子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2014年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
2014年 03月 12日 |
さて、英語本サイトのリニューアルで
右腕が抜け落ちそうな今日この頃ですが(マウスの使いすぎで)
徐々に、課題表も埋まっていきゴールが見えてきたような?

a0137922_11322046.jpg
チェックでつぶしていく項目が増えると、そのぶん嬉しさとヤル気UP!

そんな中、先週末は関東方面からの来客があり
息子の友達やそのご家族も呼んで、我が家でいつもの宴会~☆

a0137922_11361897.jpg
子どもが7人もいたので、別室に追い出し(笑)
大人だけで酒盛りをしていると、何やら歌声が聞こえてくる?
そのうち、ドンドン、バシバシとリズムまで響きだしたので見に行ってみると
なんと、みんなでオリジナルの歌を作って練習していたのでした005.gif

その歌詞がこちら

a0137922_11464297.jpg
誰がどこを歌うかパートわけまでされていて、この後、大人の前で披露してくれました♪

勢いづいた子どもたちは、更に子ども部屋で何やらゴソゴソ準備をし
「おばけ屋敷を作ったから、1人づつきてくださ~い」
とのこと

最初は、子どもの遊びだから、と思って仕方なく付き合っていたのですが
これが、まあ、よくぞここまで考えたわね!
ってくらい、怖さと面白さが入った大好評のお化け屋敷だったのです
遊んであげるつもりが、すっかり遊ばれてしまった大人たちでしたが
初対面の人たちも、妙な連帯感の生まれる面白い集まりとなりました

ほんと子どもの創造性って素晴らしい!
でも、これは集団のなせるパワーだと思うのです
3人、4人ぐらいだと、こういった
「みんなで何かやろう!」という遊びには発展しないんですね
6人以上になると、市販のゲームも人数オーバーになり出来ないので
自分たちで、何か工夫をしないといけない
そこで自分たちで考えるという事が、自然に備わってくるのかなって思います

子どもは大人までも、子ども時代に引き戻してくれる有難い存在なんですね
と、しみじみ思ったりして・・・



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集