子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
いのちの名前
2011年 10月 20日 |
※ 頭出しをしたいのでYouTubeサイトへリンクを貼りました↓
YouTube


みなさまご存知の宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」の楽曲です
この武道館のライブが素晴らしくて思わずUPしました
BSで放送したものなどいくつかありますが、やはりスタジオ収録よりも
ライブ映像のほうがオーラがありますね


名前というのは普段、個人を見極める分類項目の一つなのですが
名前と自分という存在が1対1で存在する上で
私たちの存在の証といえるかもしれません

アニメのストーリーでは、主役は自分の名前を奪われ奴隷として働かされます
そして最後に、自分というものを発見したとき
その従属から開放されるのです

自分の名前を忘れてしまう人はもちろんいないでしょうが
けれど、本当の自分を知っている人は少ないのではないのでしょうか

大人になるにつれいろんな肩書きがついたり
なりたい自分を目標に働き続けていくうちに
本来の自分を保ち続けている人は、そう多くないように感じます

「千と千尋~」の映画監督である宮崎氏は
世界で生きていくためには自分がいまと違う何者かにならなければならないのではなく、
いま自分の中に、すごいものが眠っているのだということを子どもたちに訴えたい

と語っています


今と違う何者かに向かわせているのは誰なのか?
大人の責任は重大です

「いのちの名前」をしかと認識したい

そう強く感じました


(関連記事) 今までは足し算の生活だったのね


にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
<< 秋はちょっぴりアーティスト気分... PageTop メディアリテラシーの重要性 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集