子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
伝わるのは言葉じゃなく、心の在り方
2011年 06月 24日 |
a0137922_14401650.jpg


(関連記事)
2011 ヤングアメリカンズ 大阪 アウトリーチ1日目
2011 ヤングアメリカンズ 大阪 アウトリーチ2日目
2011 ヤングアメリカンズ 大阪 アウトリーチ3日目


6月24日、最終日

この日は会場に行く前から
「なんでよりにもよって・・・!?」というトラブル続出
息子との待ち合わせが上手くいかず大幅に出発が遅れ
車のクーラーが壊れ、おまけに高速が4キロの渋滞(遅刻決定だぁ・・・)
オーディオも動かないのでメロディーの練習が出来ず
暑くて汗ダラダラで、ぷちんっ!とキレそうになりながらも

「これ以上、悪いことなんておこりようがないよね。
あぁ、良かった! 今日はラッキー!」

とヤケクソ気分で言ってみると
「そうだよね、今からいいことがあるんだよね」と同調する息子
意外にポジティブな親子なのでした003.gif

リハーサルの後すぐにショーがはじまります
1幕はヤングアメリカンズだけ
2幕から子供たちも参加します

これから各地でツアーが行われますのでネタバレにならないように内容は省略しますが
1幕のショーをみてヤングアメリカンズのホスピタリティ精神を痛感させていただきました

それは自分たちのダンスや歌の上手さを誇張するようなものではなく
観に来ている人たちすべてに
「あぁ、今日は来てよかった」
って楽しんでもらえるように気を配った選曲や演出になっていたからです
こういったショーを初めて見に来る人や年配の人にも
リラックスして楽しめる、そんな空間が広がっていきました

そして、2幕で子供たちも登場
アウトリーチがはじまってから4日目
短期間でここまで、変われるんですね!
練習したのは歌やダンスだけれど、それ以上のものをYAから伝えていただいたように感じます

そして多くのボランティアの方々に支えられとても素晴らしく貴重な体験をすることが出来ました
連日、会場でサポートしてくださった皆様、本当にありがとうございました

-------------------------------------------------------------------------------------

さて、この日のお昼に話は戻ります

マミ~とスカイプをしていたときに
「夜にショーがあって息子が歌うんです。ドキドキです。」とポロっと喋ってみたら
「なんで、ドキドキするの(笑)」という話になり
「あのね、まなりんが緊張するからSHOくんも緊張するのよ。」とのこと

あぁ、そうだった

伝わっちゃうんだ、うっかりしてた・・・


マミ~はテキサスで馬を使ったセミナーを開催しています
これは乗馬を習うものではなく
“馬を通じて自分の心の在り方やエネルギーの使い方を学ぶ”というコンセプトのもの
私も2回参加し、自分から発するエネルギーがまわりに与える影響を実感させられました

なのに、それが活かせてないじゃん(爆)

けれど、そういったエネルギーの流れを学んだおかげもあり
今回、アウトリーチでYAのキャストの方々と子供たちの間に流れる氣を感じることができました

子供たちは長時間にもかかわらず素晴らしい集中力をみせてくれました
次から次へと行われる振り移しに、まるで魔法で引き寄せられるがごとく
ガッツでついていっていました

通常、小学校では運動会の演技の練習に2ケ月くらい前から取り掛かりますよね
1曲を1時間で仕上げ、トータル8曲分を仕上げるというのは驚異的なスピードです
しかも、子供だからといってダンスの振りを簡略化するようなこともありません
ちょっとした動きにも、ターンやひねりや独特の表現を含んだ本物のダンスを
練習のときからお手本として示してくれます

同じ動きが出来なくてもOK、ヘタでもOK
どう表現するかは、各自の自由
少しでもチャレンジ精神を見せると、大いに褒められる
ただし他の人の邪魔になるような事をしていると、スっと近づいて今やるべきことを言葉ではなく動きで示す

学校の先生のように言葉やテクニックで子供をコントロールするのではなく
自らの動きで方向性を示し、子供たちは自然に自分自身で考えて動き出す

それが出来るのは、キャスト1人1人がしっかりとしたビジョンを持っていて
相手に合わせるのではなくビジョンのもとに行動しているから
どんな状況であろうとも揺らぐことなく、素晴らしいリーダーシップを発揮できるのではないかと感じました

子供は非常に敏感にそういったエネルギーをキャッチしていきます
マミ~も常に
「大人が変わるとね、子供はすぐに変わるのよ」
と教えてくれていますが、このことを腹の底から理解するのは
体験を伴わなければなかなか難しいことと思います

テキサスまで行かずとも、こういった学びをお伝えできるようなものを
英語本から発信していけたらとマミ~が計画中ですので
形になり次第、みなさまに報告させていただきますね

-------------------------------------------------------------------------------------

YA後日談・・・

息子のクラスは週に1回だけ日記の宿題がでます
普段は2ページくらいの文章量なのですが
こんな感じ↓
a0137922_22221055.jpg
YA後に書く日記では「Let It Be~♪」と歌いながら延々と、延々と書き続け
12ページもの大作になりました005.gif
それはヤングアメリカンズに参加した4日間について時系列にまとめられていて
最後は、「この四日間、楽しかったです。」
と締めくくられていました

ショーのあと、あえて何も聞かなかったのですが
彼の中に、こんなにも鮮明に印象深く残っていることを知り
本当に貴重な体験をさせていただいたんだなと感謝の気持ちでいっぱいになりました040.gif


にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
<< 子育ての魔法の杖 奇跡はもう起... PageTop 2011 ヤングアメリカンズ ... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集