子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
|
2013年 05月 02日 |
ポートライナーから見た神戸
a0137922_15192695.jpg
GWの前半は私の実家のある兵庫県に行ってきました
いつも伊丹空港を使っていましたが、大阪に用事はなかったので
はじめて神戸空港を利用

こじんまりとしつつも新しいので非常に設備の整った良い空港です
ちなみにこの時期、ANA、JALを利用すると那覇―大阪間は往復で1人5万円ほどですが
那覇―神戸間スカイマーク利用だと半額の2万2千円
ついでに、那覇―関西空港間ジェットスター利用だと往復でなんと、1万4千円でした!
(※ジェットスターは日によって運賃はかなり変動します)

三宮(神戸の中心)でランチをしつつ、町並みを眺めていると
学生時代の思い出がグワ~っと蘇ってきます
私は就職してから大阪暮らしだったのですが
やはり大阪と神戸では、まるっきりセンスが異なるため
大阪に移ってからも神戸までしょっちゅう買い物にきていました

沖縄に移ってから、こうやって神戸の街を歩くと
より鮮明にその違いをクッキリと感じてしまいます

同じようなことが実家に行ってからもありました
まず最初に山の緑に目が釘付けに!
年に数回、毎年実家には帰っていたのに
なぜか沖縄から移動したこの日は、自然の風景の違いがハッキリとわかりました
葉っぱの色、木の形、山の形、空気の匂い
まるで、はじめてそれらを目にするがごとく
あらゆるものの特徴が目に飛びこんでくるのです

海外に住むと日本のことがよりわかるようになる、という話を聞きますが
それに似たような感覚かもしれませんね


今回の帰省で衝撃だったことが、もう1つ
私の実家はバスも通わないほどの超田舎であります
田園の広がるのどかな山間の村で、近所づきあいやら
村の決まりごとやら、やたら人目を気にしないといけない日本的な村なんです

で、ある日の夕方のこと
お寺さんがお仏壇にお経を唱えに来られ
その後、母と世間話をして帰っていかれたのですが
「住職さん、もうすぐ結婚式があるのよ」と母
(えっ? でも、、、そんなに若くはなさそうだったけど??)
「お子さんの結婚式?」
「本人よ、56歳なのにねぇ」
(どひゃ!)
「相手の人も50代で...」
「2回目?」
「それが、2人とも初婚」
(ひえ~~!!)
そうか、そういうのもありなのか
そのあと母によって住職さんの意外な人物像が判明したのですが、これが面白くて
どうも寺で説法をしているだけでは、人が集まらないということで
自ら楽器(たしかギターかウクレレ)を演奏し、他にもミュージシャンを呼んだりと
さまざまなイベントを企画するとてもアクティブな方なのでした

いやぁ、お坊様ってお経を唱えるだけではなかったんですね
(普通はそうでしょうけど)
みんなが参加しやすい場を自ら作っていくという意識は立派でございます


一つの環境に長くいると、自分でつくった枠に気がつきにくくなります
でも、じつは自分の常識は世界の非常識かもしれない(笑)
意識的に生きると、1つのことからより多くの事が見えてきますね



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2013年 04月 25日 |
新学期がはじまりましたが、家庭訪問がつづくため
4月は、ほとんど4時間目で終了
クラス替えで、すぐ近所の子たちと仲良くなり、いつも5~6人で遊んでいます

先週は日曜日も遊びにやってきたので
おやつがてら、みんなでピザを作りました
a0137922_13392887.jpg
意外なことに、女子より丁寧にトッピングする男の子がいて
思いのほか、綺麗な出来栄えに♪

さて、先週からいつもの「おるたこども建設部」もはじまりました
初回は、講師の作品紹介と何を制作するか話し合いです
a0137922_13415524.jpg
話し合いといっても学校のように、みんな一緒!というルールはなく
結局、それぞれが好きな事に打ち込むことに
息子は、他の男の子たちと基地づくりをはじめたようです

この日は、夜に交流会もあり、そのまま1品持ち寄りの大食事会に突入

a0137922_13381054.jpg
大人が10名、子供が20名くらい、いたかなぁ
雨が降っていたので、外で遊べない子どもたちが
かくれんぼをしたり、鬼ごっこをしたり
きゃーきゃー、わーわー、にぎやかに遊んでいるそばで
大人たちも、ついお喋りに花が咲き、なんだか田舎の親戚の集まりのような感じ

