子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
状況報告(大阪より)
2011年 03月 16日 |
しばらくネットの回線軽減を考え記事更新を控えようと思っていましたが
昨日、被災地の方々の声の中から

「携帯がつながらない。情報が入ってこない。
人と切り離されることがこんなに恐ろしいとは思わなかった」

ということをお聞きし、被災地以外の方々も
漠然とした不安を抱き緊張感が高まっているときでもありますので
各地域がどんな状況でどんな目線でいるのかを知ることが
安心や自分自身で考えるきっかけになるかもしれないと思い
日々の出来事もまじえながらお伝えして行こうと思います


大阪ではすぐに街角で募金活動がスタートし
各店舗や公共施設に募金箱がおかれました
小学校からも募金のお願いがありました
関西のローカル番組でも体験にもとづく独自の報道が開始され
何が自分たちに出来るのか
今、必要なことはなんなのかと真剣に討議されています

関東方面で、買いだめが発生しているということを知り
近所のお店の状況をチェックしてみたところ
単1の乾電池がすべて売り切れになっていました

一瞬、こんなときに安全な地域で買いだめなんて!と憤りを感じましたが
次にいったスーパーの乾電池売り場に
「被災地にお届けするため販売を中止とさせていただいています」
というお知らせがありましたので
被災地への供給用に使われているということがわかりホっとしました

また、そういった目にみえないところで
関西からも救援活動が地震直後からおこなわれていることを
昨日のニュースから徐々に伝わってくるようになり
単に手をこまねいているだけではないんだということがわかりました

阪神大震災の体験にもとづき
選りすぐりの方々が既に現地で指揮、調整に参加されています

これから増えるであろう物資やボランティアの受け入れが出来るように
懸命に活動をしてくださっています

被災地では、まだまだ物資が行きわたらず
また生活環境を整えるメドもたっていないという
非常に心の痛む状況ではありますが
昨日くらいから、徐々に物資供給用の拠点が定まり
船・空輸・陸路など一斉に動き出しはじめました

伊丹空港からも、通常の離発着時間を延長し便も増やし
東北方面への空路を増加させています

とはいえまだまだ状況は厳しく
そして復興ということまで想定するとゴールははるか彼方にあります

前回の記事でも書きましたが
被災地でない私たちが今一番しなければいけないことは
日々の営みを続けることです
日常の行いが破綻してしまえば国家も破綻します
まずは目の前の営みを、心をこめて行っていきたい、と思います

===================================

(地震後に我が家でしたこと)

■ 非常持ち出し袋を点検しました
  これは阪神淡路大震災のあと購入したものですが
  保存水と非常食の賞味期限が6月に切れるので要チェック
  また必要と思われるものが入って無かったので、これも要チェック

■ 家族で避難場所の確認をしました
  最寄りの避難場所は小学校でした

■ 家の家具などを点検

■ 家の中で地震がおこったときの待機場所を子どもと確認しました
  物の倒壊、避難経路の確保を考えながら選択しました


非常持出品についてネットでしらべてみると、ものすごい量の品が提示されています
あれを全部持ち運ぶのは非常時には無理027.gif
自分で考えて選択しないといけませんね
こちらのサイトのチェックリストがわかりやすかったです

(家庭でできる地震対策)
「防災・減災お役立ちガイド」→「チェックリストで防災対策をチェック」
http://www.pref.aichi.jp/bousai/katei/



▼東北地方太平洋沖地震募金情報
http://sites.google.com/site/quake20110311jp/bokin

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
<< 全国の自治体が住宅提供 PageTop 非日常の中の現実 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集