子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
2013年 01月 28日 |
さて、随分ごぶさたしております
最近、サイト制作をしているものですから
書きたいネタは多々ありながら、文章制作に頭がまわらずブログをストップしていました

面白いもので、左脳的な作業をしているときには
創造的な作業ができないんですよね
いや、これは私だけで、器用に切り替えのできる人はいるかもしれませんが・・・

右手で4拍子をとりつつ、左手で3拍子がとれないように
中々、同時進行というのは難しいものなんです

よく、子ども時代は想像力、創造性を引き出すのが大事だ
というお話を聞きますが、子どもにしてみても
左脳的なことが日常に多いと
アクセルを踏みながらブレーキも踏んでいるような状態で
なかなか、創造的な遊びが発展しないんじゃないかなぁと思うのです

私のイメージでは、だいたい小学校低学年くらいまでは
外遊びを中心に、アウトドアや創造活動、運動などなど
体と五感を刺激するようなことに、どんどんチャレンジして欲しいなと思うのです
そういったベースが築かれた上に高学年からの学びがのることで強い力となっていくのではないかと、、、
なので、たまには左脳的な勉強からスパっと切り離す環境づくりも大切だなと思います


我が家は一人っ子ということもあり
社会性を育てる目的で、小さい頃からNPO法人のクラブに参加しています
先週末は、1泊2日のキャンプでした
このクラブのキャンプはいつも野宿なんですが
この日は、大学生のスタッフさんの家に8名前後のグループに分かれてお泊り

いつもより、楽チンなキャンプになるかと思っていたら、そうはいかず(爆)
集合場所から宿泊場所まで、荷物をかついで歩くこと約3時間!
移動もアクティビティのひとつなんですね

スタッフさんのお家といっても学生さんなので
ワンルームでみんなで雑魚寝、もちろん食事は自炊
息子のグループは男子ばかりなので、大騒ぎだったとか

(写真はスタッフさん撮影のものをお借りしました)
a0137922_8515880.jpg

遊んで、食べて、暴れて、、、ようやく就寝
息子よ、寝相が悪いぞよ

a0137922_855348.jpg

とても、楽しいキャンプだったようです
スタッフさん、ありがとうございました040.gif


話は変わりまして、「おるたの冬プログラム」開催中です
我が家は今回も、こども建設部に参加中
空きがあれば途中参加も可能なようです
 ↓
「プログラム詳細」
http://alschule.ti-da.net/e4206878.html



息子がキャンプにいっている間、色々やろうと思っていたことがありましたが
ホっとしたのか、ガツン!と風邪をひきまして、ほとんどずっと寝たきり生活に042.gif
でも、なぜかお迎えの時間になると、平常に戻るから不思議
子どもがいるときって、それだけ気を張ってるんだなぁ



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2013年 01月 09日 |
みなさま、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお付き合いください040.gif

年末年始は、私の実家である兵庫県に行っていました
例年なら母親がおせちを作るのですが、父の体調不良でバタバタしていたので
料理人である友人にお願いして、おせちを作ってもらいました
一見スタンダードな食材に見えつつも、手の込んだ下ごしらえのお料理で
とても美味しくいただきました(ありがとうございま~す♪)

「お正月の準備ができへん」と母は言っていたものの
玄関まわりは、いつもどおり新年の装いがあるあたりさすが!
a0137922_8154323.jpg
a0137922_816271.jpg
こういった何気ないことの有り難味に、大人になって気がつくようになってきました
私の親は、口出ししない放任主義でしたが
そのぶん自分たちのスタイルというのをしっかり持っていて
背中でもって人生を語ってくれているように感じます

言葉というのはコミュニケーションのほんの一部であり
伝える、伝わるのは言葉以外のものからなんですよね
その言葉を発したときのエネルギーが影響してしまうので
マミ~がいつも言っている
「親の言葉と気持ちが一致していること」
は非常に大切

かつて私は、ダンス系の漫画が好きで^^
「SWAN(有吉 京子)」を読んでいるとき(大昔の漫画だけど今も続きが出てるよね~)
モダンバレエの話のあたりで、こんなことが書かれていました
「たとえ踊りの振りが決まっていたとしても、そこに自分の気持ちがないと一歩たりとも動けない」、と

バレエに限らず音楽にしても、同じものを演ずるにもかかわらず
観客の受ける印象は、表現者ごとに異なります
私たちは日々の生活の中で、こういったことを無意識におこなっているんですよね
そして自分を取り巻く世界が、自分の発するものの投影となるなら
結局、すべては自分なんだなぁと
新年のはじめに原点に戻りました


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集