こういう環境って子どもに、とっても良いんですよね
異年齢の子どもたちで遊びつつ
何気に大人に守られている安心感がある

パワーリーディングのお奨めビデオでも紹介している松居和氏がお話の中で
「井戸端会議」を奨励されていますが
昔は、道端でお母さんたちが数名あつまって立ち話という風景がよく見られたものです
ところが、最近はそういった関係性が敬遠される風潮があり
あるいは、何かと忙しい人が増えたせいか、井戸端会議が減りつつあるようです

けれど、子どもを育てる環境において
お母さんにとっても、子どもにとっても
この井戸端会議というのが、とても良い社会性を育むんだそうです
そして会話をすることで脳も活性化し
心身ともに良い影響があるとか

とはいえ、あまりにもタイプの違う方との会話は辛いものなので
我慢してまですることでは無いですが
気のあう人たちとお喋りしているまわりで、子どもたちも伸び伸び遊び
「あぁ、今日は楽しかったね」
って、親子でルンルンしながら家に帰る
これって、最高ですよ001.gif



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2013年 04月 19日 |
空、海、プール三位一体!


さて、怒涛の1週間がすぎ、やっとブログ更新ができるほど余裕がでてきました

先週末から、お客さんラッシュでキリキリしたのですが
そのおかげで、面白いことに気がついたのでした

男の子のママにありがちなパターンで、
泣き虫で、臆病で、引っ込み思案な子より、
元気で、スポーツができて、明るい子のほうがいいなぁって思っちゃったりしません?

あんまり気が弱いと、いじめられっ子になっちゃうんじゃないかと心配したり
自信無げな様子に、このまま成長したら社会人としてやっていけないんじゃないかと思ったり。。。

私もかつて、きっちりこの思考パターンにはまっていたので、息子が幼児期の頃は
「男はそんなことで泣かない!」
「言いたいことは、ハッキリ言いなさい!」
と、プチ松岡修三だったのですよ(汗)
今、鍛えてあげないと!って思ってたんですね

でも、子どもの様子を見ていて、こちらが強く言えば言うほど
余計に弱くなっていくのに気がついたんです
そして

(そうか、これってこの子の本質を否定してるってことなんだ)

と、理解してからは、引っ張る&押し付けるをやめて
導く&提案するに変えたんですよね

ま、心に余裕の無いときは、今でもたまに松岡修三になりますが034.gif


うちの坊ちゃんの代表的な個性として感覚過敏なところがあり
普通なら気にならないようなことが、とても強く印象に残るようなのです
特に夜、寝る時にはその過敏な神経を安定させるのに
大量のぬいぐるみに囲まれている状態(笑)
(最近のお気に入りは、シーラカンスのぬいぐるみ)

さて、話はもどりまして

つい先日、ダンナさんのお友達が沖縄に旅行に来られ
1泊、我が家に泊まっていきました
55歳の男性の方で、一人でアフリカに行っちゃったりするサバイバルなタイプ

翌日の朝、玄関に行ってみると目立つところに
「ぬいぐるみを貸してあげてもいいですよ」
と息子の字による張り紙がありました

そういえば、昨日、息子と一緒にお客さんのベットメイキングをしているとき
「あっ!紙1枚ちょうだい」
と、何やら書いていたんですよね

たぶん、初めての家で一人で寝るのは怖いだろうなっていう息子なりの気配りだったのでしょう
夜、遅くにダンナさんとお友達は帰ってきたので
玄関に伝言メッセージを置いておいたということなんですが
頭の薄くなりかかった(失礼)方が、ぬいぐるみと一緒に寝ているところを想像すると
めちゃ、笑えてくる(ダンナさんは感動して涙目でしたが)

でもさ、こんなに人の気持ちを考えられる優しい子なんですよね
もし、あのままガミガミ母ちゃん一直線だったらと思うとゾっ!とします042.gif

いろんな個性があるから、世界は広がっていくんですよね
人生は面白い!



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2013年 02月 21日 |
今週はお客さんラッシュです058.gif

一人目は、かーかーちゃんさん
ブログでおうちの様子を読ませていただいたり
事前にスカイプでやり取りしていたので、初対面とは思えない親近感がありました
(かーかーちゃんさんのブログ⇒「はじまりの日」

息子さんが乗り物好きと聞いていたので
ブリオのレールセットを出してあげると
遊ぶ!遊ぶ!

a0137922_11203262.jpg
おやつやランチをしながら5時間くらいいたかな?
その間、ひたすら遊びこむ彼は凄いと思った
まだ3歳前ですよ

で、学校から帰宅した我が家の息子くん
ブリオを見るなり
「わぁ~、これまだあったんだ♪」
としばし夢中に遊ぶ。。。彼は9歳
2歳児と同じポーズ(笑)

a0137922_1126681.jpg
ブリオって高いじゃないですか
なので買うとき躊躇しましたが、そのぶんしっかり元がとれるくらい遊びました
ブリオに限らず、完全に出来上がったものではなく自分で創意工夫しながら遊べるオモチャは
予想よりはるかに長く遊べますね


