子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
|
2013年 04月 25日 |
新学期がはじまりましたが、家庭訪問がつづくため
4月は、ほとんど4時間目で終了
クラス替えで、すぐ近所の子たちと仲良くなり、いつも5~6人で遊んでいます

先週は日曜日も遊びにやってきたので
おやつがてら、みんなでピザを作りました
a0137922_13392887.jpg
意外なことに、女子より丁寧にトッピングする男の子がいて
思いのほか、綺麗な出来栄えに♪

さて、先週からいつもの「おるたこども建設部」もはじまりました
初回は、講師の作品紹介と何を制作するか話し合いです
a0137922_13415524.jpg
話し合いといっても学校のように、みんな一緒!というルールはなく
結局、それぞれが好きな事に打ち込むことに
息子は、他の男の子たちと基地づくりをはじめたようです

この日は、夜に交流会もあり、そのまま1品持ち寄りの大食事会に突入

a0137922_13381054.jpg
大人が10名、子供が20名くらい、いたかなぁ
雨が降っていたので、外で遊べない子どもたちが
かくれんぼをしたり、鬼ごっこをしたり
きゃーきゃー、わーわー、にぎやかに遊んでいるそばで
大人たちも、ついお喋りに花が咲き、なんだか田舎の親戚の集まりのような感じ

こういう環境って子どもに、とっても良いんですよね
異年齢の子どもたちで遊びつつ
何気に大人に守られている安心感がある

パワーリーディングのお奨めビデオでも紹介している松居和氏がお話の中で
「井戸端会議」を奨励されていますが
昔は、道端でお母さんたちが数名あつまって立ち話という風景がよく見られたものです
ところが、最近はそういった関係性が敬遠される風潮があり
あるいは、何かと忙しい人が増えたせいか、井戸端会議が減りつつあるようです

けれど、子どもを育てる環境において
お母さんにとっても、子どもにとっても
この井戸端会議というのが、とても良い社会性を育むんだそうです
そして会話をすることで脳も活性化し
心身ともに良い影響があるとか

とはいえ、あまりにもタイプの違う方との会話は辛いものなので
我慢してまですることでは無いですが
気のあう人たちとお喋りしているまわりで、子どもたちも伸び伸び遊び
「あぁ、今日は楽しかったね」
って、親子でルンルンしながら家に帰る
これって、最高ですよ001.gif



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2013年 04月 19日 |
空、海、プール三位一体!


さて、怒涛の1週間がすぎ、やっとブログ更新ができるほど余裕がでてきました

先週末から、お客さんラッシュでキリキリしたのですが
そのおかげで、面白いことに気がついたのでした

男の子のママにありがちなパターンで、
泣き虫で、臆病で、引っ込み思案な子より、
元気で、スポーツができて、明るい子のほうがいいなぁって思っちゃったりしません?

あんまり気が弱いと、いじめられっ子になっちゃうんじゃないかと心配したり
自信無げな様子に、このまま成長したら社会人としてやっていけないんじゃないかと思ったり。。。

私もかつて、きっちりこの思考パターンにはまっていたので、息子が幼児期の頃は
「男はそんなことで泣かない!」
「言いたいことは、ハッキリ言いなさい!」
と、プチ松岡修三だったのですよ(汗)
今、鍛えてあげないと!って思ってたんですね

でも、子どもの様子を見ていて、こちらが強く言えば言うほど
余計に弱くなっていくのに気がついたんです
そして

(そうか、これってこの子の本質を否定してるってことなんだ)

と、理解してからは、引っ張る&押し付けるをやめて
導く&提案するに変えたんですよね

ま、心に余裕の無いときは、今でもたまに松岡修三になりますが034.gif


うちの坊ちゃんの代表的な個性として感覚過敏なところがあり
普通なら気にならないようなことが、とても強く印象に残るようなのです
特に夜、寝る時にはその過敏な神経を安定させるのに
大量のぬいぐるみに囲まれている状態(笑)
(最近のお気に入りは、シーラカンスのぬいぐるみ)

さて、話はもどりまして

つい先日、ダンナさんのお友達が沖縄に旅行に来られ
1泊、我が家に泊まっていきました
55歳の男性の方で、一人でアフリカに行っちゃったりするサバイバルなタイプ

翌日の朝、玄関に行ってみると目立つところに
「ぬいぐるみを貸してあげてもいいですよ」
と息子の字による張り紙がありました

そういえば、昨日、息子と一緒にお客さんのベットメイキングをしているとき
「あっ!紙1枚ちょうだい」
と、何やら書いていたんですよね

たぶん、初めての家で一人で寝るのは怖いだろうなっていう息子なりの気配りだったのでしょう
夜、遅くにダンナさんとお友達は帰ってきたので
玄関に伝言メッセージを置いておいたということなんですが
頭の薄くなりかかった(失礼)方が、ぬいぐるみと一緒に寝ているところを想像すると
めちゃ、笑えてくる(ダンナさんは感動して涙目でしたが)

でもさ、こんなに人の気持ちを考えられる優しい子なんですよね
もし、あのままガミガミ母ちゃん一直線だったらと思うとゾっ!とします042.gif

いろんな個性があるから、世界は広がっていくんですよね
人生は面白い!



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集