子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
|
2011年 06月 23日 |
(関連記事)
2011 ヤングアメリカンズ 大阪 アウトリーチ1日目
2011 ヤングアメリカンズ 大阪 アウトリーチ2日目

さて、3日目です

車中での宿題も慣れてきたのか、短時間で終了
家の机でやると、かならず1時間以上はかかるのに
『今、やらないと!』
という集中力の違いでしょうね

ワークショップの最終日ということもあり
息子に今を大いに楽しんでほしくて今日はビデオ撮りをせず
子供たちと同じ目線で練習を見学してみました

この日もまた新しいナンバーを2,3練習
最終日なので、リハに近いおさらいだけかと思っていたので驚きです
(間に合うの~!?って感じ)


けれど普段はホール後方でしか見学ができないのですが
ラッキーなことにステージ近くの席でYAによる”ライオンキング”を観せていただきました
いや、もう圧巻です!
前方に座るとステージ全体が把握しにくくなりますが
近くなればなるほど、空気感がビリビリ伝わってきてまるっきり感動の大きさが変わりますので
チャンスがあれば是非、前方での観覧をお勧めします
(本番のショーでは、このときより2メートルほど後方の席だったのですがかなり印象が違いました)

その後、子供たちに振り移しがはじまり、練習は進んでいくのですが
ふと見ると、息子が紙切れを持っている
踊っているときも、ずっと持っている
なんだろう、ゴミ箱が無くて捨てられないのか?

と思いきや

それは、ソロの歌詞だったんです(どひゃ~)

その後、ステージに上がりめっちゃ、緊張した顔で歌ってました
そうなんです
よりにもよって(失礼)、ディズニーメドレーの歌の役がついてしまったのです

これって、知らない曲だわね
歌詞カードがあるけど、英語で書かれてますわね
(おそらく、読めてないと思います(爆))

聞き覚えで、なんとか歌っているけれど
かなり、厳しい(汗)
明日が本番ですよ(きゃ~!)

けれど、YAってさすがだわって思ったのが
ヘロヘロ~と息子が歌ったあと、満面の笑みで「ナイス!」って感じでハイタッチをしてくれたんです

今回、アウトリーチに参加して私が一番感動したのは
そういった子供たちに対するYAの接し方でした
前記事で説明した『アウトリーチの教育目的』を本当にしっかりと体現されているんです

演目の中に、歌だったりダンスだったり、ある1部分を1人の子供に任せるソロのパートがあります
けれど最初から自信満々に上手にやれる子はごく僅かです
普段なら出来てもステージに上がると、上手く声の出なくなることだってあります
YAは練習のときから常に
「きみなら出来るよ!」、「頑張ったね!」、「やった!ナイス」
と積極的に子供たちに、言葉とボディランゲージでもって伝えてくれます

できない部分を指摘するのではなくて、出来たことを思いっきり評価する
これはちょっとでも教育に携わっている人なら誰しも知っていることだと思いますが
あんなふうに全身でコミュニケーションが出来ているかと言えば難しいと思います

自信を持った子供たちは、その後のびのびとその個性を発揮でき
本番のショーでは、まるで別人になったがごとく堂々と演じていました

通常なら、本番は緊張してリハより出来が弱くなることが多いと思いますが
みんな、本当に素晴らしくてその成長ぶりに感動の私でした
(あっ、息子もいい感じでした。これには他にも要因がありますが後日談ということで・・・)

ワークショップもすべて終了となり
明日は、1時間のリハーサル後すぐに、ショーがはじまります
本当に時間がタイト
まだ1回も通し稽古はできていません

明日は、6時間目まであるので
「学校をお休みにする?」と聞くと

「休まない。最初に、ちゃんとやるって決めたもん」
「じゃあ、6時間目を早退する?学級会だけだし」(私もひつこいですね)
「やだ、学級会面白いから出たい!」

どうやら、息子の体力、気力を私は過少評価していたようです
よ~し、あと1日、頑張れ!

