付けないと、この「感想」に振り回されてしまうんですよね

自分自身のことだって実はまったく知らないのかもしれない
けれど、こうやって文章にしたり、人と話すことによって
玉ねぎの皮をむくように、少しずつ中心が見えくるように思う


今日から、恒例のチルドレン大学の春のキャンペーンがはじまりましたが
チル大にかかわらず、何か新しいことをはじめたとき
それをアウトプットする場が重要だと思うのです
アウトプットには時間がとられたり、最初はどうしたらいいのかわからず面倒に思ったりしますが
するとしないのとでは大違いなので、やりやすい形ではじめて見ることを強くオススメします

今回のキャンペーン特典は、その点を英語本が応援する!というテーマで企画しました



すでに、受講中の方にも参加できるようにしています
受講中の方には近日中にメールマガジンでお知らせがあるのでチェックしてくださいね


あれこれやりたいことが多くて三日坊主傾向の私ですが
やはりブログで記録することが継続のモチベーションとなっています
自分の知らない自分と出会える面白さもあるので
ぜひアウトプットにチャレンジしてみてくださいね029.gif


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 12日 |
英語学習のためYouTube通いをしていたら、なかなか良い動画があったので紹介します



これはBBC制作のレオナルド・ダ・ヴィンチについてのドキュメンタリーで
当時の様子をドラマ仕立てで紹介しつつ
彼の発明品を図面をもとに実際に作って動かすという内容

英語がわかりやすかったので、息子と一緒にみてみたら
前半のパラシュートの制作のところあたりまでかなり面白く見ていました

息子はなぜか「飛ぶ」ということに興味が強く
それも、道具をつかわず体ひとつで空中を飛びまわるのが最大の夢だそうで
ビビリの性格じゃなかったら、ベランダから飛び降りて大けがを何度もしてたかもしれない
と思うほど強いあこがれを持っています

なので、この動画はかなりツボだったようで
途中からTVから離れて、あれこれ図面を書いていました(何ができるのやら・・・)


チルドレン大学のコンテンツで動画を使って知識を広げるという取り組みがありましたが
受講していた時は私の英語ニガテ意識が邪魔をして、その方面はやっていなかったものの
やはり映像系に関しては海外のものに素晴らしいものが多く
言語に関係なく、取り入れていきたいなと思いました


レオナルド・ダ・ヴィンチといえば創造力の塊みたいな人ですが
最近の子供を持つ親の意識として「生きる力」や「作り出す力」に重点がおかれてきているそうで
今の教育内容でそういった力が本当に身に付くのか懸念されている方が多いと聞きます

私は、外から操作しなくても子供は元々そういった力を兼ね備えているので
与えるのではなく、与えないよう気を付ける必要があるんではないかと思います
そして過去の人物や歴史を学ぶこと
それが重要かな


さて、さいきんGlee熱がUPしています!
YouTubeで再生リストを作りはじめたら止まらなくなって(ヤバイ!)
まなりん作成⇒Gleeの歌特集

特にこれが好き♪ 素晴らしいアレンジ



Gleeといえばヤングアメリカンズ♪
夏のツアースケジュールがUPされています⇒オフィシャルHP
今年の大阪は週末なので参加しやすいですね
高槻(大阪会場)は3月30日(金)から申し込みスタートです


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 11日 |
ぜひ、最後まで。。。




Imagine there's no Heaven
It's easy if you try
No Hell below us
Above us only sky
Imagine all the people

Living for today...

Imagine there's no countries
It isn't hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too

Imagine all the people
Living life in peace

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us

And the world will be as one

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man

Imagine all the people
Sharing all the world

You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one
I hope someday you'll join us

And the world will live as one
想像してごらん 天国なんて無いんだと
ほら、簡単でしょう?
地面の下に地獄なんて無いし
僕たちの上には ただ空があるだけ

さあ想像してごらん みんなが
ただ今を生きているって...

想像してごらん 国なんて無いんだと
そんなに難しくないでしょう?
殺す理由も死ぬ理由も無く

そして宗教も無い
さあ想像してごらん みんなが
ただ平和に生きているって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって

きっと世界はひとつになるんだ

想像してごらん 何も所有しないって
あなたなら出来ると思うよ
欲張ったり飢えることも無い
人はみんな兄弟なんだって

想像してごらん みんなが
世界を分かち合うんだって...

