子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
タグ:アトリエ ( 9 ) タグの人気記事
|
2012年 05月 21日 |
先週のアトリエでの息子の作品です
いつもなら、絵画のときは絵のモデルとして何らかの対象物があるのですが
今回は、それが無く全て自分の頭の中のイメージで描いています


テーマは「人物」
描く前にピカソの作品を参考に、自由な構図や色を掲示されていたので
子どもたちの作品は、1人1人まるっきり違う表現がされていて
非常に味わい深い作品となっていました

子どもの作品を見ていると、そのときの心理状況が良くわかります
息子は青緑色が好きで、自分のテーマカラーのように使う傾向があるのですが
作品の中に青緑色の占める割合いが多いときは
世間をわずらわしく感じ、干渉されたくないという心理状況にあるようです

それとは対照的に、
普段使わないような色、たとえば、色を混ぜずに原色そのままの色が多いときは
まわりに気を使い、世間に自分を合わせようとしていたり
自分のこだわりを維持するのが面倒に感じ、適当に流しているような心理状況のようです

今回の作品のように、青緑が入りつつも他にも多様な色を使用し
それぞれが上手くバランスがとれているときは
自分の内と外との調和がとれ、心地よい状況であることがわかりますが
そういったときに活動したものは、本人も満足のいくものが作り出されるようで
制作後、自己肯定感が高まり、一皮むけたように他のことにも意欲的になっていました


昨日、アトリエ主催で和久洋三先生の講演会に出向き「創造活動」について
そして、子育てについて、また新たな視点を得ることが出来ました
講演会場で和久先生から、この息子の作品に対し素晴らしいコメントをいただき
思わず鼻の穴が広がってしまいましたが(笑)
他のお子さんの作品も本当に見事で、生きる力に輝いていて
講演の内容を見事に裏付けし立証しているため
作品をみているだけで、もう理屈はいらない!という感じでしたが
心に残った言葉と、私なりの解釈を紹介したいと思います


「人生の目的は?」と聞かれるとみなさんは、なんと答えますか?
私も若かりし頃は、色々理屈をこね考え込むことがありましたが、今はただシンプルに
「成長すること」と答えます

人は肉体的には自然と成長していきますが、同時に精神的な成長も望み、経済的な成長も望み
なぜか「今より、もっと!」という想いに駆り立てながら生きるようです
子どもたちの成長をみるとそれが良くわかります

「絵本で育まれる力 オフ会報告」の記事で想像力の重要性を書かせていただきましたが
「創造活動」(自分のやりたいことを創り出していく活動)を行うには「想像力」が必要不可欠となります
小さな子供は色んな事を知りたがります
大人からすると、どうでもいいことにも多大なエネルギーを使い
全身で色々なことを吸収していきます
そうやって集めた情報を、蓄積し関連させ統一し、自分のものとしていくのです

「子どもは自ら答えさがしをする」
と和久先生に教えていただきました
子どもはどんな活動にも、そこに自分なりの答えを見出そうと動いていると、
けれど、大人からの口出しが入ることで
「考えることが出来なくなる」
「相手に合わせようとする」
という現象がおこってしまいます

小学校になると、先生方から
「最近の子供たちは、失敗することを怖がり、積極性に欠ける」
ということをよく聞かされますが、小さな頃から大人からの干渉が入ってしまうと
そうなるのも、当たり前のことですよね

そして更に、学校教育では平均を求められます
秀でた部分を伸ばすのではなく、劣った部分の引き上げにフォーカスされます
こういった環境の中、子どもが自ら自由を獲得し
「生きている事は楽しい」
と実感のできる人生を歩ませてあげるには、就学までの家庭環境が非常に重要になってきます

長くなりますので、続きは別記事にします040.gif


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 03月 28日 |
a0137922_11294441.jpg
アトリエでのたくさんの積木の回
高~く積み上げたこの作品は、モン・サン=ミシェルをイメージしたもので
制作前に、資料を見て作りたい形を膨らませていました
a0137922_11302564.jpg

最後に海に見立てた木製ビーズを敷き詰め完成!

a0137922_1130732.jpg
このビーズが子供たちに大うけで、ずっとさわって遊んでいました

古から高い塔は”天に近い”ということから「信仰用」で「祈り」の対象となっていたようですが
昨今は、権威を象徴するものに変わってきておりその在り方はまるで「バベルの塔」を彷彿させるようで
「高かったらどうやねん!」とつっこみをいれたくなる私です

