子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
タグ:チルドレン大学 ( 8 ) タグの人気記事
|
2014年 12月 15日 |
おるたの建設部で、火山づくり
a0137922_12525797.jpg
台をつくってセメントを塗っていきます
乾いたら色を塗って、噴火の様子を再現できるように
真ん中に仕込みをします
どうすれば噴火っぽく見えるか、子どもたちでアイデアを模索中
a0137922_12483139.jpg
息子の案でラムネとコーラで噴出の実験をしてみたところ
期待以上にお粗末で、そのあまりのショボさに
みんなでお笑いしたとか

ま、失敗も多いけれど
こういった創造力を自由に発揮できる場所ってとても大切だと思います

気が付くと、もうかれこれ6年以上もブログを綴っているわけですが
昔のブログを読むと、まるで違う人が書いたもののように
新鮮に感じるときがあります
そのうちの1つを紹介しますね

(4年前の記事)

かつて私は科学は学問上のものであって
自分には関係のない事と思っていましたが
息子が生まれ、彼と日常の風景に意識を向けていく中で
私たちの世界そのものが科学なんだと気が付いたのです

いつも目にしている風景、そして私たち自身の中にも
科学の概念は存在するのです

息子が0歳から幼稚園に入るまで
毎日毎日、長時間さんぽに出かけました
通る道は大体同じだったので
空の風景、道端の花の様子、季節ごとに変化する木々など
いつもいつも同じ話をしていたように思います

空があって雲があって、
それはいつもと変わらない風景ですが

「今日の雲は甘くて暖かな感じだね」
「今日のお空は笑っているような青だね」

息子は喋れるようになると、
いろんな表現で私を楽しませてくれるようになりました
月が出たといっては眺め、夕焼けの色に大騒ぎし
そんな中で、いろんな疑問をもつようになっていったのです

「空はどこまで空なの?」
「水は透明なのにどうして見えるの?」

こんな質問を聞くたびに
子供は誰しも生まれながらの科学者なんだな、と感じるのです

ここ数年、科学離れを改善しようと
面白い科学実験イベントなどが多くなってきましたが
そういった準備されたものから学ぶよりも
自分が今までもっていた疑問の答えが
科学の概念を知ることでつながり
さらに深く理解できるようになるのではないかと思うのです

そして、もし乳幼児期にまるっきり自然から切り離された生活を送っていたとしたら
物事を観察したり発見したり
そして知るということが楽しいと感じられるのかどうか?
合成のものばかりの食事が健康を損なうように
自然からかけ離れた環境は本来の成長を歪めてしまうのではないか、と懸念します


さて最後に、少し科学本のご紹介をば
息子が年長さんのときに読んだシリーズ

いのちのはじまり
柳澤 桂子 朝倉 まり
400115286X

「お母さんが話してくれた生命の歴史」という4冊シリーズ
わかりやすいイラストで、やわらかな文章ですが
じつにキッチリ解説してくれています
中でも1と4冊目はおすすめです^^

こちらは、おなじみのかこさとしさん

大きな大きなせかい―ヒトから惑星・銀河・宇宙まで
かこ さとし
4034372109

この本を借りるときは
「小さな小さなせかい」もぜひ一緒に見てくださいね
チルドレン大学のVol.26の学びの補足資料にピッタンコだと思います


emoticon-0157-sun.gif家庭で出来る総合教育チルドレン大学は、ただいまクリスマスキャンペーン実施中
 ⇒ http://www.eigobon.com/childrensuniversity/2014xmas


↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2014年 06月 20日 |
a0137922_12393719.jpg
最近、買ったハイビスカスが咲き出しました

もう少しで、梅雨明けになりそうな沖縄ですが
ふと気づくと、来月から夏休みがスタート
子どもと何をしようかリサーチ中の私です

沖縄に来られる方も多いと思いますのでお気に入りの情報誌を紹介します
まずはこちら
「じゃらん沖縄2014」

「大人女子」のサブタイトルどおり、お洒落に情報がまとまっていて
旅心をくすぐられます

普通の情報誌に更に追加するなら
「旅ウォーカー夏」

こちらはアクティビティを中心の情報誌です

昨年は、実家のほうにかかりきりだったので、あまり夏を満喫できませんでしたが
チルドレン大学のお友達家族とコテージを借りて、沖縄の北部を散策したり
a0137922_13142950.jpg