>> YA最終日:伝わるのは言葉じゃなく、心の在り方

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 06月 22日 |
(関連記事)
2011 ヤングアメリカンズ 大阪 アウトリーチ1日目

2日目、朝は元気だったものの
学校から帰ってくると、グッタリ気味の息子
そのせいか、大きな口内炎が下の中央にできていて更に食欲ダウン
沁みるのでフルーツもバツ
『休み時間にちょっと寝てたんだ』
とまるで受験生のような状態です

今日も会場に向かう車の中で宿題をしていましたが
『お母さんには、どれだけしんどいかわかんないんだよ』
と、八つ当たり気味(爆)

他に参加された方も書いてらっしゃいましたが
2日目にテンション下がり気味の子が多かったようです

今日は、昨日のおさらいと更に新しいナンバーを2曲練習していました
この日のワークショップの内容は、表現や内観にポイントがおかれているようで
(これは私の受けた印象です↑)、息子のやっている様子を見ながら
『こういう一面があるんだぁ』と、しみじみ感じ入るものがありました

練習もショーも観にこれない主人のために、少しだけビデオ撮りをしていたのですが
それをみた主人も、
『いいね、これ。話だけ聞いて、もっとダンススクールみたいなのかと思ってた。
子供のときにこういう経験をしたら感性が変わるだろうね。』と、大絶賛
かつてベーシストだった彼としては
生ドラムに生ボーカルで踊るという練習風景にも痺れまくっていました

そして
アウトリーチの教育目的:ヤングアメリカンズHP(じぶん未来クラブ)より

ヤングアメリカンズ・アウトリーチプログラムは音楽・ダンスの技術向上や、
英語を学ぶためのプログラムではありません。
ワークショップを通じて、以下の4つのことを体験のなかから学んでいくプログラムです。

①Self Worth:
 参加者1人1人が他人と違った個性をもっていることを認識し、自信を獲得する

②Respect For Others:
 自分と違った感じ方をする他人の大切さを学ぶ

③Performing Art:
 感じたことをそのまま表現することの大切さを学ぶ

④Team Work:
 みんなで1つのことを真剣にやり遂げることの素晴らしさを学ぶ


これが本当に活かされている内容だと実感です
特に①~③は、「みんな一緒」、「無難にこなす」という傾向が強い日本では
意識して環境を用意しなければ得難い経験ですね


2日目の終了後は、昨日より元気が残っていて
『今日は、楽勝 001.gif
とお風呂に入る余裕もありでした

さっ、ワークショップはあと1日です!


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 06月 21日 |
いよいよ始まりました!
ヤングアメリカンズ大阪!

英語育児をされている方の間ではすっかり有名なプログラムですが
大阪では初公演ということで、背景はこちらでご確認ください
⇒ ヤングアメリカンズHP(じぶん未来クラブ)

息子の参加する「アウトリーチ」とはヤングアメリカンズが行う教育活動の1つで
そのときに募集した子供たちと一緒に
3日間(地域によっては2日間)で歌やダンスのショーを作り上げるというもの

今回の大阪公演では、平日ばかり4日間という例外的な日程になっていて
学校が終わってから連日、3時間半のワークショップ(練習)という
かなりハードなスケジュールでした


『歌って踊ってハイスクールミュージカルみたいなことができるけどどう?』
と息子に聞くと

『やりた~い!』と即答
けれど会場が遠いため

『学校が終わったらすぐに会場まで行き、移動中に車の中で宿題を終わらせ
 ワークショップが終わったら、速攻で帰って寝るだけって生活になるけどどうする?』と聞くと

『それでも、やりたい!』と言うので申し込みました

ところが初日の前日から風邪気味で、食欲も落ちている息子
はたして体力が持つのか?
しかも、17時から20時半を4日間


幸いにも、偶然、親しくしているチル大ママの息子さんも参加されていて
ナーバス気味だった息子もテンションUP!

されよあれよという間に始まったアウトリーチは
初日からこんなに飛ばすんですか!?っていうくらい
凄い勢いで次から次へと、練習が進んでいきます

約3時間で3曲の歌とダンスを仕上げていっていました
すごい!
子供たちも楽しみながらも集中!