それに関連して昔から、私が疑問に思っていたことに
「人はどうして、今よりもっと!を求めるのか」
というのがあります

求めるものには限りが無いと同時に「今はまだ不十分である」という認識を伴うことから
何か満たされない虚無感を抱くと思うのです
もし、「今のままで100%完璧だ」と思えたなら、どれだけ満たされた心地になることでしょう

けれど、もし「今に満足」してしまったら、今以上の発展や可能性は閉ざされるわけで
そうすると「満たされない気持ち」のほうが健全なのかと思ったり


で、ですね

先日、実家へと高速道路を1時間走っていた時にふわ~!っと降りてきたイメージがあって
それが消えないうちに、言葉に表しておこうとこの記事を書いているわけですが(長い前ふりだ~)

話を整理すると
「今より、もっと」という気持ちは人の遺伝子に組み込まれた呪文のように
たえず私たちに、つきまとっているのですが

そこに「愛」があるか、無いかでまるっきり正反対のものになるのではないかと・・・

「愛のある成長」は発展し、豊かさをもたらします

けれど

「愛のない成長」は衰退し、崩壊していきます

親子関係、社会生活、政治、経済、技術・・・

全てのものに当てはまるように思いますがどうでしょう?
行為は同じでも、それに携わる人の想いひとつで結果は大きく変わってくるのです

人はそれぞれ、色んなテーマを持っていて、様々な活動をしていますが
求めるものをひとつの言葉に集約すると

「幸せになりたい」

ただ、それだけなんですよね



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2012年 01月 18日 |
学級閉鎖1日目

小学生になってから、友達と遊ぶことが多くなったので
1日中、息子と一緒というのは久しぶり
でも、子供が家にいるとどうして、こんなに自分の時間が無くなるのでしょう042.gif
幼児期の子育てを思い出すなぁ

しか~し、3日間も時間が無い無いといって終わりたくはないので
ひとまず1日の午前中は宿題(結構たっぷり出されている)と縄跳びの練習
そして午後からは冬休み用に材料を買っておいた「玉の道」を作ることにしました

「玉の道」とはクーゲルバーンとかスカリーノのようなビー玉を転がすレールで
うちにもありますが↓ たくさんあったほうが複雑な設計が出来て面白い、でも買うと高い

a0137922_9492482.jpg
以前アトリエで手作りのレールを使った活動があり簡単につくれそうだったので
ヒマなときに制作できるように材料を揃えていたのでした
材料の薄い板は100円ショップで購入

息子に作業手順を説明しあとはおまかせ
まず、そのままでは長すぎるのでサイズを計って印をつけます

a0137922_9495948.jpg
印の部分をカット
(木くずが出るのでベランダで作業)

a0137922_9502421.jpg
木工用ボントで貼り合わせ

a0137922_9504274.jpg
乾いたら完成!
材料費1,000円なり

a0137922_9513364.jpg
本日、早速組み立て中
どんなのが出来るかな?

a0137922_9521171.jpg



スポーツや勉強で大切なことは集中力だと思うのですが
興味のないことに対しては、たとえ大人でも集中することは出来ません
けれど、自然に集中できるときがあります
それは自分が「楽しい」と感じているかどうかの違いのようです

子供の頃に、「楽しい」と感じながら深くそのことに入り込む経験が多いほど
他の物事に関しても、切り替えが早く、集中力も高いと聞きます

そして「自分で出来た!」という体験の積み重ねが
新しい事にチャレンジする原動力になるのではないかと思うので
こういった突然のお休みは、色々なことに取り組めるチャンス!ですね^^

それは料理でもいいし、掃除でもいいし
子供の目線にたって、子供が自分で活動できるように配慮するだけで
楽しく、気持ち良く出来ると思います


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 12月 12日 |
a0137922_9291841.jpg
今月の積み木は巨大な山
もう1つ隣にも山があるのですがあまりに大きくて写真にすべて収めきれません

a0137922_92937100.jpg
随所にキャンドルを置ける場所の設置
水平になるように組むには少し構成を考えなくてはなりません
制作完了後に、点火!

a0137922_9295388.jpg
とても綺麗 038.gif

今年は節電などの影響もあって
クリスマスのイルミネーションが少ないようです
こんなキャンドルライトなら心も和んでいいですね


我が家は、小さな頃から子供のおもちゃにはこだわりがあって
かなり厳選して購入しています
「創意工夫できるもの」が私のポリシーで
遊び方が決まっていて子供の創造の余地のないものは却下
ゲーム機も一切購入していません