馬と海遊びをしたり(ヨナグニウマなので小柄)
a0137922_13155132.jpg
アルバムを振り返ると、他にもあれこれ精力的に動いていました(笑)

ある程度、同じ価値感であったり、教育のビジョンを持ったお母さんたちとの出会いというのは
日常の中では限られてくるのですが、その点、チル大受講生という共通の学びを経た方たちとのお話は
本当に同じ学校に通っていたかのような近さがあって、話がつきません
今年もどなたか、いらっしゃいますか~?


チルドレン大学とは?

オンラインで学ぶお母さんのための教材です
ただ今、夏のチャレンジキャンペーン開催中

キャンペーンサイトはこちら
⇒ http://eigobon.com/childrensuniversity/2014summer.html





↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2013年 12月 14日 |
今まで使ってきたツリーが、ずいぶんボロボロになったので
ど~んと180センチのツリーを新調しました~!
近所のお友達と飾りつけ

a0137922_20594465.jpg
めずらしく家族全員の意見が一致し
オーナメントはゴールドで統一

a0137922_2101417.jpg

a0137922_2292695.gif
あっ!
電飾を忘れていた、買い足さねば・・・

息子が友達とクリスマス会をしたいというのでOKを出したら
「23人くるって♪」
うわ・・・多すぎ・・・emoticon-0141-whew.gif


12月ということで、毎年恒例の英語本のクリスマスキャンペーンがスタートしています
今回、めったにキャンペーンに登場しない
「ママ英語専門学校」の割引きもあります



最近はAmazonのおかげか英語育児の影響か
英語の絵本が手に入りやすくなりましたが
和書と異なり図書館での取り扱いが少ないことから
どうせ購入するなら、子どもが読んでくれそうな本をセレクトしたい!と思ったり
購入しても、子どもがサッパリ興味を示してくれなくてがっかりなんてことありますよね

そこで、英語に限らず、絵本自体を親子で楽しめるようなアレンジを
お母さん自身が出来たら良いと思いませんか?

という点にフォーカスして制作されたのがママ英語専門学校なんです
専門学校といっても実際に通学するのではなく
ネットを利用して自宅で学習するIT教材になります

特徴として、

・ 忙しいママでも、英語が苦手なママでも、「ママが子どもに家庭で自分の手で英語を教える」ことが可能になるオンライン講座です。

・ 下調べや準備は一切必要なく、発音も訳も音声もアクティビティも全て揃っていますので、後は「やるだけ。

・ 単に英語を学ぶだけではなく、 チルドレン大学の「ネットワーク教育」や「知識のネットワーク化」をカリキュラム中で体感していただき、 ママとお子さん共に、「知力」や「クリティカル・シンキング力」を養っていただくことを目的としています。


特に、チルドレン大学の特徴でもある「知識のネットワーク化」については
英語絵本をもとに、様々な広げ方を提示しているので、取組んでいくうちに
かなり力がつくのではないでしょうか

来週の英語本からのメルマガには、私の過去の記事を紹介させていただきますので
どうぞお楽しみに~♪







↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


2012年 10月 05日 |
うわ~、バタバタの日々です
みなさんお元気ですか?