子どものオモチャに関しては、年齢とともに同じ種類の数を増やすといった選び方をしていたので
0歳の頃から使っているものが多くあります

特に絵本に関して、引越しの際にどうしようか迷いましたが
結局、全部手元に残しています
小さい子と一緒に、遊びにくるママさんたちがいるので
まだ現役で活躍中♪


最近、息子の友達たちを見ていて思うのは
それぞれ遊び方が全然違うって事

外遊びが好きで常に体を動かしていたい子、じっくり座って集中したい子
個性は色々で面白いですね
けれど、あれ?って思うのは
人に決めてもらわないと何も出来ない子がたまにいるんです
我が家は、いっぱいアイテムがあるのですが
「退屈・・・」って
礼儀正しくて、素直でいい子なんです
けれど、人の指示に従うことが当たり前になっているのかな?
こういう傾向の子が多くなってきていることに、ちょっと複雑な思いがあります


そんなこんなで、私は英語本スタッフをしているわけですが
これが広がれば、子どもたちが本来の輝きを損なうことなく成長できるんじゃないだろうか、
とワクワクしながら進めているプロジェクトがあります

そのHPがほぼ完成したので、昨日OPENにしました
(ほぼ、というのは一部のコンテンツがまだ工事中だからなの)

●パワーリーディング『超』読み聞かせ
 ⇒ http://www.eigobon.com/powerreading

パワーリーディングは単なる読み聞かせではなく
また、一個人の私的な感情や、利益のためではない
非常に壮大なビジョンをかかげています

ぜひ、メッセージからご覧くださいね




↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2013年 01月 09日 |
みなさま、明けましておめでとうございます
本年もよろしくお付き合いください040.gif

年末年始は、私の実家である兵庫県に行っていました
例年なら母親がおせちを作るのですが、父の体調不良でバタバタしていたので
料理人である友人にお願いして、おせちを作ってもらいました
一見スタンダードな食材に見えつつも、手の込んだ下ごしらえのお料理で
とても美味しくいただきました(ありがとうございま~す♪)

「お正月の準備ができへん」と母は言っていたものの
玄関まわりは、いつもどおり新年の装いがあるあたりさすが!
a0137922_8154323.jpg
a0137922_816271.jpg
こういった何気ないことの有り難味に、大人になって気がつくようになってきました
私の親は、口出ししない放任主義でしたが
そのぶん自分たちのスタイルというのをしっかり持っていて
背中でもって人生を語ってくれているように感じます

言葉というのはコミュニケーションのほんの一部であり
伝える、伝わるのは言葉以外のものからなんですよね
その言葉を発したときのエネルギーが影響してしまうので
マミ~がいつも言っている
「親の言葉と気持ちが一致していること」
は非常に大切

かつて私は、ダンス系の漫画が好きで^^
「SWAN(有吉 京子)」を読んでいるとき(大昔の漫画だけど今も続きが出てるよね~)
モダンバレエの話のあたりで、こんなことが書かれていました
「たとえ踊りの振りが決まっていたとしても、そこに自分の気持ちがないと一歩たりとも動けない」、と

バレエに限らず音楽にしても、同じものを演ずるにもかかわらず
観客の受ける印象は、表現者ごとに異なります
私たちは日々の生活の中で、こういったことを無意識におこなっているんですよね
そして自分を取り巻く世界が、自分の発するものの投影となるなら
結局、すべては自分なんだなぁと
新年のはじめに原点に戻りました


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2012年 12月 14日 |
12月10日にオープンした「すこやかおもちゃ広場」に行ってきました
この広場はNPO法人である沖縄グッド・トイ委員会さんの活動により運営されていて
さまざまな木のおもちゃで自由に遊ぶことの出来るスペースです

a0137922_8541048.jpg

私の大好きなネフスピールも何気に置いてありますね
おもちゃのグレードもさることながら、展示のセンスも素晴らしい~☆

a0137922_8543378.jpg

こちらの小さなすべり台は手作りだそうで
横に置いてある車(これも手作り)を走らせて遊ぶことができます
一緒に参加していた友人のお子さんが、かなり気に入って遊んでいました

a0137922_8545215.jpg

ソファ席のほうでは飲食OKなので、ついつい長居しちゃいそう^^

場所は浦添市の伊祖公園のすぐ近く(車は公園の駐車場へ)
利用料はお子さん一人につき150円となっています

詳しくは、HPでどうぞ
http://okgoodtoy.ti-da.net/

昨日の活動報告のどこかに私がいます
さて、どこでしょう?
http://okgoodtoy.ti-da.net/c144618.html



木のおもちゃはプラスチック製と比べてお値段が高くなりがちですが
それで遊んでいるうちに、何か作り手の心が伝わってくるような感じがします
また、木のおもちゃを見ると、やさしい気持ちになって
とても穏やかに、子供と遊びの世界を楽しめてしまうのが不思議です