とはいえ息子の友達は100%携帯型ゲーム機を持っているので
うちに遊びに来るときも初めのうちは持ってきていましたが
我が家にゲーム機がないことを知ったお母さん方が
「SHOくんちにはゲームはもっていっちゃダメ」
というルールを作ってくださいました(ありがとうございます035.gif

彼らの遊び方を見ていると面白くて
ゲーム機時間が長い子は、ルールがはっきりわからない遊びはしたがらず
遊びを発展させていくのがちょっとニガテ
そのかわり、ボードゲームなどをすると、きちんとルールどおり仕切ってくれるので
スムーズにゲームが進みます

普段ゲーム機依存の低そうな子は
まず、外で遊びたがり(笑)
室内遊びでも、広告でボールを作ってゲームをしたり
ダンボールの箱で遊んだり
自分で創意工夫して遊べるものをみつけていきます
それぞれ個性が出ていてかわいいですね^^


いづれにしても「自分で考えられる力」というのは生きていくために必須なわけで
昔なら、いちいちそんな事を意識しなくても自然と身に付くものだったと思うのですが
あらためて世の中を眺めてみると非常に生活しやすく便利になっている上
親が子供かわいさに、あれこれ手出し口出ししてしまうことで
生きる力が弱くなってしまうのかも・・・


さて、日本各地で地震が多発していますね
気象現象ひとつにしても、今までの常識は通用しなくなってきています
私たち親も、”生きる”ということにしっかりアンテナをはり
臨機応変に環境を整える必要があるように感じます



058.gif 子どもの興味を伸ばす知恵が満載! チルドレン大学
   ただいまクリスマスキャンペーン中!



↓ 新カテゴリです!
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

にほんブログ村 教育ブログへ

2011年 08月 24日 |
a0137922_11172731.jpg
前回の集合積み木の作品です
作品テーマを子供たちに決めてもらったところ
「イルカ」ということになったそうです
口元から出ているように見える細長いのは魚たちなんですって
なるほど・・・

a0137922_1117569.jpg
↑これは、様々な形の木切れを好きなように組み合わせ生き物をつくるという課題
小さな子達はキリンが多かったのですが
小学生チームはじつにバラエティ豊かに、いろんな生き物を作っていました

うちの息子もそうですが、結構マニアで物知りの子が多く
名前を言われてもどんな生き物かわからないようなものまで
本当に良く知っていますし特徴を捉えているので
こういった作品になると、そういった力を存分に発揮してとても生き生きとしたものが多かったです

ジャスコなどの文具品コーナーに
工作用のいろんな形や大きさの木切れが売っていましたので
夏休みの自由課題用にどっちゃり買ってきました
今はいろんな工作キットが売られているので
あらかじめ決まった図面どおりに成形するのもいいのですが
パーツの元の形を活かして、別のものを作り上げるというのも
非常に楽しい活動になります(お手軽ですしね^^)

でも、その場合1つだけ押さえておきたいポイントがあります
アトリエ作品の写真をご覧になっていただくとわかるように
目はペイントではなく、丸い木製ビーズを使用すると
作品のデキがいまひとつでも、とても生き物らしく仕上がるのです038.gif

こういった活動があるから生き物の観察力がUPするのか
元々、観察力があるから作品作りもスムーズなのかはわかりませんが
相互作用はあるのではないかと思いますので
やりやすい形で、進めてみるといいのではないかと思います



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
2011年 07月 10日 |
久しぶりにアトリエの作品を紹介します
モザイクの活動(クリックすると拡大します)

a0137922_12381269.jpg
『線対称で配置する』というルールのもと
配色は子供たちにおまかせで制作しています
息子の作品はすぐに、わかりました
左から2つ目、青系の色味にまとめていますね

一番右の作品と真ん中の作品は、良く見てみると使用している色が異なるだけで構成はほぼ同じです
けれど、印象がまったく違いますね
更に、違うデザインのように見える息子の作品も正方形のモザイクだけを使用した構成で
前述の2作品と色使いが異なるだけ