ちょうど台風17号が沖縄接近の前後、大阪から友人たちがやってきていたので
稀に見る爆風を、みんなで楽しく(ヒヤヒヤしながら)体験できました

30日は風もおさまり良いお天気になりましたが
観光名所は停電で休業のところばかり
ドライブがてら「くるくま」に行ってみましたが、休業中
でも、せっかくだからとバルコニー席のほうで休憩させていただけました
ここは、ホント眺めがいい

a0137922_11302619.jpg


ついでに、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁうたき)へ

a0137922_11313870.jpg

この岩の下のエネルギーはすごいんです
霊感の強い友人は
「指からバンバン放射が出る~」
と(いったい何が出るのかよくわかりませんが?)
ともかく、澄んだ心地の良いエネルギーなので癒されます


さてさて、話はガラリと変わり
Mixiのほうでチル大ママさんと個人的にやりとりをしていたのですが
一度、ゆんたくしましょう~ということで我が家に集まることになりました

ひとまず初回は、チル大のママさんメンバーの集まりということで
Mixiにイベントを立てちゃいました
参加・詳細はこちらからどうぞ↓
http://mixi.jp/view_event.pl?id=71733166&comment_count=3&comm_id=2999855

-----------------------------------------------------

最近のビックリ発言:

これまでにも、面白い名言の数々を残してくれた息子くん
久しぶりに出ました!
先日、急に真剣な口調で

「この先、日本はどう動いていくんだろうね」

たしかに尖閣諸島やら、政治や経済もごちゃごちゃの状況なので
(おぬし、なかなかよく世間を見ておるな)
とホクホクしていたら

「僕はね、全部の島がくっついて一つになると思うんだ」
(は?)
「日本には4千もの島があるけど、それがだんだんくっついていくわけ」

母は哲学的な話かと思ってたんですが、物理的な大陸移動の話だったわけですねemoticon-0141-whew.gif
子どもの目線って面白いわ



↓ ポチっとemoticon-0134-bear.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2011年 12月 05日 |
a0137922_10414513.jpg

先月から小学校で九九がはじまりました
授業がはじまるまでに、覚えとくとラクでいい!というのが一般論ですが
なぜか、私はその気がまったくおこらず、真っさらの状態で九九にいどむこととなりました
さて、どうなるかと思いきや

「九九おもしろい!最高~♪」

やたら気に入っています
で、あっという間に覚えてしまいました
昨日なんて、壁に貼ってある九九の表を見ながら
「すご~い!これ知ってた?」
と9の段を指さし
「答えが並んでるemoticon-0144-nod.gif
  9×1= 9
  9×2=18
  9×3=27
  9×4=36
  9×5=45
  9×6=54
  9×7=63
  9×8=72
  9×9=81
        ↑
(つまり下1ケタが9から1の降順になっていて、さらに10の位が1から8の昇順なのです)

他に法則はないかと、しげしげと探索していました
素数の表を壁に貼ったらどんな反応をするかしら

息子は、打てば響くような優等生タイプではなく
まったりじんわり考えるほうなので理数系ではないように感じますが
意外に数字が好きなようで、例えば読み方のわからない漢字でも
パっとみて何画かわかるという特技があります
ついでに読み方も入っていれば凄いのですがそうは上手くいかないようですemoticon-0126-nerd.gif

けれど彼が数字に興味があり自分なりにあれこれ計算して遊ぶのは
小さい頃からの働きかけが大きく影響していると思うのです
というのも幼少期、私はそれなりに教育熱心であったので
階段を降りるときは数えながらとか、目に付く身の回りのものの数を数えていましたし
買い物をするときは、お釣りがいくらなのかレジより早く答えるゲームをしたり
お風呂に入りながら、2飛び、3飛び、5飛び、10飛び、
などやっていましたので、九九がすんなり覚えられる下地が出来ていたのだと思います

そういったことを本人はまったく覚えていなかったようで
すいすい九九が覚えられることに気持ち良さを感じたんですって

以前にも記事に書いたと思いますが、単位とかも日常のなかで簡単に覚えられます
例えば車で移動するときは距離と速度で遊ぶことが多く
「神戸まで10Km」という表示がでると「何メートルかな?」とか
「時速10キロだとどのくらいの時間でつく?」とか
速度の計算は車のスピードを表す時速の説明をしておくと、すんなり理解できるようです

つまり子供の特性は毎日の生活からの影響が非常に大きいのですが
さすがに小学生になると自分の好みで取捨選択していきますので
就学前の時期に子供の目線に応じた働きかけを意識されることが大切ですね


