子どもの瞳が輝くとき
joining.exblog.jp


Top ;Log-in
想像力が造るもの
2014年 04月 07日 |
土曜日に新都心にあるお気に入りのソバ屋に行ったついでに
新都心公園で遊んできました
大きな木がぐるっと公園を囲んで立ち並び、木登りには最適です


ここには何度も来ていますが、この日は
公園についた瞬間、目に飛び込んできた情景に思わずたたずむ私たち

というのも、

寒くもなく暑くも無く、とても心地の良い日差しの中
大勢の親子がピクニックシートを広げてランチをしていたり
子どもたちがボール遊びや、缶ケリをしていたり
極め付けが、公園の片隅で
5人の楽器演奏者がのどかな音楽を演奏しているなか
ふらり、ふわりと飛ぶシャボン玉、そして子どもの笑い声


まるで絵に描いたような「幸せな風景」に
「ここは、天国?」
「なんだか、完璧すぎて、逆に怖いよ。
ドラマとかで出てきそうな、風景だよね。」

公園は、遊んだり、くつろいだりする場所ですが
この日ほど、そこにいる全ての人たちのエネルギーが
幸せに光り輝いているのを感じたのは初めてのことで
まるで、普段見ている世界から、ほんの少し波長の違うところに踏み込んでしまったかのようでした


さて、今日から新学年の始まりということで
わが子は、クラス替えにドキドキしながら登校していきました

英語本でも、今日から新学期
パワーリーディング講座の4期の受講がスタートしました

この講座は毎回、募集と同時に定員に達してしまうため
みなさまの希望どおりに参加していただくことは難しいのですが
次回は9月スタート、7月下旬に募集のご案内ができるかと思いますので
興味のあるかたは、メルマガ登録(無料)にて情報を受け取ってくださいね
⇒ http://www.eigobon.com/powerreading/

パワーリーディング講座は、「読み聞かせのプロになろう」という講座ではありません
また、何かすぐに役に立つテクニックが教えてもらえる、といったものでもありません

じゃあ、いったい何が学べるのか?と言いますと
講座の課題に取組んでいく中で、自分を真正面から見つめ
自ら気づきを得ていただく、といった内容になっています

我々自身も非常にやりがいを感じている講座で、
今後も、どんなドラマが待っているのか楽しみでもあります

今、そちらに意識が向かっているせいか
朝、PCを開くと、こんな言葉に目がとまりました

人間は自分がイメージできる以上のことは決してできない生き物なのだ

一見あたりまえのことですが、少しそこから派生させて考えていくと
気になることが出てきました

物を作り出す力を 「創造力」 と言いますが
「創造力」を引き出すには 「想像力」が不可欠です

今、教育において問題となっている項目のひとつとして
子どもたちの「想像力の低下」があるんですね
「想像力」の影響は計り知れなく、これが低下するということは
「目に見えないものをイメージしづらい」わけですから
学力だけでなく、人間関係や社会意識の欠落などにも関係していきます

そういった目に見えない力と創造による形作る、物を生み出す力も低下していくとしたら

どうなる?

う~ん、ぞわぞわしてきますね042.gif

少し調べれば、想像力を引き伸ばす方法論はどっちゃり出てきますが
親が子どもに家庭でできる簡単な方法を上げるとすると

・外遊びをさせましょう!
・読み聞かせをしましょう!

これは必須でしょう
これまた、当たり前のことですよね

けれど、各家庭の状況を踏み込んで聞いていくと
こんなシンプルな働きかけにもかかわらず、取組み方に大きな違いがあったりするのです
今、リニューアル編集中の英語本会員さん用サイトでは
そのあたりの情報も盛り込んだ新記事を制作していますので
楽しみにお待ちくださいね
(今も、頭にハチマキを巻いて制作していま~す045.gif


↓ ポチっと035.gif
にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ


<< かなり良い出来だと思います 利... PageTop 旅はいいなぁ 石垣島編 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
草原 Skin by Sun&Moon
Photo by オガワナオキのフリー写真素材集