子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
教育は誰のため?
2011年 03月 11日 |
子どもの教育についてこんな事を考えてしまいました

もし小学校、中学校が義務教育では無かったとしたら
息子ははたして、通いたいと思うだろうか・・・

試しに、息子に聞いてみたら

「う~ん、授業は長くて退屈なんだけど、学校は好きだよ」

ま、1年生だとこんなもんでしょう027.gif


私の場合、学びたいという気持ちは
自立したい!
という動機から湧きあがっていました
小学生の頃は、早く中学生になりたかったし
中学生の頃からは、なりたい職業が決まっていたのでそこに向かって一直線
就職と同時に一人暮らしを始め、結婚するまでの10年間
一人で全て切り盛りしてきました


大人になってからも勉強しなければいけないことが山ほどありましたが
自分がやりたいことに繋がっている事は
非常にやりがいがあり、楽しくもありました

子ども達を見ていると、学ぶことに積極的な子とそうでない子がいますが
その子の能力うんぬんではなく、意識の違いだけなんだなと感じます


先日、TVをつけたら海外の親子のドキュメンタリーが放送されていたので
しばし息子と一緒に見ていました
彼らが住む地域は非常に貧しく、お父さんは体を壊しボロボロになりながらも
家族のために厳しい肉体労働をしていました
そして必死で働いたお金のほとんどは
子どもを学校に行かせるために費やされていました

子どもにはこんな貧しい人生を送らせたくない
貧しさから抜け出すには、教育しかないんだ!

子どもたちは、その思いをしっかりと心に受け止め
涙をこぼしながらインタビューに答えていました

「学校にいかせてもらっていることに感謝しています。
 早く卒業して仕事についてお父さんを楽にさせてあげたい」

以前、文章や写真で貧困について話をしてもピンときてなかった風な息子も
じっと黙りこくって画面を見つめ続けていました
彼の心の中を嵐が吹き荒れているのを感じました


人と自分を比べるのは、私は好ましくない、と思っていますが
今、自分が在るところを認識することは非常に重要ですし
子どもの場合、それには親の働きかけが必要

何かを始めるとき、そして今すでに属している社会について

何故? という問いかけと
だからこうしよう! という意思を

持ってほしいな。。。



にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
<< 通信各社の災害用伝言板、地震情... PageTop 21世紀に生きる君たちへ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集