我が家も、幼少期に一番よく遊んだのは木の積み木とブリオのレールセット
今でも、たまに引っ張り出して遊んでいますが
非常に耐久性が良いので、孫にも使えそうな感じ(笑)

プラスチックのおもちゃは、音が出たり、電池で動いたりと
すぐに遊べて、子ども一人でも楽しめますが
遊びが広がりにくいので、すぐに飽きてしまい、また別のものを購入というパターンになりがちです


以前「遊びは学び」というブログを書いていましたが、まさにそのとおりで
子どもは遊ぶことが毎日の一大イベントですよね
日々の小さな積み重ねが、未来をつくるとしたら
幼少期のおもちゃは、そのときの暇つぶしのようなものではなく
遊ぶことによって、イメージ力が広がる創造性の高いものを与えてあげたいものです


大阪でのアトリエ活動を懐かしく思い出します
(過去記事)
http://joining.exblog.jp/tags/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88/



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2012年 11月 26日 |
うちで一番お気に入りの場所


我が家に大きな天窓(?)があります
ペタンっと座って、ボ~っと雲の流れる様を見ながらリフレッシュ
空は広くて、常に変化し、色んな表情をみせるけど
自分が目にする空は、ほんの一部、この瞬間でしかない
世の中の出来事って、この窓枠で切り取られた景色のようなものなんだなぁ。。。

-------------------------------------------------------------------


先日、息子の友達が5人きていました
雨が降っていたので、室内遊び
何をするのかと思いきや6人で始めたのが

かくれんぼ!


なんちゅうスタンダードな遊び
しかも真剣!
面白ろすぎ
そういえば、テキサスでも良くやってたなぁ、と懐かしく思い出しました

その後、いつもの人生ゲーム大会が始まったのですが
沖縄の友達は、大阪の友達より遊びこみ度がすごい
いつも、かなり白熱したゲームになっている

その熱中ぶりが転じて、
「僕たちさ、こども会社作ったんだ」と息子
友達グループで会社(架空)で働き
その貢献度に応じて、お給料(ダミーの紙幣)がもらえるそうです
つまり人生ゲームをリアル体験で遊んでいるんですね

でも、その会社の社長が女の子ってあたり
しっかりものの沖縄女性社会を反映していて笑える
会社の裏プロジェクトは「小びとの捕獲」だそうで
あれこれ会議を重ねているそうです^^
集団で遊ぶと、どんどん発展していくので面白いですね


最近はこの図鑑に夢中
a0137922_9572519.jpg
『なんでも世界一 (4巻) 動物と植物』
世界で一番大きな動物、一番長距離を旅行する動物など、
動物や植物についての世界一を集めて解説したものなんですが
息子が知っていることと違っている事例が多く
その意外性が彼のツボをついたようです
本は読んで面白いだけではなく
(あれ? なんで?)
と思考も伴わせてくれる部分がTVにはない魅力ですね


と、読み聞かせについての続きを書くつもりが違う話がでてきちゃいました(笑)
またの機会に029.gif


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2012年 11月 14日 |
a0137922_1925331.jpg
12日は息子の誕生日067.gif
9歳になりました
パパの都合でお誕生日会は11日にしましたが
友人たちが10名ほどかけつけてくれて
楽しいパーティとなりました

12日は学校が終わってからクラスの仲良しさんたちが遊びにきてお祝いをしてくれました
息子にとっては、11日の大人のパーティも良かったのですが
お友達とのスナックパーティが何より楽しかったようです

転校して1ケ月ほどは、やはりそれなりに色々ありましたが
いつしか仲良しの子達が集まるようになり
最近のブームは我が家での「人生ゲーム」(ボードゲーム版)
勢いづいて、「人生ゲームクラブ」を結成し
チーム名とか、仲間内の合言葉などを取り決めるという力の入れよう
明日は、オリジナルの人生ゲームを作るためのミーティングをするそうです
この一生懸命さが、かわいいわ~♪