同じ構成にもかかわらず作り手によって
こんなにも表現が変わってきます

※ここで使用しているモザイクは色板のことです
同じ形で様々な彩色のものがあります
(参考)三角の活動 ↓

a0137922_1952439.jpg

アトリエでは学校の授業と異なり子供たちが自由に表現できるような心配りをしてくださっていますが
それでも、終了時間は決まっているし、使える部屋のスペースも決まっているということから
指導されている先生は、もっと自由な場で活動はできないものかと
この夏休みに、アトリエ活動を合宿でしましょう、と企画してくださいました

広~い場所を借りて、そこで2泊3日寝泊りしつつ活動をしましょうということで
ピタゴラ装置のような玉の道をド~~ンと作れたり
自分が納得するまで制作をつづけたり
自分のイメージを好きなように好きなだけ創造することが出来る、
そんな環境を用意してくださるとのこと
聞いているだけで、私もワクワクしてきます^^

我が家は、幼少の頃からアートを楽しめるようにしてきましたが
それは自分の中で生まれたボンヤリとした感覚を鮮明にイメージ化し
表現できる力をつけてあげられたらいいなぁという思いがあったからです

それは、例えば音楽であったり、ダンスであったり、文章に書いたりなどの
他の手段でも可能だと思いますが
それらは表現方法の基礎を学ぶというところから始めなければならなかったりしますので
アートが一番、手軽でかつ幅広い表現を演出でき形として残せることから
非常に良いのではないかと思っています

あっ、脱線気味
想像力&創造力について書き出すと主題から外れますのでまた次回ということで・・・

話は戻りまして・・・そうそう、夏休み!
1年のうちで一番長い連休のこのとき
いつもの制限を無くして、自分の感覚で行動するということにチャレンジするのに最適です^^

我が家も、数日、時計に自分たちの生活を合わせるのではなく
体内時計に心を向けてみるとどんな生活になるか試してみようと思います
明るくなったら起きて、お腹がすいたら食事をして、暗くなったら眠る
時計はいっさい見ずに過ごしてみるのです
いつも寝ている寝室ではなく好きなところで寝てみるとか、
庭は無いから、家の中でテントを広げてみようかな
家でキャンプごっこというのも面白そう♪

自分の感覚に意識を向けると、なぜか普段なら目に止まらないような物に気づいたりします
感覚について、以前こんな記事を書きました
  ↓
『感覚で楽しむ春休み』
http://chirudai.exblog.jp/10637414/


さすがに夏は暑いので、↑こんなふうにブラブラ散歩は出来ませんが
早朝に出かけてもいいし、夕食後に散歩をしてもいいわけだし
いつもの『 こうしなければならない 』をひとつづつ外していくのも面白いだろうな~と思います



058.gif子どもの興味を伸ばす知恵が満載、おうちで学べるチルドレン大学はただいまキャンペーン中!



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
2011年 05月 30日 |
本題に入る前に先日参加したアトリエの集団積木の写真をば
a0137922_10214536.jpg
1つの作品は約6名の子供たちで制作しています
a0137922_10221673.jpg
広いホールに5つの積木作品が出来ました
どの作品も溢れんばかりのすごいエネルギーを放っています
a0137922_10383582.jpg
子供たちが制作をしている間
別室で和久先生の講義を聴かせていただきました
内容を集約すると
「子供には、美と調和を感じるDNAが組み込まれている
けれど大人が過干渉になることで、徐々にその能力が失われていく」

子育ての原点に立ち返るようなとても参考になる内容だったので
詳しくはまた後日まとめようと思っていますが
私は子供が生まれてから、”調和”とか”つながり”が非常に重要なキーワードと感じています

競争は孤独を生みます
そして孤独とは、世界が閉じた状態であり
たとえ物質的に存在していたとしても、無いものと同様
そんな人たちが増えていったとしたら、生活バランスが狂い
地球そのものもなくなるかもしれないと
かなり飛躍しすぎかもしれませんが、そんなことをイメージしてしまいました

実際、震災以後さまざまな人の意見を見聞きしてきましたが
流暢に体裁よく解説をしている人の、その中身といいますか
倫理観であるとか人間性が垣間見えることが多く
今までこんな人たちにまかせていたのか、と自分の無知を反省したものです