もし今、私に小さい子供がいたら何をしているかなと考えてみましたが
ぐるっと考えて、やはり息子と同じようなことをするだろうと

震災以後、大きく世の中が変化していますので
これからの教育指針を見定める情報源としてあれこれ書籍やネットを探ってみましたが
それを乳幼児期の子供におとしこんでいくと
結局は私も学んだチルドレン大学で取り組んだものになるんですよね
受講しているときは、それほど深くはわからなかったのですが
子供が成長するにつけ、ホームベースのようにそこに行きつ戻りつ学んでいます

ご興味のあるかたは12月は4周年記念キャンペーンが26日まで開催されていますので
キャンペーンサイトを覗いてみてください
こちら⇒http://www.eigobon.com/childrensuniversity/2011huyu.html


我が家の受講記録はこちらになります
http://chirudai.exblog.jp/8485070/



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
2011年 07月 01日 |
a0137922_12334968.jpg

Amazonから本が届くのを待ってから紹介をしようと思っていたのですが
つい待ちきれずに記事を書いてしまいました

7月1日、待望のマミ~ことランディー由紀子さんの著書が初出版となりました♪

と言っても

マミ~には、随分前から出版のお誘いが幾度もありながらも
『いかに買わせるか』 という出版社サイドと意見が合わずお断りをされていたんです

ですので今回、発売となりました 『子育ての魔法の杖』
『釣った魚を売るのではなく、ママたちが自分で魚を釣れるようになるためのお手伝いをする』
という、マミ~の美学がこめられています
ブログとは、また違った紙面からのエネルギーを手元に置いてじっくり味わえるのも嬉しいですね


目次:

1.「批判的思考」のススメ
2.早期教育は子どもの心を壊す?
3.大統領首席補佐官を育てた早期教育
4.子育ての「魔法の杖」とは?
5.私たちは見たいものしか見ていない
6.人生を支えるイメージの力と「読み聞かせ」
7.強く思う心がすべてを可能にする
8.親が幸福じゃないのに、子どもを幸福にできますか?
9.帝王教育とはイメージする能力を養うこと
10.目先の成果ではなく「未知」を待って!
11.ルーツをしっかり持ちながら世界を見る
12.英語教育において大事なのは、まず母国語です
13.子どもの自己効力感」が”そこそこのライン”を超える
14.秘訣はビジョン
15.奇跡はもう起きている
16.人間として生きている
17.共生する社会へ向けて愛を選ぶということ

『変えなきゃいけないのは、
私たち大人の物の見方なのです』

    - 優れた子どもを育てる「魔法の杖」とは、本の読み聞かせ?英語教育?それとも・・・



それとも、何なのでしょう?(気になりますね~)
ブログのほうでザックリとは読んでいますが(出版企画が出る前は無料公開をしていました)
書籍化するにあたり、内容の変更、加筆をされたそうです

マミ~の文章は一見サラっとしていて読みやすいのですが
私は、最低でも3回は読み返さないと把握できず
更にそのときの自分の状況によって、吸収できるものが変わってきますから
読むたびごとに学べるものがガラリと変わってくる不思議な文章です

ですので同じ文章を読んでも
とても深く共感する方もいれば
読みづらくてわかりにくいという方もいたり
かと思えば、とても面白くて大好きという方や
なんだか、悲しくなったり、腹立たしく思ったり

まるで鏡のようだなって感じます

このブログでも書いてきましたが、3月の震災後
世の中の価値観が大きく変化していきました
そして未来に心を向けたとき、それを担う子供たちの教育にも意識的変化が起こってきています

まだ混沌として何とも定まりようのない不安定な中
私はずっと以前からランディー由紀子さんがメッセージし続けてくれたことを思い出し
自分が今やるべきことがハッキリとしてきました

それを、言葉で説明するのは非常に難しい
・・・いえ不可能だと思いますが
もし、同じような状況の方がいらしたら
『子育ての魔法の杖』の中に流れるエネルギーが気づきへのきっかけとなるかもしれません