もうひとつブームなのが「こびと」
この妙なキャラがウケているようですが
(⇒こびとづかんHP)

息子の場合、架空の生き物というより「真剣に」存在を信じているようなんです042.gif
先週も、1泊2日のキャンプに行っていたのですが
そのとき、6種類のこびとを見たらしい
で、息子だけではなく他の子たちも複数見ていたらしく
こびとを信じていなかった子まで、存在を認めたとかなんとか

そんなファンタジーの世界に生きているのかと思いきや
夜空を見上げながら

「地球は自分で回りながら、太陽の周りを回っているんだよね
じゃあ、夏と冬でこんなに気温が変わるのはどうしてなの?
太陽と地球の距離は変わらないんでしょう?」

などと真面目な話もできるようになってきた
 (ちなみに、答えは地軸が傾いているから)

子どものようでいて、少~し大人への気遣いもできるようになってきた
そんな9歳

先輩ママによると10歳で、またズン!と成長するらしい
楽しみなだぁ・・・


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2012年 11月 08日 |
ふと、気がつくと記事更新を忘れていました(笑)
ブログ以外で、発信することも多々あり、こんなにご無沙汰だったとは・・・

さて、秋ですね
夏の間は、さすがに長時間の外遊びをしずらかったのですが
最近、息子は公園活動に精を出しています

小学校の近くに、大きなすべり台のある公園があって
それにハマっているんですが
あまりに急勾配なスベリ台のため、そのまま滑ると服がボロボロになる034.gif

シャツとズボンに大きな穴が開いて、
3日連続、衣類を捨てたときには、さすがに、叱りましたが
毎回、髪の毛から靴まで、砂まみれになるほど
遊びこめるというのも、なかなか無いことかもしれませんね

私が小学生だったとき、近所の土手で草すべりをして
ズボンを緑に染めてしまったことがあるんですが
普段は厳しい母が、全然怒った様子もなく
なんのおとがめもなかった事を、なつかしく思い出します

息子によると、クラスでDS(携帯型ゲーム機)を持っていないのは僕だけ!らしく
うちに、友達がくるとき、やっぱりDS持参なんですね
最初のうちは、交代しながらそれで遊んでいるんですが
しばらくたつと、ボールを持って外に遊びに行き
喉が渇くと、家にもどり、そしてまた外へと
バタバタ活動的な遊びに変わっていきます
(おかげで、フローリングに泥の足跡がベタベタと。。。)

彼らを見ていると、一見とってもDSに夢中に見えますが
本当は、他の誰かとワイワイ遊んでいるほうが
満足感が高いというか充実感があるように感じます

子どもの頃に、「遊びこむ」という体験が
やがて大人になったとき目標に向かってチャレンジする際の
糧になるのではないかと思います

そして、もう1つ大きく子どもに影響を与える親の行為に
「読み聞かせ」があると思うんですね

世間ではさまざまな「読み聞かせ」についての情報がありますが
お勉強チックな効果を期待してお母さんが頑張っちゃってたりと
何か違うかも、と思うことがあります

各家庭それぞれのスタイルが自然に出来てくるものだと思うのですが
この「読み聞かせ」について、マミ~が語ったYouTubeを制作してくれました

1本で終わりではなく、Vol.2へと続いていくのですが
Vol.1をはじめて聞いたとき、とても清々しい光にあふれた言葉に、感動~☆



視聴するだけでなく、コメントも入れたいわ!という方は
mixi内の専用ページへどうぞ
 ↓ ↓ ↓
http://page.mixi.jp/run_page_apps.pl?page_id=285973&module_id=1615966&from=menu



↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
2012年 10月 31日 |
昨晩、友人のお店のハロウィンパーティへ親子で参加♪
a0137922_1155899.jpg
息子はパイレーツスタイルで
a0137922_1182543.jpg
パーティには色んなコスチュームの人がいて大盛り上がり069.gif

しかし、不思議ですね
いつもと違う格好をすると、何故か振る舞いまで違うキャラクターになる
で、この普段と違う自分ってのが楽しくて
日本でハロウィンが定着したのは、変身願望が強いせいかなと思ってしまった

じゃあ、普段の自分って何なわけと思いませんか?
変身したいなら、コスチュームが無くても自分の気持ちひとつで変われるじゃない?

しばらく前に息子がこんな質問をしてきました
「自分探しの旅って意味があるの?」と

なにかの本でそういった話を読み興味をもったようです

「自分はどこにいる?」と私
「自分はここにいるよ」

「じゃあ、旅に出て探す必要はあるの?
探している間の自分って、どうなっちゃうの?」

あなたは、どう思います?


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ

子育て
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集