子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
今をどう生きるか
2011年 03月 13日 |
東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた方々に
心よりお見舞い申し上げます
被災地で頑張っていらっしゃる皆様のご無事をお祈りいたします

==================================

TVでニュースを見ているとしばらくしてから息子が
「ねえ、お墓参りに行こうよ」
と言いだしました

今回の地震の様子から大自然の力を肌で感じ
何かに祈りたくなったのかなと思います
我が家はごく普通の仏教の家ですしお仏壇も実家にしかありませんので
「祈る」ということが日常には無いのですが
ご先祖様のお墓に手を合わせ、被災地の方々のご無事をお祈りすることで
自分の中でこれからすべきことが
スッと整理されたように感じました


地震のおこった翌日には
TVから流れるあまりにも現実ばなれをした状況に驚き
情報に振り回されそうになりましたが
こんなときだからこそ、感情に流されるのではなく
しっかりと状況を把握し
自分に出来ることは何なのか見極めていくことが必要です

報道を見ているとネガティブな思考に引っ張られがちになってしまいます
特に地震によって多くの方々が亡くなられ
悲しみと自然の脅威を感じている方もいらっしゃるかと思います

けれども大人以上に、子どもたちも言葉には出さなくとも
心の中に不安をいだいているかもしれません
今、私たち大人がとる行動が子どもへも大きな影響を与えています

亡くなられた多くの方のために
これからも生きる多くの方のために
今を味わい、噛みしめ、今日という一日をしっかりと進んでいきたい

そして今日という一日は
まさに、この一瞬
今、何を思い、どう生きるか
すべては自分の気持ちひとつなのです


▼東北地方太平洋沖地震募金情報
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
<< 非日常の中の現実 PageTop 通信各社の災害用伝言板、地震情... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集