子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
|
2015年 09月 30日 |
昨日はダンナさんの誕生日のサプライズパーティ
部屋中の天井に、こんなお飾りをしてみました
本人より、祝う側のほうが多いに楽しんだかも
a0137922_1037248.jpg
類は友を呼ぶ、という通り
パーティ好きのダンナさんには、どこに行ってもそういう友達ができ
息子は0歳のときから、人がうちに来て楽しんで帰る、
というのを見てきているせいか、おそらく、それが普通なんだと思っている節があります

今までなんで、友だちを家に動員したがるのだろうと不思議に思っていたんですが
昨日ふと、あぁ、そういう環境を私たちが作っていたんだ
ということに、初めて気が付いたのでした(笑)


今、近くに親戚は住んでいないのですが
昨日来ていた人たちは、息子が0歳の頃からの付き合いということもあり
「大きくなったねぇ、抱っこしてたのになぁ、、、」
なんて、すっかり親戚の集まりのような感じで
一緒に成長を喜んでくれます

核家族化が進む日本社会が懸念されていますが
血の繋がりがなくても、まわりの大人が子どもの成長を見守る、
という繋がりを築けるというのは、非常に嬉しいことだと思います

また、親以外で信頼できる大人がいる、ことは
とても大切なことだと思っています

先月、我が家に泊っていただいたランディーさん
息子が年長さんの頃からの付き合いで
沖縄に滞在中、息子と将来やりたいことについて話をされていたのですが
私も初めて聞くような息子の意思が、その会話の中から生まれ
とても興味深く感じました

息子はランディーさんをリスペクトしているため
聞かれたことに対して、表面的な言葉ではなく
自分の心の内に深く入り、ビジョンを確認しながらそれを表現していく中で
普段は言わないようなことまで、言葉となり
その過程において、彼自身も自分の意識を再確認できたように思います

これは親との会話ではなく、他の大人との会話だからこそ
成り立つものだと感じました

そもそもランディーさん自身が、そういうことに長けた方ということもありますが、、、
書籍も好評発売中です↓



前置きが、ずいぶん長くなりましたが
今日は、こちらの書籍を紹介するのがメインでした

「若い読者のための世界史(下)」も発売されています

どなたかが紹介していたので興味をもち、図書館で借りてみると
とっつきにくい歴史書かと思いきや
とんでもなく、子どもへの読み聞かせにバッチリな文体と内容だったのです

そもそも、日本の学校教育では
日本史はそれなりに時間をかけて行いますが
世界史となると、高校で選択しないかぎり
ペラ~ッと薄くやって、終わりではないですか?
でも、それでいいの?このグローバル化の時代にねぇ・・・ということで

息子は、日本史をかなり網羅しているので
その上で世界史の知識も入ると、
相乗効果でより学びが深くなるのではないかと思っていた時に
この本と出合いました

お薦め事項として、まず「読みやすい」のです
というのも、著者がイルゼという少女にささげたものであり
文章が、特定の人に対して語りかけるスタイルとなっています

これを、お父さんが子どもに読み聞かせしたら、かっこいいだろうなぁ
尊敬度がグ~ンとUPしそう

また、この本が制作されたのは、著者が25歳のときであり
その後、50年経たのちに、当時とは異なる歴史解釈について
あとがきとして追記している内容を読むことで
「歴史というのはそれを発信する人によって変化する」
ということを感じさせられます

結構なボリュームのある本なので
最初は目次をみて興味のあるトピックを拾ってもいいかも


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 23日 |
まだまだ連休中
昨日は、家族でスポーツとお風呂に行きたい、ということで
南城市のウェルネスリゾート沖縄休暇センター

その前に、新しくレストランを探索したくて
食堂アポロ」でランチ
海沿いに映える白い外観です


店内からは、海が一望できてゆったりと食事が楽しめます


ランチはパスタセットのみでしたが、3種類どれも美味しくて大満足♪
次回は、ディナーで来よっと


食べたら運動!
ウェルネスリゾート ユインチホテル南城に移動して
ダンナさんと息子はテニス
a0137922_1581721.jpg

が、まだまだ暑い沖縄
この日も31度(汗)
テニスのあと、グラウンドゴルフもやる予定を切り上げ、温泉へ

施設に併設している「さしき猿人の湯」は源泉かけ流しの天然温泉
いかにも体に良さそうな、茶色っぽい色をしています
高台に海に向かって建てられているので
眺めが素晴らしい
疲れを癒しすぎて、フニャフニャになりました063.gif


さて、今年の夏、北海道で開催されました
親子馬リトリートの編集が仕上がったので紹介します

画像:上から、子どもたちが写っている分までが、今年の写真です
    子どもたちの様子が、なんとも微笑ましい
⇒ http://www.being-spirited.com/photo.html

参加者さんの感想:馬セミナーの様子が一番わかるのは、やはり参加者さんの体験談でしょう
⇒ http://www.being-spirited.com/retreat.html

来年度は、7月中旬から8月中旬の間に
10日間×2回の開催予定です
つまり2グループが参加できるので、今までよりも広き門?