随分前に読んだマミ~の一番初期のブログ記事に
「ダースベーダーを育てない」というのがあるのですが
まさにそのとおりだと、あらためて実感しました

ダースベーダーを育てない:
一生懸命子供を教育しても、自分だけが競争に勝てばいいという心を
子供に知らず知らずに身につけさせてたとしたら・・ 
そのような子供が一人いるだけならまだしも、もし頭が良くてパワーがあって
でも人のことなどお構いなしの、自分勝手な人間を多くの人が育てていたとしたら
そんな世の中って怖いと思いませんか?
(ランディー由紀子さんのブログより)

つづきは >> http://lunday.typepad.jp/blog/2007/07/post_249d.html



話は少し戻りますが
”つながり”という事象は私にとって非常に興味深く
人生のテーマでもあります

”つながる”ことで、バラバラのものが1つにまとまっていきます
けれど、それは個になるのではなく、さまざまな要素とつながることで
より大きく、広がっていくことでもあるのです
統一されど、多様でもある
う~ん、やはり興味深い
まさに、この積木作品のようですね


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 20日 |
先日なぜか息子の友達と将来の夢の話になり、彼は

「大工になりたい」

と非常に地に足のついた夢を語ってくれました

「サンタクロースになりたい」という息子の夢とは違い(笑)
また、医者やら弁護士やらと背伸びをしたような夢でもなく
彼の本気度を感じ、嬉しくなるのと同時に
いつの間にか、この子達は小さな子供ではなく少年になっていて、
やがて青年になるんだなぁと実感させられました

私の父が大工であったこと
実家にはたくさんの建築雑誌があってそれがとても面白かったこと
そして建築家の安藤忠雄さんの本を見せながら
世界中からオファーがくる建築家がいることやらを話していると
彼の瞳がキラキラ輝き出しました

あぁ、息子ともこんな話が出来たなら・・・
なんで、サンタクロースなのよ

誰に聞いたのか忘れましたが男の子は、
幼稚園まではお母さん
小学生はお父さん
そして中学生からは父親以外の信頼できる男性の話し相手がいると良いそうです

子供の夢は勝手に成長していくものではなく
まわりの人たちに見守られながら強く大きくなっていくのかもしれませんね

-------------------------------------------------------------------------

この間のアトリエは「春巻き」作り!!
それも、皮から手作りしたんですって
いつもながら先生お見事です038.gif
美味しかったわ~(←食べただけの人)

a0137922_14124548.jpg
ついでにその前のお料理写真も出てきたので掲載
これは「お煎餅」です

a0137922_1413831.jpg
粉を練って形を作るというところからの手作り
味を決める素材がいろいろ用意されていて
それを子供が生地に練りこんだり、トッピングしたりとアレンジして作っています
トッピングには、ゴマ、しょうゆ、ザラメ、カレー粉、桜えびの粉末、青のり、塩・・・

普段、出来上がった状態でしか目にしないものを一から手作りすると
作ってくれている人の工夫や努力がわかり食に対する意識が変わるようです

椎茸が大キライな息子も
この日は、ペロリと春巻きを完食

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 03月 31日 |
a0137922_9185933.jpg

例年とは異なる雰囲気の春休みとなっていますが
みなさまはいかがお過ごしですか?

我が家は午前中は家の中で過ごし
お昼御飯を食べてから友達の家に遊びに行ったり公園にあつまったり
といった感じです


久しぶりにアトリエの活動を紹介させていただきますね

上の写真は版画になります
マニアックな見た目ですが(笑)、とても簡単に制作出来ます

まず、ダンボールをバラバラにしたものとか
厚紙を切り抜いたものとか
色んな形、表面がデコボコしたものをあつめます

それを画用紙に好きなように貼りつけ
黒の絵の具を、貼りつけた素材にだけ塗ります

別の白い画用紙をその上にのせスリスリして黒絵具をうつします
黒の絵具が乾いたら、好きな色で彩色します

1つの作品をつくるまでに、切ったり貼ったり塗ったりと
色々な作業が入るので、とても良い刺激になると思います^^

-------------------------------------------------------------

市の広報に東日本大震災についての記事がありました
その中で、地震発生当日の夜に
市の消防隊の方5名が緊急消防援助隊大阪隊に参加し
即時、被災地の支援に向かっていたと知りました

その後も隊員を入れ替えながら作業を続けられているそうですが
私がアタフタとTVを見ているときに
身近で既に救済活動をされている方々がいたことを知り
自分の無知を恥ずかしく思いつつ、心強さを感じました

ついでに、
思わず笑ってしまった記事
「大阪市バスがかっこよすぎると話題に」
>> http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1365.html




にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集