子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
2015年 09月 07日 |
パイナップルとマンゴーに代わり
青いみかんとブドウが店頭に出回る季節

今日のジュースは、みかん、リンゴ、人参で
皮ごとジューサーにポイポイ入れていきます
a0137922_865123.jpg

1リットル弱のジュースの出来上がり
みかんの酸味がスッキリとして美味しいです♪
a0137922_88486.jpg

さて、英語の取組みと平行し
ネットでみつけた「30日スクワットチャレンジ」に取り組んで、今日で3日目
いちばん辛いのが3日目と聞いていたので、覚悟をしていたものの
2日目の筋肉痛のほうがひどかったので、今日はそれほどのダメージも無くいい感じ

30日スクワットチャレンジ」というのは
その名のとおり30日間スクワットを毎日おこなうというプログラム
初日は、50回からはじめ、1日ごとに5回ずつ増やしていきます
スクワットは、1日のうちで決めた回数をこなせばいいので
1回あたり5回でもOK
1日のトータル回数が目標に達すればいいのです

参考ビデオ:


初心者さんは10回からスタートするなど
自分の体力に合わせて、調整しましょう

学生の頃は、こういった単調なトレーニングが大嫌いでしたが
(部活でありますよね)
自分磨きとなると、これまた楽し

ご一緒にいかがですか?

(おまけ)
沖縄のお店ってネット情報が少ないので
こだわりの食材などを探すのに一苦労しますが
この本があると便利


野菜の購入場所や取り扱っているレストランなどの情報が掲載されています

↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 06日 |


9月に入り、私も重い腰を上げました
英語の絵本が読める人になる」の取組み開始です

制作中に、みっちり音声は聞いていたものの
実際に声を出すという、取組みはサッパリ出来ていないので
まずは、自分の現状チェックのため、練習を始まる前の音声を録音、
そして、Vol.1のコンテンツひととおりのトレーニングをしたあとの音声を録音しました

■ 練習前(プレイヤーが表示されないとき→練習前音声

■ 練習後(プレイヤーが表示されないとき→練習後音声


私の英語学習歴は、高校の授業が最後ですので
(しかも、かなり年配の日本人先生だった)
かれこれ30年ほど英語を人から教わる機会が無いまま、今に至ります

多読に興味を持って、読むことは結構やっていたのと
英語本.comの朗読音声を使って
絵本の読みをやってはいたのですが
日本人にありがちな「スピーキングは出来ない」という呪縛にかかって
声に出すということに抵抗を感じていました

けれど、今回、音声を録音してみて
「思っていたより、楽しい」
という、嬉しい発見が!

練習前の音声は、単語をつなげているような読みですが
練習後は、フレーズを意識して読むことが出来ました
なにより、非常に口がスムーズ
口の中の空間が広がったような感覚です

15分弱の練習で、自分でも実感できるほど成果が見えるというのが、いいですね
これなら、続けられそう


英語の絵本が読める人になる」は
マザーグースを使って、読みのトレーニングをする教材です
ここ数年、子どもの英語教育が必須となっていくなか
さまざまな英語教材が発売されていますが
それを、使いこなせている人は、はたしてどのくらいいるのでしょうか?

英語本では、日本語の絵本を読み聞かせするように
英語の絵本もお母さん自身の声で、読み聞かせすることを奨励しています

最近、話題のカナダ在住の天才児、大川翔さんも
英語の取得に「読み聞かせ」が大きな力となったと紹介されているように
CDやDVDではなく、人の声、それもお母さんの声には、
計り知れない力があると言われています

更に、読み聞かせをすることで、お母さん自身の前頭葉をも
活発に働かせる、という結果が出ています


取組みの時間が取れない忙しい方や
「英語が喋れると世界がもっと広がるだろうな」と思いつつも
なんとなく本腰を入れて勉強する気になれず
「いつか、そのうち・・・」
と思っている方に、この教材は非常に取組みやすいのではないかと思います

今後も、私の取組み状況をUPしていきますね
(と、自分にモチベーションをかける)


(番外編)
先日の記事の「植物が緑色の話」を息子にしてみると

「僕は、そういう風にあれこれ思考する人間の能力に興味があるんだよね。
人間だけが、今あるものを更に発展させ、向上させていこうとするでしょ?
人間っていうのは、どうして他の生き物と大きく違っちゃったのか、
どんな役目を持っているのか知りたいんだ。」

これに対する私の考えを喋りかけましたが
(それじゃ、いかん)と思い直し言葉を変えて

「そうねぇ、どうしてなんだろうね」

子どもが自らに課した課題に、親は口を挟むべからず・・・です




↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2015年 09月 01日 |
近所の道端に、サボテンが植えられていました
私の身長ほどもある立派なサボテン
いつも、通り道なのに、どうして今日まで気が付かなかったのかしら・・・
a0137922_14455640.jpg

数か月前に、非常に興味深いタイトルの記事に出会いました

植物が「緑色」であり続ける理由がわかった!
そして人間の生活システムの完成は「植物との完全な共生」にあるのかもしれないことも


※ この記事の内容は、あくまで書き手の推論ですので
実は、まったく事実とは異なるかもしれない・・・けれど
こういった、普段当たり前のように受け取り、見過ごしていることに対して
疑問をもち、あれこれ思考していくことは、とても面白い知的な遊びであると、私は思います


さて、上記の記事の内容をザクっとまとめますと


ほとんどの植物の菓っぱは緑色をしている
  ↓
葉は、光のエネルギーを取り入れて糖を生産(光合成)するが
緑色は、もっとも光合成の効率の悪い色である
  ↓
光で生きる植物が効率よく生きるためには、緑色ではない方がいいのに、
現実は植物はほぼすべてが緑なのは、なぜなのか?

  ↓
植物が光合成をする際、緑色の影響によりエネルギー効率が悪くなり
その 70パーセントが廃棄され、二酸化炭素(CO 2)、プロトン(H+)と電子(e - )に分解される
  ↓
植物が無駄にした廃棄物から、人間は「エネルギー(電気)」を取り出すことができる
  ↓
植物は、発電法を含めた「エネルギーの人間との共有」をスムーズに行う意味で、
緑「でなければならなかった」ということにもなり、また、植物の緑色は、
人間が食べてその体を維持するすべての栄養素が含まれている意味も含む
  ↓
植物の緑色という色は効率の悪い光合成のためには最適で、
「歴史の中で、いつかは人間がそこからエネルギーをとることができる」ことを植物か、
あるいは「誰か」がその時を待っていた
  ↓
「植物は人間と共生するために存在している」


と、述べられています


私たちは、感覚的に「緑」の必要性を知っています
緑にふれるとホっとする、リラックスできる
何故だか、体の中の余計なものが、排出されるような気がする
そういえば、このブログのデザインも、思いっきり「緑」(笑)

科学的な裏付けがなくても、感覚で知っていることは多々あるけれど
こうやって、たまには、その当たり前のことを
子どもとあれこれお喋りしながら、意味づけしていくと
更に面白い発見があるかもしれません

私は息子と、そういった話をするのが大好きで
運転中に夢中になりすぎて、道を間違えることが多々ありemoticon-0141-whew.gif

昨今、子どもの能力を育むために親子の会話が重要視されていますが
お話の苦手なお母さんたちへのヒントととして、この本はお薦めです♪






↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集