とはいえ、毎回募集を出すと一瞬で定員に達してしまいますので
気になる方は、今からチェック&お問い合わせくださいね



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 18日 |
息子が大学受験をするときは、新試験制度が実施されています
大学入試が変わるということは、それに連携して
高校の教育内容、そして中学の教育内容の変化も予想されます

ただ、公立の学校においては、そう簡単にはこの変化に対応するのは難しいでしょう
まず、指導者である教員から学びなおす必要がありますから

来年、息子が中学生になることから
学校情報を集めていく中で気が付いたのは
私立校に関しては、すでに2020年の教育改革に対応した
指導をおこなっているところが多くありました

公立の大学受験を意識し、画一化された指導要領とは異なり
私立はそれぞれ独自の教育理念を掲げていますが
大体は、学力+人間力を謳っています

新制度の大学入試は「覚える」から「考える」への方向転換を強調しており
答申案は、センター試験や個別試験のいずれも知識偏重で1点を争うテストから、
知識の活用力や思考力、主体性を評価する入試に転換するべきだとされています

センター試験は、「思考力・判断力・表現力」を評価する
「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に変わり
国語と理科など複数教科を合わせた問題や記述問題を導入
大きな変更点として、マークシートから記述式へと捉えるといいようです

また私立大学などの個別試験に関しては
筆記試験の点数ではなく、志望理由書や面接、プレゼンテーション能力、
集団討論、部活動の実績、資格試験の成績などを組みあわせて選抜するよう提言されており
英語に関してはTOEFLの活用も検討されています


正直なところ、この改訂案を見ると
高校から大学受験用の対策を講じていては間に合わないんじゃないか?
と思いました
特に、思考力、文章能力などは、それまで体験で培ってきたものが大きな力となります

学校で知識を習得するだけではなく、総合的な人間力を育む必要があるように思うのですが
そもそも、この大学入試制度が見直された背景には、企業側から
「勉強だけ出来る子はいらない。仕事の出来る人間を育成する教育をおこなっていただきたい」
という要請があったと聞いています

これから問題点も数多くでてくることかと思いますが
今まで、点数では計れないことから試験から省かれていた、
けれど社会で活動していく上で必要な力に、フォーカスが移ったということは
大きな前進であると思います


さて、先日、某受験塾で
「大学入試の激変について」の講座があったので参加してきました
その中で、入試とは関係のない余談で面白いものがあったので紹介します

ある情報を得たとき、半年後にどのくらい記憶されているか統計をとったところ

・聞いただけの知識の場合・・・5%しか記憶に残らなかった

・視覚的に得た知識の場合・・・10%が記憶に残った

・その情報を体験してみた場合・・・75%が記憶に残った

さて、ここで体験することによる定着率の良さがわかりますね
けれど、そうそう体験の場をつくることができない場合

・得た知識を人と話し合った場合・・・50%が記憶に残った

更に、

・得た知識を仲の良い人と話し合った場合・・・90%が記憶に残った

如何でしょう?

小さなころから、読み聞かせをおこない
対話式によってディスカッションをかさね
休日に、体験に結び付けるよう意識していくとしたら
育つ環境自体が、学びの場であり
それこそ、入試制度の変更など関係なく
人生を謳歌していける力を育んでいけるのでないでしょうか

(参考)
Dialogic Readingと呼ばれる対話形式の読み聞かせについて
⇒ http://lunday.typepad.jp/blog/2007/03/dialogic-readin.html


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 14日 |
暑さの中、運動会が終わりました
6年生の組体操↓
a0137922_1145581.jpg
息子の通う小学校は、那覇市の中でも敷地面積が広く
毎年、運動会の時はMy 日よけをご持参の方々がグル~ンと運動場を囲みます
a0137922_11475382.jpg
その数は数百も有り、まるでビーチサイドのよう

こういった行事も今年で最後かと思うと感無量です
みんな暑さの中、頑張りました!
a0137922_122286.jpg



夏休みが終わり、あれこれ本を乱読している中
なんとなく目がとまった、この本


「図鑑を使い倒そう」というテーマの本です
図鑑を揃えて終わるのではなく、こういった工夫が出来ますよ
と、非常に詳しく説明があり、今ひとつ図鑑を使いこなせていないご家庭には
ありがたい一冊ではないでしょうか