子育ての魔法の杖 奇跡はもう起きている!21世紀の早期教育
ランディー 由紀子
子育ての魔法の杖



では最後にお知らせです

英語本.comではマミ~の子育てメソッドを実践したい!という方のために 『チルドレン大学』
また、英語絵本を使用して考える力を育てる 『ママ英語専門学校』 を提供させていただいています

『子育ての魔法の杖』 をお読みいただくことで、また違った角度からの学びが得られ
受講生の方々のお役に立つのではないかということから
出版記念プレゼント企画を開催することにしましたemoticon-0139-bow.gif


7月1日から31日までの期間中に
チルドレン大学もしくはママ英語専門学校をご購入の皆さまへ
『子育ての魔法の杖』 をプレゼントさせていただきます♪

さらにキャンペーン期間中は特別価格にてのご提供ということで
詳細は専用サイトでご確認くださいね
  ↓ ↓ ↓
(出版記念キャンペーンサイト)
 http://www.eigobon.com/childrensuniversity/20110701kinen.html



にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村
2011年 04月 28日 |
a0137922_8432258.jpg
久しぶりにアトリエ活動の報告をば
この日は”くむくむ”を使った巨大コリントゲームを作成しました
ゴールが5か所あり、入った場所によって1~5点が持ち点となり
加算していって得点の多い人が優勝!という計算ゲームも取り入れていました

a0137922_8434784.jpg
”くむくむ”ならではの面白い仕掛けが満載で
ボールのコースがどんどん変わっていったり
穴にはまってアウトになったり・・・
私も3回やらせてもらいましたがゴールできたのは1回だけでした(笑)

-------------------------------------------------------------------------

さて最近、親子でこの地図帳にハマっています

絵でわかる世界大地図
コリン セール
4777050580

一見すると、よくありがちな絵地図なのですが
じっくり見ていくと

面白い!!!!

イラストが多くとても良いデザイン構成なので
最初はそのイラスト情報だけを見ていっていたのですが
この四角ワクの存在に気づき↓

a0137922_944769.jpg
そこから、パラパラ見からじっくり熱中読みに変化emoticon-0126-nerd.gif
この四角ワクは3種類ありまして

① 「もう1度見てみよう」の枠
  そのページ情報に沿った質問が書かれています
  結構マニアな内容なので、それに解答するために
  再度じっくり地図を見ていく流れになります

② 「驚きの事実」の枠
  地図上の地域について、まさに驚きの情報が載っています
  たとえば
  ”世界中の人がくっついて立ったら、全員がジャマイカ島に乗れるでしょう”

  え~、ほんまですか!?

  息子とジャマイカを地図で確認しつつ
  「いやぁ、ここにはムリじゃない?」としばし討論
  他にもびっくりが満載です

③ 「実習課題」の枠
  私がいちばん気に入った&ふつう地図帳には絶対ない情報です
  地域性に沿った、実験や工作の課題が載っているのですが・・・
  これまたマニアック

  たとえば”ラスコーの洞窟壁画”を作ってみようという課題
  紙袋を用意し、ノリと砂を混ぜて紙袋全体に塗り乾かしておき
  その間に、3、4種類の色の異なる土をあつめ、ノリを混ぜて土の絵の具を作り
  ラスコーの洞窟壁画のように描いてみよう
(この解説は要約しています)

  とか、厚紙で織り機をつくって伝統の織物をつくろうとか
  火山をつくろうとか、サーミ族のテントをつくろうとか
  いやぁ、素晴らしい
  モアイ像をつくろうという課題では金物屋でプラスターとバーミキュライトを買ってきて
  素材づくりから始まります

  本物に近い形に1から手作りするというのが面白いし
  実験用の本とちがってその地域情報などの背景も合わせて得られるので
  知識のネットワーク化が出来ますね


また地図帳は情報を距離感を持って確認できるのが良い点と思います
先日、ORTを読んでいてキッパーたちがイギリスからフランスまで
電車だけで旅行するという話がありました
地図でイギリスとフランスを見ていて
「どうやって電車で海を渡ったの?」という疑問を息子が持ち
海峡トンネルの存在を知りました