後半1時間はさすがに『バテてるな~』ってのが見え
車に乗るとすぐに寝てしまったものの
興奮さめやらずのせいか、夜中何度も目が覚めてしまって苦しんでいましたが
翌朝は、朝ぶろに入って、スッキリ登校していきました
でも、授業中に寝てるかも



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 20日 |
先日なぜか息子の友達と将来の夢の話になり、彼は

「大工になりたい」

と非常に地に足のついた夢を語ってくれました

「サンタクロースになりたい」という息子の夢とは違い(笑)
また、医者やら弁護士やらと背伸びをしたような夢でもなく
彼の本気度を感じ、嬉しくなるのと同時に
いつの間にか、この子達は小さな子供ではなく少年になっていて、
やがて青年になるんだなぁと実感させられました

私の父が大工であったこと
実家にはたくさんの建築雑誌があってそれがとても面白かったこと
そして建築家の安藤忠雄さんの本を見せながら
世界中からオファーがくる建築家がいることやらを話していると
彼の瞳がキラキラ輝き出しました

あぁ、息子ともこんな話が出来たなら・・・
なんで、サンタクロースなのよ

誰に聞いたのか忘れましたが男の子は、
幼稚園まではお母さん
小学生はお父さん
そして中学生からは父親以外の信頼できる男性の話し相手がいると良いそうです

子供の夢は勝手に成長していくものではなく
まわりの人たちに見守られながら強く大きくなっていくのかもしれませんね

-------------------------------------------------------------------------

この間のアトリエは「春巻き」作り!!
それも、皮から手作りしたんですって
いつもながら先生お見事です038.gif
美味しかったわ~(←食べただけの人)

a0137922_14124548.jpg
ついでにその前のお料理写真も出てきたので掲載
これは「お煎餅」です

a0137922_1413831.jpg
粉を練って形を作るというところからの手作り
味を決める素材がいろいろ用意されていて
それを子供が生地に練りこんだり、トッピングしたりとアレンジして作っています
トッピングには、ゴマ、しょうゆ、ザラメ、カレー粉、桜えびの粉末、青のり、塩・・・

普段、出来上がった状態でしか目にしないものを一から手作りすると
作ってくれている人の工夫や努力がわかり食に対する意識が変わるようです

椎茸が大キライな息子も
この日は、ペロリと春巻きを完食

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
2011年 05月 10日 |
来週は家庭訪問があるということで
いつもより丁寧に掃除をはじめたらなんだか面白くなってしまって
今まで放置していた領域にまで手を出し大掃除になってしまいました

どんどん部屋がきれいになっていくと
散らかし魔のダンナさんと息子も、なぜか片づけるようになり
時間があれば、片づけをやっているというすごい状況の我が家です

部屋はそれなりの広さがあるとは思うのですが
収納庫がほとんどなく、物もどっちゃりあって
今まで、収納しきれなくてその辺に山積みにしていたものが多々あるのです
山積みにしてしまうと、そこが掃除できず、動きも妨げられ
なんとなく狭苦しく、雑然となってたんですね

で、これは広いところに引っ越さない限り解決できないだろうと思っていたのですが
久しぶりにチェックしてみると不用なものがたくさん!

それをゴミとリサイクルショップ用にわけ処分してみたら
ものすご~くスッキリしたのです
こんなに不用なものがあったとは驚きです

私流に解釈すると、不用なものが出るというのは
新陳代謝が生活の中で起こっているということかなと

以前は必要と思っていた物がもう不要になるということは
子供が成長して服のサイズが合わなくなるのと同じように
自分が今取り組んでいることや価値観がどんどん入れ替わっているのかなと感じました

けれど、いつも身近にあるものほどそれが当たり前になってしまっていて
もう必要ないということに気が付かないんですね
ある日あるとき、何かがきっかけとなり目線が変わって、捉え方も変わるという感じでしょうか
とにかく今まで目隠しでもしてたのか?と思うほど
見えていなかった事が見える瞬間があるのです

ちょっと意味あいは違いますが
今、話題の節電対策も然り
生活を違う目線で見直してみると、こんなに無駄が多かったのかと
初めて気づくこと多々あります

更にこれは子育てにもありがちなことだなと思いました
自分自身の今の状況にもなかなか気づけないのに

子供の「今」を本当に見ているかな
古い価値観のままじゃないかな
新しいものを取り入れることばかりになっていないかな

気づきと変化が成長を促すのだと掃除をしながら、思ったのでした

--------------------------------------------------------------------

a0137922_1105248.jpg
相変わらずザリガニ釣りにハマっています
もうちょっと!というところで逃げられてしまうので
逆にそれが面白い!

どこにザリガニが潜んでいそうか、覗き込んだりしていると
川の状態や他の生き物も観察できて、
あっという間に時間が過ぎていきます
こんなに何でもないようなことが、何でこんなに面白いんでしょうね


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集