一般的に、女の子より男の子のほうが図鑑への興味が強いようですが
我が家も大の図鑑、専門書好き
初めて買った図鑑は、なぜか「鳥」だったけ

3歳ころだったと思うのですが、図鑑のおかげで
索引から該当情報を探すというしくみを学び
以来、「自分の疑問は図鑑が答えてくれる」と言わんばかりに
今にいたるまで、相当数使いこなしています

それは私が教えたわけではなく
本人が興味をもったことに便乗して
本を用意しただけ

けれど物語本とちがって、図鑑を閲覧するのが当たり前になると
親野智可等先生が述べていらっしゃるように
確かに、知的探求心が強くなるように思います

またさまざまな情報をストックしていく中で
自動的にフックをつけているようで
1つの情報に対し、それに関連した別の情報を自然に複数つなげて覚えていることから
普通に記憶するよりも、理解度が深く
応用力がUPするようです

これぞまさにチルドレン大学で実践した「知識のネットワーク化」

例えば、(そういう読み方をするのね)と思ったことに
昨年より歴史に興味が増し、人物を中心に色々本を読んでいた息子が
ある日、あるとき
「お母さん、藤原氏ってすごい!」
と興奮していました

藤原氏というと、平安中期頃の藤原道長・頼道などが有名で
そのころが全盛期とされていますが

「藤原一族って、藤原以外の名前で大勢いるんだよ!」

ということで、息子によると
ある人の系図が掲載されていたので、それをたどっていくと
イモヅル式に、有名どころの武将などがでてきたので
更につっこんで調べていくと、大化の改新から現代にいたるまで
ず~と藤原一族が、歴史の重要な地位にいるらしいのです

こういう風に、自分で発見したことって情報として残るだけでなく
その後の物の見方にも大きく影響を与えていくと思います
そして、更に学び方や物事の解釈の仕方なども変化していくのでしょうね

ただ、こういった感性は教え込んで育つものではありません
親に出来ることは、こういったことを意識しつつ環境を整えてあげることだけかな?


あれから、スクワット続けています!
今日は95回クリア(10日目)
すでにヒップ上に良い筋肉が出来てきました♪

「英語が読める人になる」も順調です
スマホで取組みができるので、外出中のスキマ時間も活用できます038.gif


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 07日 |
パイナップルとマンゴーに代わり
青いみかんとブドウが店頭に出回る季節

今日のジュースは、みかん、リンゴ、人参で
皮ごとジューサーにポイポイ入れていきます
a0137922_865123.jpg

1リットル弱のジュースの出来上がり
みかんの酸味がスッキリとして美味しいです♪
a0137922_88486.jpg

さて、英語の取組みと平行し
ネットでみつけた「30日スクワットチャレンジ」に取り組んで、今日で3日目
いちばん辛いのが3日目と聞いていたので、覚悟をしていたものの
2日目の筋肉痛のほうがひどかったので、今日はそれほどのダメージも無くいい感じ

30日スクワットチャレンジ」というのは
その名のとおり30日間スクワットを毎日おこなうというプログラム
初日は、50回からはじめ、1日ごとに5回ずつ増やしていきます
スクワットは、1日のうちで決めた回数をこなせばいいので
1回あたり5回でもOK
1日のトータル回数が目標に達すればいいのです

参考ビデオ:


初心者さんは10回からスタートするなど
自分の体力に合わせて、調整しましょう

学生の頃は、こういった単調なトレーニングが大嫌いでしたが
(部活でありますよね)
自分磨きとなると、これまた楽し

ご一緒にいかがですか?

(おまけ)
沖縄のお店ってネット情報が少ないので
こだわりの食材などを探すのに一苦労しますが
この本があると便利


野菜の購入場所や取り扱っているレストランなどの情報が掲載されています

↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 06日 |


9月に入り、私も重い腰を上げました
英語の絵本が読める人になる」の取組み開始です

制作中に、みっちり音声は聞いていたものの
実際に声を出すという、取組みはサッパリ出来ていないので
まずは、自分の現状チェックのため、練習を始まる前の音声を録音、
そして、Vol.1のコンテンツひととおりのトレーニングをしたあとの音声を録音しました

■ 練習前(プレイヤーが表示されないとき→練習前音声

■ 練習後(プレイヤーが表示されないとき→練習後音声


私の英語学習歴は、高校の授業が最後ですので
(しかも、かなり年配の日本人先生だった)
かれこれ30年ほど英語を人から教わる機会が無いまま、今に至ります

多読に興味を持って、読むことは結構やっていたのと
英語本.comの朗読音声を使って
絵本の読みをやってはいたのですが
日本人にありがちな「スピーキングは出来ない」という呪縛にかかって
声に出すということに抵抗を感じていました

けれど、今回、音声を録音してみて
「思っていたより、楽しい」
という、嬉しい発見が!