まぁ、たわいのないことですが1つのことからどんどん他につなげていくと
情報が整理され、深く&広く、ひろがって子供の興味心を上手くひきだしていけるように思います

こういった流れはチルドレン大学のコンテンツに散りばめられていましたね
ああいった学びの形は幼児期には目にみえにくいかもしれませんが
いつしか小学生になり、非常に大切なものだったとあらためて実感しています
ずいぶん前に受講されうまく受講が続かなかった方がいらっしゃいましたら
今一度、目を通されることをおすすめします
子供の年齢によって受け止め方がかなり変化することに気が付くと思いますので

4月から開始しましたチルドレン大学のキャンペーンは今月で終了します
明後日(30日)までとなります

(キャンペーンサイト)
http://www.eigobon.com/childrensuniversity/2011haru-new.html

チルドレン大学の内容およびご質問などはこちらをご参照ください
>> http://chirudai.exblog.jp/8485070/


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 04月 08日 |
グリーンピース・ジャパンのサイトで行われている署名活動を紹介します

「枝野さん、安全な電気がほしいです」

いま、日本が目標としている「エネルギー基本計画」は、昨年6月に政府がゴーサイン(閣議決定)を出し

「原発を2020年までに9基、2030年までに最低14基新しくつくる」
= つまり、これから2020年まで、1年間に1基の新しい原発をつくることになっています。

日本のエネルギーは、原発がなくてもだいじょうぶです。
太陽の光や、風は、きょうも無限に私たちの目の前にあります。
必要な技術もあります。

足りないのは政府の決断とリーダーシップだけ。

見直しを考えている政府が、本当に基本計画を見直してくれるように。
もう原子力発電に頼るのはやめます、と言ってくれるように。

「枝野さん、安全な電気がほしいです」――あなたの声を届けませんか?
オンライン署名は4月24日まで募集中。
>> 詳細&署名はこちらから(グリーンピース・ジャパンサイトへ)

 (↑ここまでの文章はグリーンピース・ジャパンサイトから引用させていただきました)

上記サイトで配布されている資料(PDF)
「エネルギー[r]eボリューション」は様々なデータがきちんとまとまっており
非常に参考になります
現在、多くの情報が錯綜しています
今まで以上に取捨選択力を発揮し
自分はどうしたいのか考え行動していきませんか?

-----------------------------------------------------------------------

私は英語本.comのスタッフをしています
毎年、3月~4月はチルドレン大学という子育て中のお母さんのためのオンライン講座の
入校キャンペーンをさせていただいていますが
今年は震災による影響を考え自粛させていただいていました

ところが先日、受講希望者の方から
>先日大震災があり、
 「自分のためにお金を使うより、それをそっくり寄付するべきか?」と
 迷っていましたが、これからを生き、日本を作っていく子供たちに
 私が学ぶことで与えられるものがあるのでは、と思い、決心しました

といったご連絡をいただき、やるべきことに立ち返ることにしました

現在、復興や原発、経済など多くの課題がもちあがっていますが
家庭における母の役割は、
まずは未来を担う子供を育て教育をおこなうこと、
そのお手伝いをしたいと長年、英語本.comは活動を続けています

今までの環境とはがらりとかわってしまい
何か不安な落ち着かない心地の方が多くいらっしゃるとききます
チルドレン大学は「子育てにおける心の在り方を学ぶ」ということが大きなテーマとなっています
この教材が何らかの形でお役に立てるのではないかということで
被災された方へは、無料で提供させていただくことにしました

無料提供についてのお問い合わせ&お申し込みは
スタッフにメールでご連絡くださいね
 tamakokko▲yahoo.co.jp 担当:石井
 (※メールアドレスの▲は@に変えて送信願います)


また、通常の春のキャンペーンも
4月30日(土)までおこなうことにしましたのでご利用ください
(キャンペーンサイト)
http://www.eigobon.com/childrensuniversity/2011haru-new.html

チルドレン大学の内容およびご質問などはこちらをご参照ください
>> http://chirudai.exblog.jp/8485070/



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集