僕のことを夢想家だと言うかもしれないね
でも僕一人じゃないはず
いつかあなたもみんな仲間になって

そして世界はきっとひとつになるんだ
(歌詞引用元)

-------------------------------------------------------------------------------
2012年 03月 09日 |
年齢とともに睡眠時間が短くなるんだなぁと実感するこの頃
いえいえ、私のことじゃありません034.gif
まだ朝はゆっくり寝ていたいお年頃です

息子がね、早いんです
ここ最近は5時半起き
ちなみに家を出るのは7時50分なので、かなりのんびりとしたモーニングタイムです

1年生のときはさすがにお疲れなのか7時でも眠そうでしたが
2年生になるとスッキリ起きれるようになり
数か月前から6時起きになり
そして5時半起きの今に至ります

私がそう促したわけではなく自然に自分で勝手に起きるようになってしまったのです
普通、年齢とともに就寝時間が遅くなっていきますが
そこを変えずにいると朝が早くなるのかなと・・・
たまたまの発見ですが、このほうが健康的でいいじゃないと、ちょっと気に入っています

この朝の時間をどう使おうかと思いましたが
これまた自然に小学校から毎日出される音読の宿題をやるようになりました
時間がたっぷりあるせいか、夕方~夜にするのとでは取り組み方が違ってくるようです
特に私が他の事に気を取られない時間帯なので
音読の仕方をアレンジすることが出来て、なかなか良い感じ

というのも、この音読の宿題はもし私が子供の立場だったら
「もう、かんべんしてよ」
といいたくなるくらい面白くない
何回も同じ文章を読まされ、おまけに2年生ともなると結構、長文
最近の宿題は「スーホーの白い馬」を全部読むこと!

これめっちゃ長いんです
丁寧に読んでいくと10分くらいかかります
それを毎日、毎日、毎日・・・・
いやぁ、小学生って大変ですね

で、読むだけじゃつまらないだろうと、ちょいちょいアレンジを加えています
例えば、息子が読んでいるのを聞きながら途中でストップをかけ
クイズ番組っぽく内容に関連した問題を出したり
主人公以外の脇キャラについて、どんな人柄か色々推測して遊んだり

↑こう書くとお勉強チックですが、やってることはかなりおバカで
この人のパンツはブリーフかトランクスか?とか(笑)

答えは正解でなくてもいいのですが
ただし!
なんでそう思うのか、相手を納得させる理由を説明しなければならない
というルールあり

時間があるからこそできる、優雅な朝学習でした^^


参考:馬頭琴の響きってとても表情豊か!




↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 05日 |
a0137922_11413563.jpg
あぁ、なんだか頭が忙しい
満員電車でギュウギュウになっている感じ
こういうときはアウトプットがいちばん効果的、ということで
久しぶりにキーボードを叩いています

このブログは週1更新というテンポですが
新規に立ち上げた英語学習ブログのほうはかなりマメにUPしています
英語絵本のレビューも編集していっているので是非遊びにきてくださいね
「英語を読みたい、喋りたい」

英語学習ブログをみていただくとわかるように
最近、自分の勉強として英語の音声を良く聞いているのですが
誰かが読んでいる声を聴いているのと
自分で活字を読むのとでは随分ちがうものなんだなぁ、と
子どもが読み聞かせをしてもらっているときってこんな感じなのかとプチ疑似体験をしています

読み聞かせをしてもらっているときは「聞いている」ので耳の働きが活発です
けれど自分で読むときは文字をとらえるので、目の働きが優先されています
使う感覚器官が違うだけで、イメージの伝わり方が違い
特に読み聞かせの場合には読み手の表現力やイメージが入るので
自分で読むよりも、お話の世界に深く入れるような気がします

絵本の場合は、文章だけでなくイラストとの相乗効果でお話が展開していくので
聞きながら、目も働かせてと、
子どもにとってはかなりのエネルギーを使うことになるのではないかなと思うのですがどうでしょう?

そういえば、うちの子どもは視覚優位な傾向があり
読み聞かせをしているときにも、聞くことに集中するのはニガテなようで
次々と目に付いたものに意識がとび
頭に浮かんだことをやりたくなって、どこかに行ってしまう、とウロチョロ忙しくしていたものでした042.gif

けれども、そういった体験があるからこそ
自分の興味のあることに集中できる力もUPしているように思います
ま、それはさておき

ですので読み聞かせは自分以外の人の思考が介入してきますが
自力読みとなると、今度は自分のこれまでの経験値によって
受け止め方が変わるのではないかなと思います

本の世界には無限の可能性があります
新しい知識を得たり、普通に人生を送るだけでは得られないような疑似体験をすることができます
そういったことと、現実の世界とをいったりきたりしていくうちに
自分独自の世界観もつちかわれるのかなと思ったり
なかなか読書というのは深いものだと、思うこの頃です

-------------------------------------------------------------------

もうすぐ震災から一年
いまだに世間の情報はバラバラで、人の意識によって大きくグループわけされているような
そんな気持ち悪さを感じていますが、まずは人の意見よりも
現状をきちんと自分で把握することが非常に重要だと思います

この動画は今を知る貴重な資料ですので是非いちどご覧ください

「岩上安身氏が体を張って取材した他局では絶対に話せない福島原発の真実」


最初のころは出てこなかった真実についてメディアの報道が増えてきましたが
逆にそのことでこういった情報に慣れてしまうことを懸念しています
関係者の方や福島に近くの方、意識の高い方はそうではないと思いますが
たとえば西日本などに住んでいると
「原発が危険なのはもうわかってるよ」
とすでに終わったものとして切り離してしまうこともあるのではないかなと思います

まだまだ問題が多々ありますがこれらを自分ごととしてとらえ
どうしていけばいいのか、広い視野と細かな配慮が必要なのではないでしょうか


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集