練習前の音声は、単語をつなげているような読みですが
練習後は、フレーズを意識して読むことが出来ました
なにより、非常に口がスムーズ
口の中の空間が広がったような感覚です

15分弱の練習で、自分でも実感できるほど成果が見えるというのが、いいですね
これなら、続けられそう


英語の絵本が読める人になる」は
マザーグースを使って、読みのトレーニングをする教材です
ここ数年、子どもの英語教育が必須となっていくなか
さまざまな英語教材が発売されていますが
それを、使いこなせている人は、はたしてどのくらいいるのでしょうか?

英語本では、日本語の絵本を読み聞かせするように
英語の絵本もお母さん自身の声で、読み聞かせすることを奨励しています

最近、話題のカナダ在住の天才児、大川翔さんも
英語の取得に「読み聞かせ」が大きな力となったと紹介されているように
CDやDVDではなく、人の声、それもお母さんの声には、
計り知れない力があると言われています

更に、読み聞かせをすることで、お母さん自身の前頭葉をも
活発に働かせる、という結果が出ています


取組みの時間が取れない忙しい方や
「英語が喋れると世界がもっと広がるだろうな」と思いつつも
なんとなく本腰を入れて勉強する気になれず
「いつか、そのうち・・・」
と思っている方に、この教材は非常に取組みやすいのではないかと思います

今後も、私の取組み状況をUPしていきますね
(と、自分にモチベーションをかける)


(番外編)
先日の記事の「植物が緑色の話」を息子にしてみると

「僕は、そういう風にあれこれ思考する人間の能力に興味があるんだよね。
人間だけが、今あるものを更に発展させ、向上させていこうとするでしょ?
人間っていうのは、どうして他の生き物と大きく違っちゃったのか、
どんな役目を持っているのか知りたいんだ。」

これに対する私の考えを喋りかけましたが
(それじゃ、いかん)と思い直し言葉を変えて

「そうねぇ、どうしてなんだろうね」

子どもが自らに課した課題に、親は口を挟むべからず・・・です




↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 01日 |
近所の道端に、サボテンが植えられていました
私の身長ほどもある立派なサボテン
いつも、通り道なのに、どうして今日まで気が付かなかったのかしら・・・
a0137922_14455640.jpg

数か月前に、非常に興味深いタイトルの記事に出会いました

植物が「緑色」であり続ける理由がわかった!
そして人間の生活システムの完成は「植物との完全な共生」にあるのかもしれないことも


※ この記事の内容は、あくまで書き手の推論ですので
実は、まったく事実とは異なるかもしれない・・・けれど
こういった、普段当たり前のように受け取り、見過ごしていることに対して
疑問をもち、あれこれ思考していくことは、とても面白い知的な遊びであると、私は思います


さて、上記の記事の内容をザクっとまとめますと


ほとんどの植物の菓っぱは緑色をしている
  ↓
葉は、光のエネルギーを取り入れて糖を生産(光合成)するが
緑色は、もっとも光合成の効率の悪い色である
  ↓
光で生きる植物が効率よく生きるためには、緑色ではない方がいいのに、
現実は植物はほぼすべてが緑なのは、なぜなのか?

  ↓
植物が光合成をする際、緑色の影響によりエネルギー効率が悪くなり
その 70パーセントが廃棄され、二酸化炭素(CO 2)、プロトン(H+)と電子(e - )に分解される
  ↓
植物が無駄にした廃棄物から、人間は「エネルギー(電気)」を取り出すことができる
  ↓
植物は、発電法を含めた「エネルギーの人間との共有」をスムーズに行う意味で、
緑「でなければならなかった」ということにもなり、また、植物の緑色は、
人間が食べてその体を維持するすべての栄養素が含まれている意味も含む
  ↓
植物の緑色という色は効率の悪い光合成のためには最適で、
「歴史の中で、いつかは人間がそこからエネルギーをとることができる」ことを植物か、
あるいは「誰か」がその時を待っていた
  ↓
「植物は人間と共生するために存在している」


と、述べられています


私たちは、感覚的に「緑」の必要性を知っています
緑にふれるとホっとする、リラックスできる
何故だか、体の中の余計なものが、排出されるような気がする
そういえば、このブログのデザインも、思いっきり「緑」(笑)

科学的な裏付けがなくても、感覚で知っていることは多々あるけれど
こうやって、たまには、その当たり前のことを
子どもとあれこれお喋りしながら、意味づけしていくと
更に面白い発見があるかもしれません

私は息子と、そういった話をするのが大好きで
運転中に夢中になりすぎて、道を間違えることが多々あり042.gif

昨今、子どもの能力を育むために親子の会話が重要視されていますが
お話の苦手なお母さんたちへのヒントととして、この本はお薦めです♪






↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集